ダイハツ キャスト アクティバのカラーバリエーション

ダイハツから新型モデル”キャスト(CAST)”が2015年9月9日に発売されますが、
予約が開始されたこともあり、徐々に様々な情報が出回ってきましたね。

今回発売されるダイハツ キャスト(CAST)は、3つの異なるスタイルで発売予定と
なっていますが、その中で特に注目を集めているのが、SUV風のデザインに
なっているアクティバ(ACTIVA)。

先日、ダイハツ キャスト(CAST)の見積もりを貰いに行った時に、
このアクティバ(ACTIVA)のカラーバリエーションを聞いてきました。

※2020年9月29の記事です。

Chapter
キャスト アクティバのカラーバリエーション
アクティバ 単色(モノトーン)のカラーバリエーション
アクティバ 2トーンのカラーバリエーション

キャスト アクティバのカラーバリエーション

今回発売されるダイハツ キャスト(CAST)のアクティバ(ACTIVA)のカラーは、
競合車のハスラー(Huslter)をかなり意識しているカラーバリエーションに
なっているようです。

なので、もちろんカラーバリエーションは、
モノトーン(単色)だけではなく、2トーンカラーも用意。

キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)はモノトーンは6色、
そして、2トーンカラーは7色、合計13色のカラーバリエーションを用意。

また、今回のダイハツ キャスト(CAST)の発売にあわせて、初登場する新色も
用意しているようです。

そんなダイハツ キャスト(CAST)のアクティバのカラーバリエーション
を紹介していきます。

アクティバ 単色(モノトーン)のカラーバリエーション

ダイハツから発売されるキャスト アクティバ(ACTIVA)のモノトーンの
カラーバリエーションは、このようになっています。

・パールホワイトⅢ

・ブラックマイカメタリック

・ディープブルークリスタルマイカ

・ファイアークォーツレッドメタリック

・スプラッシュブルーメタリック

・トニコオレンジメタリック

今回発売されるキャスト アクティバ(CAST ACTIVA)のモノトーンカラーでの
新色は、スプラッシュブルーメタリック。

■スプラッシュブルーメタリック

水色系のカラーは、ハスラー(Huslter)にもありましたが、
ディーラーさんの話によると、 コチラのカラーの方が濃いカラーに
なっているようです。

また、ダイハツ キャスト(CAST)の競合車と比べると、
男っぽいワイルドなカラーが中心になっているようです。

ハスラー(Hustler)の雰囲気とどのくらい違うか楽しみですね。

アクティバ 2トーンのカラーバリエーション

一方、キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)の2トーンの
カラーバリエーションは、このようになっています。

・スプラッシュブルーメタリック

・トニコオレンジメタリック

・ディープブルークリスタルマイカ

・ブラックマイカメタリック

・ファイアークォーツレッドメタリック

・シャイニングレッド

・フレッシュグリーンメタリック

基本的にキャスト アクティバ(CAST ACTIVA)では、単色で用意されている
ホワイトパールⅢを除いてすべてのカラーで2トーンカラーの設定が
用意されています。

また、シャイニングレッドと新色のフレッシュグリーンメタリックのみ
2トーンカラーで選択する事が可能になっています。

なので、キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)でシャイニングレッドや
フレッシュグリーンメタリックは、モノトーンでは選択できないので
少し注意が必要かもしれませんね。

フレッシュグリーンメタリックは、せっかくの新色なので、
単色も用意しても良かったような気がするのですが・・・。

個人的には、この点は少し残念でした。

また、ツートンカラーで変更されるのは、ルーフのカラー。
ディーラーさんに話を聞いたところ、ルーフのカラーはホワイトと言うよりも
シルバーっぽいカラーになっているとの事・・。

また、ダイハツ キャスト(CAST)の競合車のハスラー(Huslter)の場合、
ルーフのカラーリングは塗装しています。

一方、アクティバ(ACTIVA)のルーフのカラーリングは、先日発売されたコペンでも
採用されている”Dラッピング”が採用されているみたいです。

この”Dラッピング”とは、ダイハツが独自に開発したラッピング技術で
シールのようなモノを実際に貼り付ける事でルーフの部分のカラーを
変更させるみたいです。

まだ実際にキャスト アクティバ(CAST ACTIVA)の2トーンカラーを見ていないので、
何とも言えませんが、もしかしたら、こちらのクルマの方がスタイリッシュなデザインに
なっているのかもしれませんね。

ちなみに、ディーラーさんの話によると、今回のキャスト アクティバは、
2トーンカラーのバリエーションの豊富さにこだわって、ハスラーを超える
カラーバリエーションを用意したようです。

カラーバリエーションが多いのは嬉しいですが、個人的には、
定番色のシルバーはカラーバリエーションに加えておいた方が
良かったのかなと思いました。

また、セダン風スタイルのキャスト スタイルの内装・インテリアの色は
異なるそうです。

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ