ホンダN-BOXのインパネ画像レビュー【マイチェンで機能充実!?】

N-BOX0002

ホンダから発売中の人気スーパーハイト系ワゴンのN-BOX(Nボックス)が
マイナーチェンジをしましたね。

今回のマイナーチェンジでは大幅な変更は無く、主な変更点は
2色の新色の追加とN-BOX(Nボックス)に使用されている窓ガラス全面に
スーパーUVカットガラスを使用したのみ。

エクステリア・インテリアの機能・装備の変更は特に無く、
個人的には少し残念でした。

しかし、今回改めてホンダN-BOX(Nボックス)カスタムの内装・インテリアを
見たのですが、質の高さに驚かされました。

また、マイナーチェンジでナビ装着用スペシャルパッケージが
標準装備されるなど、機能面ではさらに充実した印象を持ちました。

そんなN-BOX(Nボックス)のインパネ・内装について紹介したいと思います。
※今回紹介するグレードは、GターボLパッケージとなっております。

※2015年12月7日の記事です。

ETC車載機

また、マイナーチェンジをしたN-BOX(Nボックス)では、ETC車載機も
標準装備となりました。

マイナーチェンジの変更点としては地味ですが、普通に購入すると数万円する
装備が無料で装備されると嬉しいですよね。

そして、標準装備される事になったN-BOX(Nボックス)のETC車載機は、
インパネ中央部の下部に装備されていました。

また、ETC車載機の横には、シガーソケットが用意されていました。

個人的にはシガーソケットは、もう少し高い位置の方が使い勝手は
良いのかなと思いました。

助手席側のインパネ

ホンダN-BOX(Nボックス)の助手席側のインパネは、このようになっています。

基本的に助手席側の機能・装備はシンプル。
収納スペースもグローブボックスとオープントレイのみ。

インパネアッパーボックスなどを装備している競合車のスズキ スペーシアと
比べると、シンプルなデザインになっているなと感じました。

ただ、キラキラとしたブラックパネルを使用した助手席側のインパネの
デザインは、オシャレだと思いました。

今回マイナーチェンジをして新発売されたホンダN-BOX(Nボックス)カスタムの
インパネは変更点は無いものの、オシャレなデザインになっていました。

また、長距離運転に助かるクルーズコントロールや山道運転の時に便利な
パドルシフトが標準装備されているのは、好印象でした。

また、プラズマクラスターなど室内を快適に過せる機能も充実しているのも
見逃せないポイントなのかなと思いました。

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ