レクサスNX、IS、LFA…レクサスのインテリア特集!

レクサスNX

レクサスNX インテリア
レクサスNX メーター

まずご紹介するのはレクサスから販売されている中型クロスオーバーSUVのNXです。

バージョンは標準仕様、「I package」、「Version L」、「F SPORT」の4種類が用意され、「F SPORT」は専用の内外装デザインとなります。センターフレームは力強く、継ぎ目のない美しい仕上げに。

手や肌が触れる部分には柔らかく、しなやかな素材が使用されています。

レクサスIS

レクサスIS 内装
レクサスIS メーター

レクサスから販売されている中型セダン、レクサスIS。

現在は標準仕様、「Version L」、「F SPORT」の3仕様が用意されています。「F SPORT」には可動式のコンビネーションメーターが採用。

2012年に発売されたGSやLSと統一性が持たせられ、レクサスのデザイン象徴とも言えるアナログ時計はインパネの中央に配置。インパネの上部をシンプルに仕上げ、クリアな視界を確保しています。

レクサスRX

レクサスRX 内装
レクサスRX メーター

大型クロスオーバーSUVであるレクサスRX。

グレード展開は標準仕様、「Version S」、「Version L」、「Version L・Air suspension」の4展開となっています。「Version L」には本革シートや本木目パネル、後席のサイドエアバッグ等を標準装備!

メーターパネルは右にスピードメーター、左にハイブレッドシステムのステータスが表示されます。インパネは流れるような曲線調に仕上がっており、レクサスの美意識が感じられます。

レクサスRC

クーペモデルであるレクサスRC。

標準仕様、「F SPORT」「versionL」の3種類のグレードが用意されており、「F SPORT」にはグラスコックピットや、可動式コンビネーションメーターが採用されています。シフトセレクターはゲート式が採用されており、シフトノブはステアリングと同じ本革仕様。

ドアリムを照らす間接照明はレクサス初のアップライトになっており、上質な雰囲気に。本革や金属などの異なる素材のコントラストを際立たせ、奥深い表情をつくりあげています。

レクサスLFA

レクサスが誇る二人乗りのスーパーカー、LFA。

職人によるハンドメイドに拘り、500台のみの生産販売が行われました。インパネの各種計測表示にはディスプレイを中央に配置し、コンビネーションメーターを採用。スピードメーターの他に、ギア段表示やタイヤ空気圧警報などを統合表示します。

左右独立温度調整式エアコンやシートヒーター付きのパワーシート等、快適装備もふんだんに搭載されています。


いかがでしたか。

エクステリアだけではなく、インテリアにもレクサスの拘りがふんだんに感じられますね。あなたはどのインテリアが好みですか?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事