軽旧規格は速かった!あの頃の軽自動車達 スポーツクーペ編

軽い!速い!けど狭い!スズキ カプチーノ

後継車種が期待されているカプチーノ。今のところその予定が無いというのは残念ですが…。

スポーツカーらしい「ロングノーズ・ショートデッキ」スタイルを軽のボディに凝縮。しかも駆動形式はFRという、生粋のスポーツカーとして誕生しました。

縦置きエンジン&軽自動車初の4輪ダブルウィッシュボーン式サスペンションを採用。エンジンはフロンドミッドシップレイアウトを目指し、更にはセンタートンネル&大きな断面のサイドシルで剛性を強化…と、本気で走りを目指した結果、ドライバーの居住空間は犠牲になりました。

犠牲の結果として、前後重量配分の最適化に加え、高剛性・低重心というスポーツ走行において重要な要素を、軽量ボディで実現。

これぞスズキ車!と胸を張って言える、本気のスポーツ走行を楽しめる軽自動車です。

そんなにカプチーノは速いの??

700kgの車重に組み合わされる3気筒ターボエンジンは、純正で64ps・ps…。

しかし、ブーストアップで馬力は上昇し、タービン+ECUチューンメニューでは120psが当たり前となりました。

動画は、タービン改造車の加速です。メーター読みですが、0-100km/hが6秒台。スポーティな1500ccクラスでもなかなか出ないタイムです。

更なるフルブーストやNOS噴射により150ps~200psオーバーを目指す猛者も現れ、もはや軽自動車と呼んでいいのかでわからなくなるケースも多々ありました。
(ワイド化により白ナンバー登録(普通車登録)も比較的多い車両でした)

ホンダ製本格MRスポーツ軽自動車ホンダ ビート

ホンダ ビート

後継となるS660が発売されたことで再び注目を浴びたホンダ ビート。

現在の軽規格よりも狭い旧規格で、「MR+オープン」という奇跡のパッケージを軽自動車で実現しました。
吸気システム「MTREC」により、自然吸気エンジンにも関わらず64psを発揮。MRのクイックさ&軽量ボディに加えてよく回るエンジン・・・・スポーツ走行を楽しめる最高の車です。

積載性に関しては、スポーツカーとしては非常に珍しいリアキャリアがオプションで用意され、実際に使われるケースも多々ありました。

軽自動車のスーパーカーを目指したマツダ オートザムAZ-1

AZ-1はオートザムが発売したスポーツクーペ。スズキにてOEM販売も行われ、そちらでは「CARA(キャラ)」の名前で販売が行われました。

アルトワークスやカプチーノにも搭載されたターボエンジンをMRに搭載し、ハンドリングを追及。外装は軽量なFRPを使用し…ドアはなんとガルウイング!

超小型スーパーカーというキャラクターは、今でもマニアにとってはたまらないスタイリングです。

生産台数は4392台と、ライバル(クーペのカプチーノやビート)に比べると球数も少なく、程度が良い中古車は非常に高値で取引されています。マツダスピードVerは、特に高額となっています。


いかがでしたか??

旧規格の時代は、今より小さいボディにも関わらず、軽量さと馬力を併せ持つ軽自動車が多数存在しました。

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事