CタイプとGグレードとの違いは!?|N-WGN(Nワゴン)のグレード

Nワゴン0007

ホンダから発売中のハイト系ワゴンのN-WGN(Nワゴン)から
2015年7月10日に特別仕様車が発売されるようですね。

今回発売されるのは、カスタムのG Lパッケージをベースにした
モデルの”SSクールパッケージ”

また、この特別仕様車が発売されるのと同じタイミングで、
標準車に新グレードが登場します。

今回N-WGN(Nワゴン)に新たに設定されたグレードは、”Cタイプ”
この”Cタイプ”にベースになっているは、廉価グレードの
N-WGN(Nワゴン)のGグレード。

このN-WGN(Nワゴン)の”Cタイプ”とGグレードの違いについて、紹介します。

※2015年7月10日の記事です。

違い② 機能が劣る

今回新設定されるN-WGN(Nワゴン)のCタイプは、Gグレードよりも価格が
安くなっている分、機能面で多少劣ります。

Gグレードのみに装備されていて、
“Cタイプ”に装備されない主な機能は、次の3つ。

・プッシュスタートエンジン
・スマートエントリー
・チルトステアリング

今まで発売されていたN-WGN(Nワゴン)の全グレードは、
このようなプッシュスタートエンジンが採用されていました。

このプッシュスタートエンジンは、N-WGN(Nワゴン)のハンドルの左側、
シフトレバーの近くにありました。

しかし、プッシュスタートエンジンの装備がなくなるという事で
このインパネの中央部のデザインも多少変更されそうですね。

また、N-WGN(Nワゴン)では、ドアノブについているボタンを押すだけで
ロックが解除されるスマートエントリーをすべてのグレードに
標準装備されていました。

しかし、スマートエントリーが装備されていないという事で、
ドアノブにキーを差し込む穴がつくそうです。

エクステリア・外装の見た目も多少かわりそうですね。

また、N-WGN(Nワゴン)では、このようなスイッチ操作をする
電子式のキーが採用されていましたが、鍵のデザインも変更されるようです。

違い③ ボディーカラーは3色のみ

“Cタイプ”のベースとなっているGグレードでは、
カラーバリエーションは、7種類用意されています。

しかし、”Cタイプ”で選択できるカラーは次の3色のみ

・スマートブラック
・カトラシーシルバーメタリック
・プレミアムホワイトパールⅡ

カラーバリエーションが3色からしか選べないのは、ちょっと残念ですよね。

ちなみに、N-WGN(Nワゴン)のGグレードで選択できて、
“Cタイプ”では選べないカラーは、このようになっています。

・クッキークリーム
・プレミアムピンクパール
・プレミアムディープモカパール
・プレミアムブルームーンパール

廉価モデルなので、仕方ないかもしれませんが、
個人的にはカラーバリエーションが少ないのは、欠点だと思いました。

<次のページに続く>
次ページ
燃費はどのくらい?

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ