お手頃価格で購入できるキャンピングカー5選

ビギナーならまずは軽キャンパー「給電くん」

車中泊をしたことがない…という人は、意外と多いはず。そんな人にとって、いきなり高額なキャンピングカーを購入するのは勇気がいります。だったら、軽キャンパーがおすすめ。

種類はいろいろありますが、軽ワンボックスカーにベッドキットなどを装備したモデルなら比較的リーズナブル。東日本大震災以降、いざという時のセーフハウス代わりとしても、注目を集めているカテゴリーです。そのなかで、特に注目したいモデルがオートワンの「給電くん」です。

スズキのエブリイ バンや日産NV100 クリッパーバン ハイルーフをベースに、収納用の家具やシンク、ベッドマット、オーバーヘッドキャビネットなどを装備。限られた軽ワンボックスカーの車内を、効率よく使えるモデルです。

注目すべきは、その名前の由来にもなっている、サブバッテリーへの給電システム。停車中の車内で電力を使うためのサブバッテリーに、30Wソーラーパネルで走行中でも充電をしてくれます。これがあれば、バッテリー切れにビクつく必要もありません。

価格はベース車両込みで、なんと159.8万円〜(税別)。いまどきの軽トールワゴンと大差がありません。2名以上なら、ルーフ上にポップアップテントが付いたモデルがオススメです。

機動性抜群!日本で人気のバンコン「コンポーザーSS 」「ハイエース2B」

タコス ハイエース2B

※写真はタコス ハイエース2B

キャンピングカー業界でときおり耳にするバンコンの正式な名称は「バンコンバージョン」です。ワンボックスカーの内部をキャンプ仕様に装備した、日本独特のキャンピングカーです。広い駐車スペースが必要ないうえに、日常生活でも車両を使えることから、夫婦を中心に人気があります。

ワンボックスカーといってもいろいろですが、人気があるのは、コンパクトならトヨタ ライトエース/タウンエースと、スタイリッシュなデザインで、トルクフルな1.6ℓエンジンを搭載している日産 NV200バネット。

居住空間を重視する向きには、王者トヨタ ハイエースとそのライバル日産 NV350キャラバンが定番です。なかでもスタイリッシュなデザインで、トルクフルな1.6ℓエンジンを搭載しているNV200バネットは、人気急上昇中です。

そんなNV200バネットをベースにしたキャンパーでイチオシは、アネックスの「コンポーザーSS」です。このビルダーのキャンピングカーは、とにかくどれもモダン。車内は、まるでカフェのような雰囲気が漂っています。このコンポーザーSSも同様で、シートトリムや家具の質感、照明などが落ち着いた雰囲気を醸し出しています。

装備はベッドを中心に、カウンター収納、シンク、天井収納、サブバッテリーなど必要なものをすべて装備。ポップアップルーフ仕様(オプション)を選べば、さらに快適な就寝スペースが得られます。これで300万円を切る、291.9万円〜(税込)という価格は、間違いなくリーズナブルです。

タコス ハイエース2B

もうちょっと居住空間が必要だという人は、タコスの「ハイエース2B」はどうでしょうか。ハイエース標準ロングDX・ハイルーフナローをベースに、ベッド&ソファー、テーブル、収納家具、サブバッテリーなどを装備しています。

バンコンとしてはベーシックな装備ですが、逆にこれだけあれば不自由を感じません。家具類の品質も非常に高いモデルです。そして注目は価格。この装備で348万円〜(税別)。400万円台が相場のハイエースのバンコンで、この価格はお値打ちです。

(写真はフジカーズジャパン高崎キャンピングカー専門店より提供)

次ページ快適オートキャンプならキャブコン

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives