横風に負けない!クルマが横に流されにくくなる対処法

横風はどこで発生しやすい?

高速道路

高速道路のトンネルを出た途端、横からの風を受けてクルマがぐらつき、ヒヤッとした経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

トンネル内を走行中、風は前方向から流れてくるだけですが、外で横風が吹いていれば、トンネルを出たクルマはその横風にさらされることになり、進路を乱されます。河川にかかる高速道路の橋のうえや、海沿いを走る高速道路も、強い横風を受けやすい場所として知られています。

風が強い日だとわかっていても、走行中に突風を受けると、ブレーキを踏んだり、ハンドルを切ってしまったり、パニックに近い行動をとってしまい、最悪の場合、事故が起きてしまうこともあります。

ちなみに、時速100kmで走行をしている場合、前後方向の風速は27.8m/sになります。それに対して横風は、通常なら1~5m/s程度なのですが、強い時には30m/sを超えることもあり、この前後の風速と横方向の風速によって起きる風圧によって、進路が乱されてしまうのです。

この風圧によって進路が乱されるメカニズムを、分析していきたいと思います。

高速道路の路肩に設置されている鯉のぼりみたいなものの正体は?一体なんのため?

クルマの空力中心と車両重心の位置関係によって決まる

ボディサイドに風を受けると、クルマは左右方向に平行移動する動きと、回転方向の動き、2つが発生します。どちらが主で発生するかは、そのクルマの重心の位置と、空力中心によって決まります。空力中心とは、クルマのサイドビューで見たときの、風の力(風圧)を受ける作用中心点で、ボディの形状によって決まります。

車両の重心位置に対して、この空力中心が前方にあるか後方にあるかによって、クルマの進路を風上に向ける回頭モーメントとなるか、風下に向ける回頭モーメントとなるかが決まります。

一般的なドライバーの場合、横風によってクルマの進路が変えられると強い恐怖を感じ、平行に動くほうが怖さは小さく感じます。各自動車メーカーのエアロダイナミクス設計者は、この点も考慮して設計をしています。

ちなみに、車両重心と空力中心が一般的な乗用車などよりも、おおきな箱型の荷室を持つ空荷のトラックは、空力中心が車両後ろにあるため、進路を乱されやすくなります。

では、横風が強い日はどんな対処をすればいいのでしょうか?

次ページ横風が強い日の対処法

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives