スバル XVにはどの程度の荷物が積めるのか?

SUVが現在の人気を獲得した理由には、走破性だけではなく、快適性、利便性といった要素があります。通常のセダンよりも大型化された荷室を持ち、積載性についてもワゴンモデルと同等もしくはそれ以上。SUVを選ぶ上での魅力のひとつになっています。ここでは、2017年に刷新されたスバルのコンパクトSUV、XVの積載性について見ていきましょう。
------------------------------------------------------------------------
いつもCarMeをご覧いただき誠にありがとうございます。
一部に誤りがあり、記事内容を修正いたしました。
読者の皆様ならびに関係者の皆様にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。
(2018年1月11日)

Chapter
SUVに求められる「積載性」
XVの積載能力は?

SUVに求められる「積載性」

スバル XV 2017

現行型のスバル XVは、2017年のモデルチェンジでシャシーをスバル グルーバル プラットフォームに刷新。車体剛性、足まわり、ハンドリングなどを進化させたモデルです。

最低地上高を200mmとし、走破性と操縦安定性を両立。アクティブトルクベクタリングを採用して、旋回性能、操舵応答性も向上させています。

アウトドア、レジャーなど幅広いアクティビティに対応しなければならないのがSUV。スキー板、スノーボード、ゴルフやキャンプ用グッズなど、かさばる荷物を積載できるのもSUVの魅力です。

XVの積載能力は?

XVのカーゴルームは、385Lの容量を持っています。もちろんリアシートを倒せば、荷室長は1,631mm(最大荷室幅1,356mm)、荷室高777mmの空間が広がるため、前述のような荷物や自転車も積載が可能となります。

加えて荷室間口から奥まで、段差の少ないフラットフロアとなっているので、大きな荷物の積み降ろしもスムーズ。また、フロア下にサブトランク、荷物の固定に便利なカーゴフックなども標準で装備しています。

荷室の容量で比べれば、同じスバルのフォレスターが505Lの容量なので、比べるとやや見劣りします。しかしこれも長短があり、車高が高くなるために立体駐車場に入らない、重心が高くなるために運動性能に悪影響がでる…といった点がデメリットとなります。

一方で、XVは全高を一般的な立体駐車場に入る1,550mmに抑えているため、都市部でのニーズにもしっかり応える造りになっています。この点は、低重心化されたボディによる走行性能にも反映されています。

つまりXVは、より都市部での使用に適しており、かつインプレッサ譲りのフットワークの良さも持ち合わせているモデルということが言えます。

いずれにしてもXVが、余裕ある積載性と走行性能を持っているのは、間違いありませんね。