マツダ CX-9、いよいよ日本導入!? 今まで導入されなかった理由は?

新型CX-9、LAショー2015にて世界初公開!

CX-9 新型

新型CX-9は、2015年11月ロサンゼルスオートショーにて世界初公開された3列ミッドサイズクロスオーバーSUV。2016年春より、北米から順次販売を開始しています。

新開発の2.5L直噴ガソリンターボエンジンSKYACTIV-G 2.5Tが搭載され、最大出力は250ps/5,000rpm、最大トルクは42.8kgm/2,000rpmで、トランスミッションは6速ATです。

ボディは、前モデルよりなんと130kgも軽量化し、これにより燃費性能が2割向上、走行性能もUPしました。

LAショー2015で世界公開!新開発SKYACTIV搭載の新型CX-9とは?

大型改良された、新型CX-9とはどんな車?

CX-9

前CX-9の、ボディサイズは、全長5,071mm×全幅1,936mm×全高1,734mm。日本では持て余しそうですね。3列シートの7人乗りというパッケージは、ミニバンブーム時にヒットしたMPVの実質的な後継車といわれています。

また、アメリカ市場でもミニバン市場が縮小傾向にあり、かわって3列シートの7人乗りSUVが台頭。そういった市場に合致させたモデルでもあります。

プラットフォームは、アテンザやCX-7などのと共通で、本格的なSUVではなく、あくまでFFベースの街乗りSUVです。そこからもたらされるハンドリングや乗り心地が、人気を集めています。また、FFベースであるため、室内も従来のSUVに比べれば広々としていました。

新型CX-9 画像ギャラリー

CX-9が日本に導入されなかった理由とは?

CX-9 新型

日本にCX-9が導入されなかった理由は、まず大きなボディサイズです。

全長はともかくとして、2m近いの全幅は、日本ではかなり気になります。また、日本ではスライドドアを採用するミニバンの人気が根強く、ヒンジドアのCX-9はその点でもマイナスでした。

CX-9と似た車格のホンダ MDXが、台数限定で販売されたことがありましたが、そのサイズと高価格がネックとなり、追加販売やレギュラーラインナップになることはありませんでした。

もうひとつ先代CX-9が導入を見送られた理由は、ワンサイズ下となるCX-7が販売不調だったためでしょう。これは、マツダのブランドイメージが当時は芳しくなかったのと、ワンサイズ下といっても1.9m近い全幅だったこと。

トヨタ ハリアーやホンダ CR-Vといった洗練されたSUVと比べると、質感等で見劣りする面が見受けられたうえに、価格が300万円以上していたことが、あまり売れなかった要因でしょう。ただし、ほとんど街中で見かけないぶん、新鮮に映るのも事実です。

CX-7の中古車市場でも人気があまりないためか、新車価格と比べると驚くほどのバーゲンプライスを掲げられているケースも多く、他人と違った車が欲しい人にはある意味おすすめです。

なぜ今になってCX-9が日本で発売すると言われているのか?

前モデルが日本で発売を見送った理由から、たとえモデルチェンジしたとしても、日本への導入は難しいといわれていました。しかし昨今では「2017年には発売か!?」といった噂が多くあります。なぜなのでしょう?

それは、MPVの後継としての役割を担うためと言われています。アメリカ市場でミニバンの人気が衰えたことで、MPVは、2016年3月に販売終了となっています。そのため、MPVユーザーの代替を獲得すべくCX-9を日本に導入するというわけです。

しかし、これまでのMPVユーザーからすると、スライドドアでなくなることは大きくその魅力をスポイルすることでしょう。

スカイアクティブテクノロジーや流麗なデザインなどによって人気をまた集めているマツダ。日本での扱いやすさはさておき、エクストレイルが大幅にコンセプトを変更し、販売されていることを思えば、新型CX-9も日本市場での勝算は十分にあるのではないでしょうか。

マツダ好調の立役車はどちらが買い?CX-3とCX-5の選び方
SUVとRVの違いとは?ランドクルーザーはどっちに分類される?
マツダ、3列シートの新型クロスオーバーSUV「CX-8」を導入!どんな車?

関連キーワード

この記事をシェアする

最新記事