車のローンが残っていても高く売却できる2つの方法をご紹介!

車を売却したときに、今までに払った税金って戻ってくるの?

車のローンが残っていても売却は可能なのか知りたい人も多いのではないでしょうか?
また、車を売却できない場合の対処法や名義がディーラーやローン会社の車を売却する際の注意点などを詳しくご紹介していきますので、是非参考にして見てください。

Chapter
そもそも車のローンが残っている状態でも売却は可能?
ローンが残っている車を売却する方法2つ
名義がディーラーやローン会社の車を売却する際の注意点3つ
車のローンが残って売却できない場合の対処法2つ
ローンが残っている車を高額で売却するポイント3つ
ローンが残っている場合の車の売却方法を知ろう

そもそも車のローンが残っている状態でも売却は可能?

車のローンが残っていたら車を売れないのではないかと心配になられる方も多いのではないでしょうか。基本的には、車のローンが残っていても売却は可能です。
また、高値で車を売却することで残っているローンを最小限にすることもできます。今回は車のローンが残っていても売却できる方法と、高値で売却するためのポイントをご紹介していきます。

まずは所有者が誰になっているかを確認しよう

車を売却するにあたって、誰が所有者として登録されているかの確認が必要です。名義人として誰が登録されているかは、自動車検査証の「所有者」の欄で確認できます。所有者と使用者が異なっている場合、手続きも異なってくるのでしっかりとチェックしましょう。

ローンが残っている車を売却する方法2つ

ローンが残っている車を売却する方法として、「名義が本人または家族になっている場合」「名義がディーラーやローン会社になっている場合」で分けられます。 所有権を誰が持っているかによって手続きは変わるため注意が必要です。

名義が本人または家族になっている場合

名義が本人になっている場合は特に特別な手続きなどは必要ありません。車の買取店もしくはディーラーなどに相談することで車売却の手続きをすることが可能です。

また、家族名義だった場合には、名義になっている人の委任状と印鑑証明が必要となります。

名義がディーラーやローン会社になっている場合

車のローンを組んでいる場合の多くは、名義人が自分になっていません。 自動車検査証の所有者の欄にがディーラーやローン会社が記載されている場合は、売却前に名義変更が必要です。

この名義変更を行うためには必要な書類がいくつかあり、手続きも複雑になります。 また、ローンを完済しなければ車を売却できません。

名義がディーラーやローン会社の車を売却する際の注意点3つ

1. ローン会社やディーラーの所有権留保を解除する

まず、所有権を移す前に車のローンを完済しなければ、所有権を自分に名義変更することができません。 ただし、車の売却金額を使って残りのローンを支払うことも可能です。
ローン完済のためにもできるだけ高く売却するように心がけましょう!

2. 車の売却額がローン残債を上回る

車を売却した額がローン残債よりも高かった場合は、受け取った代金でそのままローンの返済に充てることができます。 車のローンを完済すると名義変更が可能になるため、必要な手続きを行い、車を渡せば売却は完了することができます。

また、この一連の流れは買取業者で行うため、複雑な手続きは必要ありません。

3. 車の売却額よりローン金額のほうが多い

車の売却金額がローン金額よりも低かった場合は、売却金額全てをローンの返済に充てなければなりません。

残ったローンは現金で支払うか、もし支払えない場合は新たにローンの組み直しをする必要があります。新たにローンを組む場合は、返済の計画をしっかりと立てましょう。

車のローンが残って売却できない場合の対処法2つ

車のローンの残債が残って名義がディーラーなどになっている場合は、基本的には車を売却することはできません。しかし「中古車買い替えローン」や「ディーラーのローン借り換え」などを利用して売却することも可能です。それぞれの仕組みについてご紹介します。

中古車買い替えローン

中古車販売をしているお店では、ローン返済サービスを行なっているところもあります。 今まで乗っていた車のローンと新しく購入する中古車のローンを一本化することが可能です。 ローンを一本化することで返済手続きは簡潔になります。

ディーラーのローン借り換え

新車に買い替える場合、ディーラーによってはローンを借り換えすることが可能です。 ただし、実質的には以前の車のローンと新しく新車のローンが合算になりローンの金額は高くなるためしっかりと返済の見込みを立てることが重要です。

ローンが残っている車を高額で売却するポイント3つ

ローン完済のためにはできるだけ高く車を売却することが重要です。売却前に実践できる3つの方法を紹介します!

1. 車を売却する時期を見極める

高額で売却するポイントの1つ目は車を手放す売却時期です。 中古車買取業界の決算時期である、1~3月もしくは9~10月は比較的高額で車を買い取ってくれる可能性があります。

また、メーカーがフルモデルチェンジを発表すると多くの場合で買取金額が下がる傾向にあるため、モデルチェンジ前に売却する方が得策です。すぐ売りたいという人も時期を見て車を売却した方が良いでしょう。

2. 出来るだけ車を綺麗に見せる

外装や内装を綺麗にしておくことで、比較的高く査定してもらえる場合があります。 外装の清掃などはガソリンスタンドで洗車し、内装に関してはごみや汚れを落としておくようにしましょう。

ただし、外装などに傷があった場合に無理に直そうとすると傷が悪化する可能性があります。修理費用以上に買取金額が高くなるケースは少ないため、そのままの状態で査定へ出す方が良いでしょう。

3. 一括査定を利用する

買取店によって強化している車種やメーカーは違うもの。一社だけに査定依頼すると、実は相場以下の値段で買い叩かれていた…ということもあり得ます。
そのため、できるだけ高く売却するためには、近くにある複数の買取店へ相見積もりをとることが重要です。

買取価格を比較して一番高いところへ売却し、できるだけローンの返済へ充てられるようにしましょう!

ローンが残っている場合の車の売却方法を知ろう

ローンが残っていても車を売却することは可能です。 まずは車の所有者の名義を確認し、本人であれば難しい手続きは必要はあれません。ですが、車の所有者の名義が、ディーラーなどになっている場合は簡単に車を売却することは難しくなってきます。
また、比較的高額で車を売却してもらう為にも車を日頃から綺麗にしておき、ネットなどの一括査定を利用するようにしましょう。