乾燥重量、車両重量、車両総重量の違い

省エネのために、自分のクルマの体重を知る

修理

自分自身の体重は気になる人は多いでしょう。よく「○kg太ったから、身体が重い」というセリフを耳にします。走ればそれは顕著でしょうね。

クルマの重さも同様で、運動性はもちろんのこと、燃費にも大きく関わります。たとえばカタログに載っている燃費。これは、お役所が定める所定の条件下でテストした結果なので、実情に即していないと言われます。

そこで、事前にそのクルマの燃費性能を見るときに役立つのが、車両重量や車両総重量なのかもしれません。

他の比較検討車と比べて、どれくらいの重さなのか、あるいはエンジン性能も含めて勘案することで、おおよそそのクルマがどれくらい「燃費の良い走りができそうか」という目安を持つことはできます。

一番いいのは乗ってみること。そして、いまのクルマにはほぼ燃費計が備わっていますから、それも大いに参考になります。試乗前には燃費計のリセットも忘れずに。

そのうえで長期的に使うことを考えると、重量は地味に響いてきます。

では、「車両重量」と「車両総重量」、「乾燥重量」はどんな意味をもつのでしょうか?

次ページ「車両重量」、「車両総重量」、「乾燥重量」の意味とは?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives