高さ制限1.5メートル!? 東京にある低いトンネル4選

低いトンネルの基準は?

高さの低いトンネルといっても、特別な基準があるわけではありません。しかしメーカーが新車を設計する際、旧式の機械式駐車場でも入庫できる1,550mmという全高を目安にしたという話をしばしば耳にしますから、その数字がひとつの目安になるでしょう。

また、”提灯殺し”というワードから導き出される数字は、タクシーベースのクラウンコンフォートの車高(1,515-1,525mm)+行灯の高さになるので、約1.7mになります。この数字は平均的な成人男性が徒歩で通行する場合、頭上に圧迫感を感じて、思わず首をすくめたり、膝を曲げたりしたくなるぐらいの高さです。

ミニバンやSUVが全盛の現在において、高さ1.7mの相当にタイト。通過することができない車種も多くあります。そんな高さの低いトンネルが、東京だけで4つもあるのです。

①高輪橋架道橋:高さ制限1.5m

高輪橋架道橋

高輪橋(たかなわばし)架道橋は、山手線の田町駅と品川駅の中間地点、泉岳寺駅から100mくらいの距離にあるガード下トンネルになります。

トンネルの高さ制限は1.5mとなっているため、ハイエースなどは当然通過することができませんし、マツダ デミオも15C以外は、ルーフを擦ってしまいそうです。

そもそも一般成人男性よりも低いので、相当に通過できるクルマを制限します。それでも、国道15号品川付近から湾岸側への抜け道として、結構な交通量があることも事実。品川新駅の建設で、間もなく廃止の噂があるトンネルでもあります。

②越中島貨物線ガード下:高さ制限1.6m

江東区北砂2丁目にある第2八右エ門ガード。通称「越中島貨物線ガード下」の高さ制限は、なんと1.6m!高輪橋架道橋に次いで低い高さ制限のトンネルです。

一般的なセダンであれば、問題なく通過できる高さですが、あまりの圧迫感に思わず首をすくめてしまいます。

次ページ他にもある!東京にある低いトンネル

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives