ダイハツ キャストの内装レビュー1|アクティバのインパネはシンプル!?

キャストアクティバ画像0016

2015年9月9日に発売されたダイハツの新型キャスト(CAST)。

発売前から注目を集めていたキャスト(CAST)が、
遂に先日、発売されました。

私も発売日にこのクルマを見てきたのですが、思ったよりも良い感じ!

思ったよりも丸っこいデザインで、タフロードやオフロードよりも
街中を運転するのにピッタリのSUVタイプの軽自動車なのかなと思いました。

そんなキャスト アクティバ(CAST ACTIVA)の内装・インテリアの写真・画像を
撮りながら、スミズミまで確認してきたので、紹介したいと思います。

※2015年9月11日の記事です。

助手席側のインパネ

キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)の助手席側のインパネは、
このようなデザインになっています。

助手席側のインパネは、基本的にシンプルです。

そんなキャスト アクティバ(CAST ACTIVA)の助手席側のインパネの
機能や装備を紹介していきます。

オープントレイ

キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)では、助手席側のインパネには、
オープントレイを装備。

実は、キャスト(CAST)にオープントレイを装備しているのは、
3つのモデルの内、スポーツ(SPORT)とこのアクティバ(ACTIVA)のみ。

そして、キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)のオープントレイは、
このような感じになっていました。

キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)のオープントレイで少し驚いたのは、
思ったよりも深さがあるという事。

これならちょっと厚みのある長サイフや小さめの女性もののポーチでも
置いて置ける事が出来るのかなと思いました。

<次のページに続く>
次ページ
グローブボックス

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ