GT-R、シルビア、180SX…頭文字Dにはなぜ日産車が多いのか?

頭文字Dに出てくる主な車をメーカー別に調べてみた

日産 GT-R 2015

日産  GT-R≪32、33、34≫、S13 シルビア、S14シルビア、S15シルビア、Z33 フェアレディZ Version S、シルエイティ、180SX、

マツダ FC3S RX-7 ,FD3S RX-7、ユーノスロードスター

三菱  ランサーエボリューションⅢ,Ⅳ、Ⅵ

ホンダ EK9シビック、EG6シビック、DC2インテグラ、NA1 NSX

トヨタ AE86 レビン、AE86トレノ、MR-2、 セリカGT-FOUR,アルテッツァ

スズキ カプチーノ

スバル GC8 インプレッサ WRX


こうしてみると日産車がとても多いことに気づきます。その理由は何故なんでしょうか。

トヨタ車がメインのストーリーなので、バランスを取るために日産車を多く登場させた?

ご存じのとおり、イニシャルDはAE86がメインのストーリーです。主人公である藤原拓海の車なので当然、ほぼ全編にわたって86が登場します。

原作は雑誌の連載からスタートしたので、トヨタと日産は対等に登場させるのが「オトナの事情」というものかもしれません。というわけで、バランスを考えて日産車を多く登場させているのでは?という推測です。あんまり面白い理由ではありませんが…

次ページ日産が他の車メーカーより「走り」を重視した車をたくさん作ってきた。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事