パッソとブーンの外装に違いはある?画像で違いを確認してみた

トヨタから新型パッソ(PASSO)がフルモデルチェンジをして、
新発売されましたね。

しかし、今回新発売された新型パッソ(PASSO)はダイハツから提供されたOEM車。
ダイハツでは新型ブーンとして発売されています。

このトヨタの新型パッソ(PASSO)とダイハツのブーン(Boon)では、
外装・エクステリアに違いがあるのか気になりますよね。

そこで今回フルモデルチェンジをして新発売された新型パッソ(PASSO)と
ダイハツのブーン(BOON)の外装・エクステイアのデザインを
比較してみました。

※2016年5月22日の記事です。

Chapter
新型パッソとブーン 外装を画像で比較
パッソとブーンの違い1:エンブレム
パッソとブーンの違い2:ホイールのデザイン

新型パッソとブーン 外装を画像で比較

今回新発売されたトヨタの新型パッソ(PASSO)の外装・エクステリアは、
このようなデザインになっています。

■正面から

■横から

■後ろから

一方、ダイハツから発売されたコンパクトカーブーン(BOON)の
外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。

■正面から

■横から

■後ろから

このように見比べると、見た目はソックリですよね。

実際にディーラーさんにも新型パッソ(PASSO)とブーン(BOON)では、
外装・エクステリアに違いはあるのか確認したのですが、やはり大きな違いは無いようです。

ディーラーさんに教えて貰った新型パッソとブーンの
唯一の違いは、この2つのみのようです。

パッソとブーンの違い1:エンブレム

今回新発売された新型パッソ(PASSO)とブーン(BOON)の
違いの一つが、エンブレム。

当然の事ながら、トヨタから発売された新型パッソ(PASSO)では
トヨタエンブレムをフロントグリルに装備。

一方、ブーン(BOON)ではこのようにダイハツのエンブレムを装備。

エンブレムが異なるだけで、なんとなくクルマ全体の雰囲気が
変わったように感じるから面白いですよね。

また、この2台のクルマではリアのエンブレムのデザインも異なります。

トヨタから発売された新型パッソ(PASSO)は、このようなエンブレムを採用。

一方、ダイハツから発売されているブーン(BOON)では、
このようなエンブレムを採用。

ちなみに、新型パッソ(PASSO)では上級モデルの名称はモーダですが、
ブーン(BOON)の上級モデルはCILQ(シルク)と言う名称のようですよ。

個人的にはモーダの方が語呂が良いように感じました。

パッソとブーンの違い2:ホイールのデザイン

また、新型パッソ(PASSO)とブーン(BOON)の違いの一つがホイールのデザイン。

■新型パッソ モーダGパッケージのアルミホイール

■新型ブーン シルクGパッケージのアルミホイール

このように2台のクルマのアルミホイールを見比べても、
ホイールのデザインは、一緒のように思いますよね。

どうやらこの2台のモデルでは、ホイールのデザインもまったく一緒。
唯一違うのは、ホイールの中央にあるセンターオーナメントのデザイン。

新型パッソ(PASSO)ではフロントマスクと同様にトヨタエンブレムに
なっているのに対し、ブーン(BOON)ではこのようにダイハツのエンブレムの採用。

このオーナメント部分がタイヤ&ホイールで唯一異なる部分でした。
個人的にはホイールのデザインを変更しても良かったのかなと思いました。

ちなみに、この2台のクルマに装備されているタイヤメーカー&ブランドも共通。
ともにダンロップの低燃費タイヤ”エナセーブ(ENASAVE)”で全く同じでした。

今回新発売されたトヨタの新型パッソとダイハツのブーンの
外装・エクステリアのデザインを比較したところ、大きな違いはありませんでした。
私が実際にこの2台のモデルを見た気付いた違いは、エンブレムのみ。

個人的には外装・エクステリアのデザインを変えるなどもう少し異なる
デザインのクルマにして貰いたかったです。

ちなみに新型パッソとブーンでは、トヨタから発売されている
新型パッソ(PASSO)の方が売れ行きは良いようですよ。

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ