千葉でドライブするならここに行こう!観光におすすめのスポット27選

千葉 舞浜

千葉県には、街の景色も自然の景色もあります。東京から近いにもかかわらず、豊かな自然にふれることができるので、都会の喧騒に疲れたらドライブで出かけてみてはいかがでしょうか。本記事では、千葉県のドライブスポットを紹介しています。

Chapter
千葉県は都会的らしさと豊かな自然を併せ持つところが魅力
千葉でのドライブにおすすめの観光スポット27選
ドライブ中に楽しめる千葉の日帰り温泉5選
1:木更津温泉 龍宮城スパ・ホテル三日月 龍宮亭
2:犬吠埼潮の湯温泉 犬吠埼観光ホテル
3:白子温泉 白子ニューシーサイドホテル
4:犬吠埼温泉 ぎょうけい館
5:潮の香の湯宿 浜紫
オリジナルのコースを作って千葉ドライブを楽しもう!

千葉県は都会的らしさと豊かな自然を併せ持つところが魅力

千葉県は首都東京の隣にあることから、都会的なイメージを持つ方も少なくはないでしょう。千葉県には、ビルやマンションが建ち並ぶ都会的な場所もあれば、港町やローカル電車、花畑などの、のんびりとした場所もあります。

千葉県北西部は東京のベッドタウンとして知られ、また北東部や南部は海をはじめとする自然を味わえる地として有名です。南房総には、山がないといわれる千葉県唯一の山、鋸山もあり、豊かな自然が広がっています。

千葉でのドライブにおすすめの観光スポット27選

千葉は、ファミリー向けでも、カップルのデートでも、それぞれ楽しめる観光スポットがたくさんあります。ここでは、千葉にドライブに出かけるときに楽しめる、おすすめの観光スポットを紹介します。

27の観光スポットの中には、必ず目的にあった観光スポットが見つかることでしょう。子供が楽しめる場所、カップルで訪れたい場所、落ち着いて過ごしたい場所など、ドライブの目的にあった場所を探してみましょう。

1:成田山新勝寺

成田山新勝寺は不動明王を祀る寺として有名です。節分には多くの有名人が豆まきを行い、賑わいます。参拝するだけでなく、仏教文化講座を受講したり、写経や座禅、断食などを体験したりすることもできます。

車で成田山新勝寺を目指す場合は、東関東自動車道成田ICから、国道295号線を利用します。首都圏中央連絡自動車道(圏央道)を使う場合は、大栄JCTで東関東自動車道に乗り換えると便利でしょう。

2:成田ゆめ牧場

成田ゆめ牧場は、アヒルやうさぎとふれあったり、乳しぼりや餌やりを体験したりできる牧場です。小さなお子さんに喜んでもらえる観光スポットです。トロッコ電車に乗ったり、芝すべりをしたり、日常とは違った遊びも体験できます。

バーベキューやカフェメニュー、ソフトクリームなど、食事のメニューも豊富で、食事のために立ち寄るのもおすすめです。直接成田ゆめ牧場を目指すなら、圏央道の下総ICで下りましょう。

3:道の駅あずの里いちはら

「あずの里いちはら」は、市原の道の駅で、地元の朝採れ野菜や銘菓が揃います。新鮮な野菜を手に入れるためや、地元の牛乳や果実を使ったおいしいジェラートやソフトクリームを味わうために立ち寄ってみましょう。

買物だけでなく、隣接する農業センターの散策も楽しめます。農業センターには、展示大温室や水生植物園、バーベキュー広場などがあります。

4:市原ぞうの国

市原ぞうの国は、テレビの動物番組で取り上げられることも多いので、名前を知っている方も多いでしょう。市原ぞうの国は、象を見られるだけでなく、カピバラや猫などとのふれあいもできる動物園です。

フードコートでは、象のふるさとであるタイの料理を店内・テイクアウトどちらでも楽しめます。象さんたちが描いた絵も売っているので、記念に購入してみてはいかがでしょうか。

5:稲毛海浜公園

稲毛海浜公園には、フラワーミュージアムや野外音楽堂、バーベキュー施設、ピクニック広場など、ファミリーでもカップルでも楽しめる施設が充実しています。

ヨットハーバーもあり、ウィンドサーフィンやカイトサーフィンなども盛んなので、海を眺めているだけでも楽しめます。海辺には渡り鳥も多く、バードウォッチングを楽しむこともできます。

6: 東京ドイツ村

イルミネーションで有名な東京ドイツ村は、四季折々の花々を楽しむこともでき、有料アトラクションや動物園もあります。遊ぶだけでなく、季節によってしいたけや落花生、いも掘りなどの収穫体験もできます。

レストランでは、バーベキューやピザ、カフェメニューを楽しめます。「ドイツ」の名産品であるバームクーヘンやソーセージ、ビールなども購入できます。東京ドイツ村は、袖ヶ浦市にあり、姉ヶ崎・袖ヶ浦ICから5分です。

7:養老渓谷

養老渓谷は、大多喜町を流れる養老川沿いにあります。紅葉で有名な観光スポットなので、11~12月の紅葉シーズンは渋滞が予想されます。

養老渓谷には養老の滝と呼ばれる粟又の滝があります。滝の横に小道があり、滝をすべて見ることが可能です。水量が多いシーズンに訪れれば、迫力ある滝を楽しめます。滝は、四季折々、違う顔を見せてくれます。

8:海ほたるパーキングエリア

海ほたるパーキングエリアは、ただの休憩場所ではなく、絶景のパーキングエリアとしても知られています。海ほたるの4階と5階には、フォトスポットもあり、ドライブの記念として写真に残しておくこともできます。

4階には足湯もあり、ドライブの疲れを癒せます。同じ4階でお土産となる海産物を購入することもできます。4階・5階には、フードコートや食堂などもあります。

9:野島崎

野島崎は、房総半島の最南端に位置します。野島崎にある野島崎灯台は、白鳥の灯台とも呼ばれている美しい灯台です。灯台の下は岩礁地帯ですが、公園には遊歩道が整備されているので、散策を楽しめます。

野島崎の先端には、太平洋を一望できるベンチが設置されているので、しばらく太平洋を眺めて心を癒しましょう。

10:江川海岸

江川海岸は、潮干狩りスポットです。都内から1時間程度で、神奈川方面からもアクアラインを通れば木更津金田ICをおりて5分から10分程度で到着します。

自然の干潟を利用している潮干狩り場で、沖合まで行って採ることができます。中学生以上は、2kgまで1,800円(2021年)で楽しめ、1kg超過するごとに900円加算されます。

出典:潮干狩料金|公益社団法人千葉県観光物産協会
参照:https://maruchiba.jp/sys/data/index/page/id/8410/

11:袖ヶ浦海浜公園

袖ヶ浦海浜公園には、展望台やピクニック広場、芝生広場などがあります。アスレチック遊具もありますが、現在は経年劣化のため、使用禁止になっています。

お弁当を持って出かけて、ピクニック広場でピクニックを楽しめるほか、食材だけを持って行き、バーベキュー施設でバーベキューを楽しむこともできます。自転車を積んで出かけて、海沿いのサイクリングロードでサイクリングを楽しむこともできます。

12:木更津かんらんしゃパーク キサラピア

キサラピアの大観覧車に乗れば、地上60mの高さから東京湾を一望できます。全てのゴンドラに、周辺の施設情報や歴史に関する知識を得られる「観覧車ナビ」という観光案内タブレットが設置されています。

キサラピアは大観覧車だけでなく、小さなお子さんでも楽しめるコースターや回転ブランコなどのアトラクションもあります。縁日気分のゲームを楽しめるエリアもあります。

出典:大観覧車|キサラピア
参照:http://kisarapia.com/map/attraction01.html#attraction-content

13:鯛の浦遊覧船

鯛の浦遊覧船は、予約なしで利用することも可能な、不定期遊覧船です。ドライブ中に「天気があまりにもよいから海に出てみよう」と、利用することもできます。

乗船時間は25分で、中学生以上の大人は1,200円で乗船できます(2021年7月現在)。出港後、鯛の生息ポイントで船頭さんが餌まきをして、鯛を見せてくれます。不定期遊覧船ですが、海の状態によっては運航していないこともあるので、訪れる前に確認しましょう。

出典:遊覧船料金|小湊妙の浦遊覧船協業組合
参照:https://tainoura.jp/yuransen1.html

14:鴨川シーワールド

鴨川シーワールドは、シャチやイルカのショーでも有名な水族館です。珍しいメガマウスザメの骨格標本を展示しているので、ドライブで訪れてみてはいかがでしょう。

シャチやイルカのショーを目当てに訪れる場合は、あらかじめ開催時間を確認していきましょう。ディスカバリーガイダンスという、海の生物とふれあえるプログラムもあります。心が疲れているときには、参加券を購入してイルカやアシカとふれあってみてはいかがでしょうか。

15:九十九里浜

九十九里浜は、九十九里続くと謳われている通り、一宮町の太東崎から旭市の刑部岬まで約66kmに及ぶ日本最大級の砂浜海岸です。九十九里浜は日の出る東側に海を臨むので、朝日を見るための早朝ドライブもおすすめです。水平線から昇る美しい日の出を鑑賞できます。

九十九里浜は、サーフィンスポットとしても有名なので、波と格闘するサーファーの姿を眺めていても楽しめます。

16: 犬吠埼灯台

犬吠埼灯台は、海に突き出た岬に立つ灯台で、三方を海に囲まれた姿はフォトジェニックです。

犬吠埼灯台の断崖絶壁の下には、岩礁で波が砕ける景色をみることができます。灯台の下には、丸形の郵便ポストを白く塗ったミニ犬吠埼灯台のようなポストが設置されています。このポストは「恋愛成就のポスト」とも「願いが叶うポスト」ともいわれています。

17:屛風ケ浦

屛風ケ浦には、10kmにもわたる高さ40~50mの断崖絶壁が広がっています。英仏海峡にあるドーバーの絶壁にたとえ、「東洋のドーバー」とも呼ばれています。

屛風ケ浦は、TVのCMやドラマなどでもよく使われている景色なので、一度自分の目で見ておいてはいかがでしょうか。崖下には遊歩道が整備されているので、散策を楽しめます。

出典:屏風ケ浦|銚子市観光協会
参照:https://www.choshikanko.com/kankoDB/%e5%b1%8f%e9%a2%a8%e3%82%b1%e6%b5%a6/

18:ヒゲタ醤油銚子工場

ヒゲタ醤油銚子工場では、工場見学を楽しめます。工場見学では、工程の見学をするだけでなく、VRスコープでバーチャル工場体験も可能です。「天地人」のフレスコ画鑑賞や、ヒゲタ史料館でしょうゆ造りの昔の道具類や容器も見せてもらえます。

ヒゲタ醤油のしょうゆやつゆなども販売しているので、工場見学のお土産として購入できます。少人数での工場見学は予約なしでも可能ですが、工場見学が可能か確認してから出かけましょう。

19:銚子漁港

銚子漁港では、卸売市場の見学をできます。団体でなければ予約は不要とされていますが、感染対策で見学を休止している時期もあるので、見学可能か確認してから出かけましょう。

銚子港では1年を通して旬の魚が水揚げされます。水揚げのある日は、卸売市場の見学だけでなく、銚子ポートタワーの展望室からも水揚げをみることができます。

20:房総フラワーライン

房総フラワーラインは、館山市から南房総市まで約46Kmにわたる海岸線の道路の呼称です。花を楽しみながらドライブできる快適な道路なので、特に春先のドライブにおすすめです。

1月から菜の花が咲き始め、夏はマリーゴールドで彩られます。遠くに富士山や伊豆大島が見える日もあり、サーファーたちが波間に見える場所もあります。食用菜の花の収穫体験ができる場所もあります。

21:道の駅ローズマリー公園

道の駅ローズマリー公園のインフォメーションショップは、シェイクスピアが晩年を過ごしたというイギリスの家を再現しています。

唯一残されていた17世紀の旅人のスケッチ画をもとに復元されました。シェイクスピアミニ展示室があり、シェイクスピアに関する展示がされています。道の駅である「はなまる市場」では、地元農家に育てられた野菜や花を購入できます。

22:大房岬自然公園

大房岬自然公園は、南房総国定公園の中にあります。ホテルやキャンプ場、展望台などがあり、自然とふれあうレジャーを楽しめます。

大房岬自然公園には、太平洋戦争まで要塞として使われていたという歴史があります。今でも要塞跡地が残されているので散策しながら見学できます。遊歩道が整備されているので、公園内の生き物を探しながら散策してみましょう。

23:岩井海岸

岩井海岸では、地引網と海鮮バーベキューを楽しめます。予約が必要で、朝7時台の開催に合わせて早朝ドライブで参加してみるのもよいでしょう。鋸南富山ICから国道127号線5分程度で現地に到着します。早朝ドライブが難しければ、周辺の民宿に前泊することも可能です。

ハイキングコースも整備されているので、モデルコースを参考に、ハイキングを楽しむこともできます。

24:沖ノ島海水浴場

沖ノ島は館山湾にある陸続きの島で、夏になると海水浴場で海水浴を楽しめます。沖ノ島では海水浴を楽しめるだけでなく、さまざまな種類のサンゴを観察したり、もとは海の中にあった地層を観察したりすることもできます。

沖ノ島には洞穴も多数あります。この洞穴は自然のものではなく、戦争遺構です。入れる洞穴はほとんどないので、外からの観光に留めましょう。

25:鹿野山九十九谷展望公園

鹿野山九十九谷展望公園は、房総三山のひとつである鹿野山にある展望公園です。鹿野山九十九谷展望公園からは、上総丘陵が幾重にも連なる姿を臨めます。この景観が九十九谷と称されています。

日の出の直後や、日の入りの直前に幻想的な景色が眺められ、四季それぞれ異なる景観を楽しめます。ドライブでは、君津ICから25分程度で到着します。日の出や日の入りの時間帯を目指してみましょう。

26:鋸山ロープウェー

鋸山ロープウェーは、鋸山へ登るためのロープウェーで、動く展望台ともいわれています。鋸山からは富士山を見ることもできます。

元旦は早朝営業しているので、房総丘陵から登る美しい初日の出を見ることができます。鋸山には日本一の大仏や千五百羅漢、百尺観音、地獄覗きなどのある日本寺があります。鋸山ロープウェーで日本寺に行き、散策も楽しめます。

出典:日本寺|鋸山ロープウェー株式会社
参照:http://www.mt-nokogiri.co.jp/pc/p020000.php

27:マザー牧場

マザー牧場では、動物とのふれあいや花畑など、自然を楽しむことができます。バンジージャンプやジップラインなど自然の中で楽しめるアトラクションもあるので、ファミリーやアクティブなデートにも向いています。

牧場では、カフェメニューのほか、ジンギスカンを食べられます。牧場ならではのジンギスカンを目当てに行ってみるのもおすすめです。牧場ならではのミルクラーメンやソフトクリームなども充実しています。

ドライブ中に楽しめる千葉の日帰り温泉5選

千葉までのドライブの途中では、日帰り温泉を楽しめる場所もたくさんあります。ゆったりと過ごしたい場合は、宿泊して、温泉だけでなく料理を楽しむこともできます。

ここでは、千葉へのドライブで楽しめる日帰り温泉を5ヶ所紹介します。多くの温泉で、東京湾や太平洋の眺望を楽しむことができます。

1:木更津温泉 龍宮城スパ・ホテル三日月 龍宮亭


ロビーでは龍と鳳凰がお出迎え

ホテル三日月龍宮亭は、木更津にあるホテルで、海越しに富士山を臨むことができます。多彩なスパ施設が設けられているスパ棟には男女別の展望温泉があり、太平洋を見ながら温泉を楽しむこともできます。

野外プールでは、毎日音楽噴水「ダンシングウォーター」が開催されています。

2:犬吠埼潮の湯温泉 犬吠埼観光ホテル


絶景自慢の天然露天風呂

海を一望できる天然露天風呂のお宿で、絶景の温泉は日帰りでも楽しめます。お部屋と温泉からだけでなく、館内のいたるところからオーシャンビューを臨め、目だけでなく耳からも海音に安らぐことができます。

お料理も、銚子らしい海の幸や地元ブランドの牛肉も楽しめます。

3:白子温泉 白子ニューシーサイドホテル


展望露天風呂と海の幸たっぷりの食事が自慢のホテル

専用のテニスコートやグラウンドゴルフ場、多目的グラウンドなどの施設が完備されているホテルです。近くにほかのスポーツ施設もあるので、レジャーや合宿にも向いています。

また、和室の宴会場であっても、テーブルと椅子も利用可能です。膝が痛くて、立ったり座ったりするのが大変だという方がいても、宴会を楽しめます。

4:犬吠埼温泉 ぎょうけい館


数多くの文人・画家に愛された老舗宿

美しい海の景色に面したオーシャンビューのお部屋を楽しめ、銚子港で水揚げされる美味しい海の幸を堪能できます。

大浴場の温泉からは、雄大な太平洋を一望でき、自然に抱かれているような気分になれるでしょう。時間を忘れて、自然を楽しむのにもってこいのお宿です。

5:潮の香の湯宿 浜紫


松青く 海紫に ま白きは 梅にかあらむ わか庵の窓

季節民宿からスタートしたお宿で、岡田茂吉氏の歌そのものの景色を客室から見られます。お宿に到着してまず感じるのが、お宿の名前にもある「潮の香」です。

温泉は、ナトリウム塩化物強塩泉で、やけどや切り傷、皮膚病、筋肉痛などに効きます。電車なら茂原駅が最寄り駅となり、お宿までは車で15分かかります。車の場合は、九十九里有料道路を使えます。

オリジナルのコースを作って千葉ドライブを楽しもう!

千葉にはレジャー施設や観光スポット、温泉が多いので、自分オリジナルのドライブルートを考えて楽しめます。所要時間を考え、心と身体を癒せる場所を盛り込みながら、リフレッシュできるコースを考えてみましょう。

家族ドライブでも、デートでも、それぞれにあったドライブコースが必ず見つかるはずです。房総ドライブを楽しみましょう。