よく見るとフロントタイヤが微妙に八の字に傾いている…これってなぜ?

キャンバー角度とは?

マルチリンクサスペンション メルセデス

車を正面から見たときの、地面に対するタイヤの角度をキャンバー角と言います。左右のタイヤの接地面(地面側)が開いて、ハの字型になっている形状をネガティブ。逆に接地面側が狭くなったVの字型の形状を、ポジティブキャンバーと呼びます。

通常、市販車のキャンバー角はプラスマイナス1度前後に設定されているため、ほぼ垂直に見えますが、改造車やレーシングカーなどでネガティブキャンバーになっているクルマを見かけます。キャンバー角を変えることで、クルマにはどんな変化がもたらされるのでしょうか?

性能はどう変わる?

ホンダ シビック タイプR 2017

クルマは、コーナーを曲がるときに、遠心力で外側へボディが傾き、外側の車輪に荷重がかかります。このとき、コーナー外側のタイヤが路面と垂直になれば、タイヤの接地面は増え、コーナリングフォースが高まり、旋回性が上がります。それを見越してタイヤに角度(ネガティブ)を付けています。

またキャンバー角は、直進性にも影響があります。キャンバー角が付いていると、タイヤには傾いた方向へ倒れようとする「キャンバースラスト」という力が働き、ネガティブキャンバーの場合、右タイヤであれば左向きに、左タイヤであれば右向きに力が発生しています。

この力が均等に発生することで、クルマをまっすぐ走らせようとする力となります。反対にポジティブキャンバーでは、車両外側方向へキャンバースラストが働くことになり、ハンドル操作直後の旋回性が高まります。

ちなみに、ほとんどの乗用車が採用するサスペンション形式では、ダウンスプリングなどで車高を下げると、キャンバー角にハの字(ネガティブ)が強くつくようになります。これは、サスペンションが沈む方向にストロークするときに、キャンバー角がネガティブ方向へ変化するようにデザインされているためです。

また自動車メーカーでは、初期キャンバー角だけでなく、あらゆるレベルで地面に対する角度(対地キャンバー角)が0度に近づくように、「キャンバー角変化」を設定しています。

次ページデザイン重視の場合も

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives