今じゃありえない!? カーナビのない時代、どうやって目的地まで辿り着いていたの?

カーナビがなかった時代

道路地図

カーナビがなかった時代、ドライブや仕事で目的地へ辿り着くには、紙製の地図が必需品でした。遠距離を移動する時は、広域地図で高速道路や幹線道路を調べ、近くになったら拡大地図を駆使する、という方法で移動していました。ですから、ドライブ好きなオーナーのクルマには、全国または地方のロードマップがかならずといってよいほど携行されていました。

紙製の地図は、本のように綴じたものは頻繁な使用で綴じている箇所からページが剥がれ落ちてしまうため、見開きしやすいように工夫された、スパイラルノート型のものが人気でした。さらに、当時は「抜け道マップ」と呼ばれる、民家の間を通るような道が赤矢印で示された地図も、隠れた人気アイテムでした。

そのほとんどは北が上になっていたのですが、初めて走る道や慣れない道では、自分が走っている方角がわからなくなり、太陽の位置を確認したり、方位磁石を使って方角を調べたものでした。ちなみに当時、カーコンパスというダッシュボードに付ける方位磁石が人気でした。

また、スムーズに目的地へ到着できるかは、助手席に座ったナビ役にもかかっていました。一方、1人で運転する場合は、走り出す前に大事な曲がり角のある交差点の名前をメモしたり、道や地名を一生懸命に暗記する努力をしたものでした。

世界初のカーナビの発明は?

エレクトロ・ジャイロケータ

カーナビは日本で生まれ、日本を中心に発展しました。

日本でカーナビが誕生した理由は、日本の道路事情が関係しています。日本は住所が入り組んでいて、番地に規則性がなく、欧米のように道路から住所が推測できるようにはなっているのは、京都などほんのひと握りです。さらに道路網も複雑で、都市部では渋滞がしばしば発生します。

時間や燃料、ドライバーの体力を消耗していると考えたホンダは、その助けになる技術を開発します。それが、1981年にホンダ アコードの2代目モデルに搭載された「ホンダ エレクトロ ジャイロケータ」でした。

当時の日本のトップ技術者の協力を得て完成したこのシステムは、本来は自動運転を目的として開発されたもので、ガスレートジャイロセンサーとタイヤ回転からの距離センサーによって、車の方向と移動を検出して表示し、目的地や途中のポイントまでの残りの距離を視覚化するもの。地図は、手動で差し替えるアナログ式でした。

ちなみに、ホンダ エレクトロ ジャイロケーターは、2017年3月、世界の電気・電子・通信といった分野における歴史的偉業を認定する賞であるIEEEマイルストーンに認定されました。

量産を開始したカーナビはどんな姿だった?

その後、1990年にパイオニアが市販モデルで初となるGPS式カーナビAVIC-1を発表、現在のGPSを使ったカーナビ普及の礎となりました。

GPS式カーナビは、GPS技術と自律航法の組み合わせで作られています。もともと、1960年代に軍事目的で開発されたGPSですが、民生用途の広がりとともに2000年代には精度も大きく向上。さらに、地図のデジタル化が進み、現在では大容量データを蓄積できるHDDナビが主流となっています。


次ページ今後のカーナビの姿は?

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives