Nボックス スラッシュのシートアレンジはどう?【実車で検証】

Nボックススラッシュ画像00004

ファッショナブルなデザインと音楽性で若い人を中心に人気の
ホンダのNボックス スラッシュ(N-BOX SLASH)。

今回新発売されたNボックス スラッシュは、ベースとなっているN-BOXの
天井を低くしたチョップドルーフモデルですが、居住性はまずまず。
実際に座ってみると、予想以上に背が高く頭上空間に余裕があるのが好印象でした。

また、このクルマを試乗してみて良いと思ったのは、後部座席の
シートアレンジの豊富さ。使用するシチュエーションなどによって
様々なシートアレンジを楽しめるのが、とても良いと思いました。

そんなNボックス スラッシュ(N-BOX SLASH)ですが、どのような
シートアレンジがあるのか実際のクルマで紹介したいと思います。

※2016年7月12日の記事です。

Chapter
Nボックス スラッシュのシートアレンジ画像レビュー
その1:左右独立前後スライド機能
その2:チップアップ機能(トールモード)
その3:フルフラットモード/リフレッシュモード

Nボックス スラッシュのシートアレンジ画像レビュー

今回新発売されたNボックス スラッシュ(N-BOX SLASH)の後部座席は、
このようなデザインになっております。

そして、シートの中央にはこのようにアームレストも・・・。

普通乗用車ではシート中央にアームレストを装備しているクルマも
多いですが、軽自動車では珍しいですよね。

このように後部座席の居住性や快適性もしっかりと考慮されている事も
Nボックス スラッシュ(N-BOX SLASH)の魅力の一つだと思いました。

そんなNボックス スラッシュ(N-BOX SLASH)の後部座席ですが、
次のようなシートアレンジが用意されていました。

その1:左右独立前後スライド機能

今回新発売されたNボックス スラッシュ(N-BOX SLASH)の後部座席では、
左右独立式の前後スライド機能が装備されています。

このクルマの後部座席は、中央分割方式。
実際にこのクルマの後部座席の片側だけを前にスライドすると、このような感じ。

スライド幅も十分ですよね。

特にNボックス スラッシュ(N-BOX SLASH)の後部座席を一番後ろに
スライドした時の足元空間の広さは特筆もの。

脚を前に投げ出して座れる感じは大満足でした。

後部座席をリクライニングできる軽自動車は多いですが、
このクルマのように広くて快適な足元空間があるクルマは少ないように感じました。

<次のページに続く>
次ページ
その2:チップアップ機能(トールモード)

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ