ローブ/エクスプレイよりも燃費は良い?|コペン セロの情報

コペンセロ画像0002

2015年6月18日にダイハツのスポーツカー新型コペン(COPEN)の
第3弾セロ(CERO)がいよいよ発売されますね。

今回発売される新型コペン セロ(COPEN CERO)は初代モデルを
連想させるような丸型のヘッドライトを採用。

柔らかい雰囲気になってもうすでに発売されている
新型コペン ローブ(Robe)やエクスプレイ(XPLAY)とまた雰囲気が
異なりますよね。

そんな新型コペン セロ(COPEN CERO)ですが、発売に先駆けて
ディーラーさんに燃費を教えてもらいました。

※2020年10月8日の記事です。

競合車との燃費は?

新型コペン セロ(COPEN CERO)の競合車と言えば、ホンダから
発売されているスポーツカーのS660と、スズキの新型アルトターボRS

競合車のそれぞれのクルマのJC08モード燃費は、このようになっています。

■ホンダ S660の燃費
αグレード/βグレード
6MT車:21.2km/L
CVT車:24.2km/L

■スズキ 新型アルトターボRS
WD:25.6km/L
4WD:24.6km/L

やはり車体重量が670kg(2WD)と一番軽いスズキの新型アルトターボRSが
一番燃費が良いんですね。

そして、新型コペン セロ(COPEN CERO)の燃費はスズキの新型アルトターボRSに
及ばないものの、ホンダのS660よりかは良い燃費になっていました。

新型コペン セロ(COPEN CERO)の燃費は多少スズキの新型アルトターボRSに
及びませんが、キビキビと走るスポーツカーとしては、十分な燃費です。

競合車と比べても、新型コペン セロ(COPEN CERO)の燃費は十分な
レベルになっています。
せっかくスポーツカーを購入するなら、
燃費よりも走りの性能や見た目を重視して購入した方が良さそうですね^^

ちなみに、新型コペン セロ(COPEN CERO)の価格は、
ローブ(Robe)やエクスプレイ(XPLAY)よりも少し高くなっています。
この点に関しては、注意が必要そうです。

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ