BMWやベンツ、ランボルギーニ等の高級外車を運転できる!?オススメ合宿免許所(教習所)をご紹介!

ひと昔前の教習車と言えば…?

教習車と言えばトヨタのコンフォート。免許をお持ちの方は、この車で教習した方も少なく無いのではないでしょうか。

1995年12月にタクシーや教習車として用いることを前提に開発されたコンフォート。実用性重視で極めてオーソドックスな3BOXスタイルとなっており、セダンとしては車高が高く居住性抜群!また、視界がとても良い造りになっています。

姉妹車としてはクラウンコンフォートがあげられ、こちらは中型タクシー専用車となっております。

それでは最近の教習車はどうなっているのでしょうか?

静岡県・東名自動車学校はメルセデスベンツが運転できる!?

静岡県藤枝市に位置する東名自動車学校では憧れのベンツの運転を体験できます!

高い安全性と快適な乗り心地を兼ね備えたベンツ。教習が楽しみになること間違いありません!

静岡県・綜合自動車学校は真っ赤なBMWが運転できる!?

静岡県浜松市に位置する綜合自動車学校の教習車はなんと全て赤色のBMW!

安全性の高い教習車と、的確なプロの指導員でがっつり学べます。周辺にグルメ・ショッピング・アミューズメントなどの施設が多数あるのも嬉しいところですね。

外国はもっと凄い!ランボルギーニの教習所!

北米にある「Lamborghini-Accademia」では、ランボルギーニのウラカンLP610-4を運転しながら、スーパーカーの運転の基礎を学べる夢のような教習所があるんです。

最初は加速やブレーキング、回転滑降の練習などから始まり、後半には実際にトラックを走行!教習完了時にはレース活動をマネジメントする部署「ランボルギーニ スクアドラコルセ」の終了証明書を取得出来ます。

費用は日本円で約50万円!宿泊費や食費、走行練習代、さらには贈り物なんかも含まれているそうですが、何が贈られるのかは不明。スーパーカーファンにはとっておきの教習所ですね!

ランボルギーニが教習車!?ランボルギーニ専門の自動車学校が北米にある!


いかがでしたか。時代の変化に合わせて、教習所のあり方も変わっているのかもしれませんね。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事