レクサスとかでよく見る「切削光輝ホイール」とは?

アルミホイールの2つの製法

切削光輝ホイール

アルミホイール製造法には、鋳造と鍛造の2つがあります。一般的な鋳造は、高温で溶かした金属を鋳型に流し込み、成形していきます。複雑なデザインに対応しやすく、大量生産できることからコストを抑えやすいというメリットがあります。

一方、金属の密度が低いため強度が出しにくいこと、強度を出すためには各部の厚みを増やすことが必要で、おのずと重量が増してしまうことがデメリットになります。

それに対して鍛造は、金属を加熱し、大きな圧力をかけながらホイールを成形するというプレス成形製法です。メリットとしては、圧力をかけながら成形する際に、金属がホイールの型に伸び固められるので密度が増し、薄くても強く軽いホイールが作れることです。

一方デメリットは、デザイン重視の複雑な形状を作ることが難しく、特殊な生産設備が必要でコストが上がること。また、製造工程が多く大量生産に不向きなことなどです。

軽さや強度などの機能性を重視する競技用なら鍛造、デザイン・ファッション性や価格重視なら鋳造が向いています。

次ページ切削光輝ホイールとは?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives