梅雨前にしておきたい!洗車で雨対策

雨は想像以上に愛車にダメージを与える

雨 運転

雨が降ったり、止んだり、また降ったり。梅雨の時期は本当にうっとうしいものです。それは、愛車にとっても実は同じこと。皆さんが想像している以上に、雨は愛車にダメージを与えています。

昨今、日本上空の大気は、近隣諸国の影響によって汚染されています。黄砂やPM2.5、その他有害物質が上空の風にのって日本にやって来ます。そして、それらは雨と共に地上に一気に降り注ぐのです。雨には、こうした有害物質が含まれており、車の塗装面などにダメージを与えるわけです。何の対策もしないと、輝きや色合いが悪くなったりします。

それを防ぐには、まず日常的な洗車から始めましょう。さて、車は汚したままだと、なぜ悪いのでしょうか。車の塗装(クリア)面は肉眼では見えませんが、実は微妙な凹凸があります。この凹凸に、埃などの汚れをはじめ、これまた肉眼では見えないような鉄粉や有害物質が付着しているのです。

これを放っておくと、この付着物が核となって、さらに別の付着物をどんどん呼び込むことになります。そして気がつくと、ちょっとやそっとでは落ちない汚れになってしまうのです。

そうならないためにも、定期的な洗車が必要となります。マメに洗車をしている車は、汚れを呼ばない“体質”になっているわけです。


汚れの中でも、厄介なのが「雨ジミ」です。雨が乾いてできる、シミような汚れですね。梅雨時はどうせ雨が降るから…と放っておくと、太陽熱で雨が蒸発して、塗装面に濃厚な汚れや有害物質だけが残ります。これが塗装面に悪影響を与えます。

防止するには、2つの対策があります。まず塗装面にコーティング処理をすること。もうひとつはワックス、つまり撥水させるための油脂系処理をすることです。

よく2つを混同している人がいますが、大きく、汚れ防止効果の持続力と仕上がりの艶に違いがあります。コーティングは化学的に汚れ防止効果が高く、持続力も高いですが、仕上がりの艶はシャープな輝きで人工的な印象も。一方ワックスは、持続力が低く、定期的な施工が必要となりますが、濡れたような深く美しい艶が出ます。しかし最近では、両者とも商品が改良され、差がなくなりつつあります。

次の項目では、梅雨前にやっておきたいメインテナンスを作業順にご説明しましょう。

次ページボディメンテナンスは洗車が基本

この記事をシェアする

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives