保管やレンタルなど…スタッドレスタイヤ装着時に利用したい便利なサービス3つ

サマータイヤの保管サービス

タイヤ

冬場、愛車のタイヤをスタッドレスに交換した際、それまで履いていたサマータイヤは、春まで必要がないので、どこかで保管しなくてはなりません。

ガレージや物置など、タイヤを保管するスペースが自宅にあれば良いのですが、月極駐車場などを借りている場合、タイヤの保管場所を確保するのは意外と大変ですし、タイヤは単体でも1本あたり6kg近くあり、ホイールとの合計は15kg以上にもなります(15インチの場合)。これらを4回移動させるだけでも、かなりの重労働です。

そんなときにおすすめなのが、サマータイヤを保管してくれるサービス。スタッドレスタイヤを装着した際、タイヤショップや量販店などが、外したタイヤ(およびホイール)をシーズン終了まで預かってくれるというもので、自宅やレンタルガレージにサマータイヤを運び保管する必要がありません。

じつは間違いだった!? タイヤの正しい保管方法とは?
スタッドレスタイヤとチェーン…どちらがおすすめか?

タイヤ取り付けサービス

スタッドレスタイヤ

インターネット通販を使うと、タイヤを安く購入することができるので、スタッドレスタイヤの購入に利用する方もいるでしょう。

そんな方におすすめなのが、他店で購入したスタッドレスタイヤを自車に取り付けてくれるサービスです。なかには購入したタイヤを業者から直接受け取ってくれるお店もあり、またお願いすれば装着時にきちんとアライメント調整もおこなってくれます。

タイヤの組み換えと交換の違いとは?

スタッドレスタイヤのレンタルサービス

スタッドレスタイヤ

普段、雪の降らない地域で生活しており、1シーズンに1度か2度だけ雪道を走るだけなので、スタッドレスタイヤをわざわざ購入までもない、という方にはレンタルがおすすめです。

ウィンタースポーツや里帰り時のみ、スタッドレスタイヤが必要だったり、間もなく車を買い替える予定という方など、短期間だけ利用したい方は購入するよりもおトクかもしれません。

レンタルには、スタッドレスタイヤのみ(ホイールは自前)、あるいはホイールとセットという2つのタイプがありますが、ホイールとセットの場合は、特殊なPCDやオフセットには対応できないなどの問題があるので、事前に確認しましょう。

ただし、頻繁にレンタルを続けると、結局購入したほうが安上がりだったということもありますので注意しましょう。

急な天候の変化にも、慌てることなく対応できるスタッドレスタイヤは、いまや冬場のドライブには欠かせないアイテムのひとつと言えるかもしれません。

最近では、スタッドレスタイヤを便利に利用できるサービスが充実していますので、活用してみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives