サソリのマークを冠したフィアット。アバルトの栄光の歴史

チシタリアのエンジニア出身

のちにアバルトの歴史を作り出すことになるカール(カルロ)・アバルトは、オーストリアで生まれました。

カルロは、幼いころからエンジンに興味を持ち、やがてサーキットやエンジン工房に足しげく通うようになります。その後、オートバイのレーサーとして活躍するのですが、2度の大事故を経験し、レーサーの道を諦めることになります。このころイタリアの市民権を獲得したカルロは、第2次大戦の戦禍から逃げるべくユーゴスラビアへ疎開することを余儀なくされます。

戦後、カルロは、新しい自動車メーカーのチシタリアでエンジニアの職を得るのですが、そのチシタリアが1948年に倒産。翌年に、みずからチューニングパーツを供給する「アバルト&C.」を立ち上げることになります。

スコルピオーネのエンブレム

アバルト 750 GT ザガート

フィアットの小排気量車をベースに、自社で製作したパーツでチューンナップを施したマシンには、カルロ・アバルトの誕生月の星座であるサソリのエンブレム(スコルピオーネ)が取りつけられ、数多くの優勝と速度記録をマーク。その活躍ぶりにアバルトチューンのマシンは「ピッコロモンスター(ピッコロは伊語で小さなの意味)」と呼ばれるようになります。

そのような絶頂期のなかで、アバルトは市販車の製作にも乗り出します。彼らが手掛けたアバルト 750GT ザガートは、フィアット 600をベースにしたものでしたが、大胆なチューニングと、カロッツェリア ザガートが担当したボディにより、美しい小型スポーツカーに生まれ変わっていました。

750GTは、1956年のジュネーブショーで発表されるや世界中から注目を集めるほどの大人気となり、さらに1957年のミッレミリアでは、GT750クラスの1位から12位まで独占してしまうほどの活躍を見せています。

このアバルトの快進撃は1960年代に入ってからも衰えることがなく、「速い」とか「強い」を表すときに、ABARTHと言い換えることが流行したといいます。

フィアットに吸収合併される

アバルト 124ラリー

目覚ましい活躍を遂げる一方で、利益よりもレースでの勝利を追求してきたツケが1970年代に入ると顕著になり、深刻な資金不足に陥ったアバルト&C.は、1971年にフィアットへの吸収合併を決意。その後は、フィアットのモータースポーツ部門という立ち位置で、レースカーの製作をすることになったのです。

フィアット傘下となって以降もアバルトは意欲的に活動を行い続け、アバルト 124ラリーや、アバルト X1/9プロトティーポなどを発表。その後同じフィアットグループのランチアでも、WRCで活躍した037ラリーやデルタS4の開発なども担当しています。

その一方でフィアットグループの市販車にもアバルトの名前が積極的に使われるようになり、アウトビアンキ A112 アバルトやリトモ アバルト125TC/130TCなどが人気となりました。

マツダ ロードスターのアバルト版も登場

アバルト 124スパイダー

現在、アバルトはフィアットのブランドとして、日本ではフィアット500をベースにしたアバルト595を販売しており、2016年には日本の誇るライトウェイトスポーツの名車、マツダ ロードスターをベースにしたアバルト124スパイダーを発表。このクルマには、1972年にアバルトが製作した124スパイダーと同じ名前が贈られています。

カルロ・アバルトの飽くなき情熱と探究心を持つクレースカーのみに許されたサソリのエンブレム。かつてレースシーンでその名を轟かせた「速さ」と「強さ」が、このマークを付けたクルマには宿っているのです。

アバルト 124スパイダー 画像

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives