荷室スペースの広さが自慢!おすすめステーションワゴン5選【輸入車編】

その①:メルセデス・ベンツ Eクラス ステーションワゴン

メルセデス・ベンツ Eクラス ステーションワゴン 2016
メルセデス・ベンツ Eクラス ステーションワゴン 2016

世界のプレミアムカーの指標となるメルセデス・ベンツ。同社最上級ステーションワゴンが、Eクラス ステーションワゴンです。

現行モデルのパワーユニットは、ガソリンは2.0L 直4ターボと3.5L V6ターボ、ディーゼルは2.0L 直4ターボ、プラグインハイブリッドは2.0L直4ターボ+電気モーター。さらに、メルセデスAMG仕様では、3.0L V6ツインターボと4.0L V8ツインターボが用意されます。

Eクラス ステーションワゴンのボディサイズは、スタンダードなE200アバンギャルドで、全長4,930mm×全幅1,850mm×全高1,455mm。ラゲッジ容量は、定員乗車時で540L、セカンドシート格納時で1,820Lを確保しています。

セカンドシートは、4:2:4分割可倒式で、乗車定員と積載する荷物に応じてシートアレンジを変えることができます。

その②:VW ゴルフ ヴァリアント

VW ゴルフ ヴァリアント
VW ゴルフ ヴァリアント

2018年2月にマイナーチェンジを実施したゴルフ ヴァリアント。ゴルフといえば、世界中のメーカーが注目するコンパクトハッチバックとして有名ですが、そのボディサイズは全長4,575mm×全幅1,800mm×全高1,485mmと、日本では決してコンパクトと呼べないサイズになっています。

搭載エンジンは、ダウンサイジングの1.2Lと1.4Lの直4ターボ。スペックは、1.2Lが最高出力77kW(105ps)/4,500-5,500rpm、最大トルク175Nm(17.8kgm)/1,400-4,000rpm。1.4Lは最高出力103kW(140ps)/4,500-6,000rpm、最大トルク250Nm(25.5kgm)/1,500-3,500rpmを発生。それぞれ、2.0L自然吸気エンジンと2.5Lの自然吸気エンジンに匹敵する性能を発揮しています。

以前から定評のあるラゲッジスペースは、定員乗車時で605L、セカンドシート格納時で1,620Lを確保。これは前述のEクラス ステーションワゴンに迫る容量です。

後部座席は6:4分割可倒式ですが、センターアームレストがトランクスルー構造になっており、スキー板などの長尺物を4名乗車時でも搭載可能です。

その③:ジャガー XF スポーツブレーク

ジャガー XF スポーツブレーク 2017
ジャガー XF スポーツブレーク 2017

2017年11月より新たに市場投入された、ジャガー最新のステーションワゴンが、XF スポーツブレークです。

名称の通り、ワゴンボディながら、ルーフは曲線を描きテールゲートへ下降するクーペルックで、スポーティな印象を強めています。そのためリア開口部上部は斜めにカットされています。実際の使用時には気をつけたいポイントです。

XF スポーツブレークは、メルセデス・ベンツEクラスと同じEセグメントに属します。ボディサイズは、全長4,965mm×全幅1,880mm×全高1,495mmとかなり大柄。

ラゲッジスペースは、セカンドシート格納時で奥行き約2m、荷室幅はもっとも狭いところでも1mオーバー。容量は、定員乗車時で565L、セカンドシート格納時で1,700Lを確保しています。リアシートは4:2:4の分割可倒式。4名乗車時にもスキー板を室内に搭載可能です。

その④:ボルボ V90

ボルボ V90 2016
ボルボ V90

親会社が、フォードから中国の浙江吉利控股集団にかわったことで、急激な業績回復をみせたボルボ。そのV90は、独自のScarable Platform Architecture(SPA)シャーシとDrive-Eエンジンを全面採用した新世代フラッグシップエステートです。

ボディサイズは、全長4,935mm×全幅1,880mm×全高1,475mmで、Eセグメントでは最大級。V90日本仕様のパワーユニットは、ガソリンの2.0L 直4ターボ、2.0L 直4ターボ&スーパーチャージャー、2.0L 直4ターボ&スーパーチャージャー+電気モーターの3タイプ。いずれもダウンサイジングターボで、過給器やモーターのアシストで大排気量車並みの出力を発揮します。

ラゲッジスペースのサイズは、セカンドシート格納時で、荷室長1,988mm、荷室幅1,100mm。ラゲッジ容量はセカンドシート格納時で1,526Lを確保しています。

特筆すべき点はラゲッジフロア形状がほぼスクエアで、セカンドシートを倒した場合、シートバックが完全にフルフラットになることです。ラゲッジルーム形状はリアハッチ上部はやや斜行しているものの、全体にボクシー。余計な突出がなく、隅々まで使い切ることが可能です。

その⑤:プジョー 308 SW

プジョー 308 SW
プジョー 308 SW

プジョーのスポーツワゴンが、308 SWです。現行モデルは2014年11月にデビュー。2017年10月のマイナーチェンジのフェイスリフトにあわせ、エンジンを1.2L 直3ターボに変更。その魅力に磨きがかかりました。

ボディサイズは、全長4,275mm×全幅1,805mm×全高1470mmとゴルフ ヴァリアントよりもコンパクトになっています。

プジョー 308 SW

ラゲッジは、定員乗車時で610L、セカンドシート格納時で1,660Lもの容量を確保。その秘密はプジョー独自のセカンドシート格納法”マジックフラット”にあります。セカンドシートを倒すと座面が沈み込み、セカンドシート格納時のシートバック面がラゲッジフロアと同じ高さになるのです。

ラゲッジルームは内装材のデザインによりホイールハウスの突出がなく、ラゲッジルーム全体は直方体を思わせるボクシーさです。

海外ではステーションワゴンは元来、たくさんの荷物を積載する高級かつ実用的な車でした。そのためか荷物の積載性に主眼をおいたステーションワゴンが多く見受けられます。ラゲッジルームを使い倒したいなら、ラゲッジフロアの形状や空間が効率的かが決め手となりますね。

荷室スペースの広さが自慢!おすすめステーションワゴン5選【国産車編】
バンとワゴン、ミニバンとステーションワゴン、なにが違うの?

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives