保険料だけでなく、洋服まで安くなる!? ゴールド免許の“お得”の話

安全なドライバーである証明書

ゴールド免許

ゴールド免許は、1994年の道交法改正により導入された自動車免許制度です。他にもグリーンやブルーがあるのは周知の通りですが、ゴールド免許は更新日の41日前から過去5年間の間に事故や違反がない運転者に交付される自動車免許証。つまり「リスクの少ない安全な運転者」を証明するものとなっています。

ゴールド免許は一度交通違反や事故を起こすと取得できないと考えがちですが、点数が減点されない違反や事故については考慮されません。一方、うっかり免許証を失効させてしまった場合は、ブルー免許に戻ってしまうので、更新日の確認は忘れないようにしましょう。

さて、ゴールド免許を取得すると、まず免許制度上で優遇措置があります。ブルーの免許の有効期限は、違反などの内容によって3年から5年間ですが、ゴールド免許は5年間となります(更新期間満了日における年齢が71歳の場合は方は4年間、72歳以上は3年間)。

また、更新手続きは運転免許センターだけはなく、最寄りの警察署や優良運転者免許更新センターで行うことができます。何よりも、更新時に受講する講習が30分と短く、更新手数料が安いのが最大のメリット。

ただし、これは免許制度上のメリットであり、ゴールド免許にはまだまだ“お得”があるのです。

次ページ保険料だけでなく、洋服まで安くなる!?

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives