リクライニング機能は装備されている?パッソの後部座席を確認

新型パッソ画像0410

トヨタ最小コンパクトカー新型パッソがフルモデルチェンジをして
2016年4月に新発売されましたね。

今回新発売された新型パッソ(PASSO)の魅力の一つは、後部座席の広さ。
私も先日このクルマを試乗した時に後部座席にも座らせて貰ったのですが、
コンパクトカーとは思えない足元空間があり、ちょっと感動しました。

そんな新型パッソ(PASSO)の後部座席ですが、気になるのは
リクライニング機能やスライド機能が装備されているのか?と言う事ですよね。

そこで、先日この新型モデルを試乗した時に後部座席の機能について、
徹底的に確認をしてきました。

※2016年6月13日の記事です。

新型パッソの後部座席 リクライニングできない欠点は?

このように背もたれの角度が調節されていて座り心地が良くなっている
新型パッソ(PASSO)の後部座席ですが、欠点・デメリットも・・・。

それは荷室・ラゲッジスペースの広さ。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型パッソ(PASSO)の
後部座席の背もたれが若干傾斜してるため、荷室・ラゲッジスペースが
若干狭くなっています。

このように見るとわかると思いますが、背もたれが後ろに傾いているため
荷室上部の奥行きは、フロア部分に比べて狭くなっていますよね。

そのため背の高い荷物を積みたい場合は、この背もたれが邪魔になる可能性も・・・。

座り心地は良かった新型パッソ(PASSO)の後部座席ですが、荷室・
ラゲッジスペースの使い勝手を考えると、リクライニングできない事は
やはり欠点・デメリットなのかなと思いました。

このように今回フルモデルチェンジをして新発売された新型パッソ(PASSO)の
後部座席には、リクライニング機能が装備されていませんでした。

ちなみに、競合車・ライバル車といわれているスズキの小型SUVの
新型イグニスやダイハツのキャストには、後部座席のリクライニング機能が
装備されています。

座り心地の良さなどはまったく問題のない新型パッソの後部座席ですが、
リクライニング機能が装備されていない事は競合車・ライバル車よりも
見劣りしてしまう欠点・デメリットなのかなと思いました。

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ
商品詳細