ダイハツ キャストの内装レビュー1|アクティバのインパネはシンプル!?

キャストアクティバ画像0016

2015年9月9日に発売されたダイハツの新型キャスト(CAST)。

発売前から注目を集めていたキャスト(CAST)が、
遂に先日、発売されました。

私も発売日にこのクルマを見てきたのですが、思ったよりも良い感じ!

思ったよりも丸っこいデザインで、タフロードやオフロードよりも
街中を運転するのにピッタリのSUVタイプの軽自動車なのかなと思いました。

そんなキャスト アクティバ(CAST ACTIVA)の内装・インテリアの写真・画像を
撮りながら、スミズミまで確認してきたので、紹介したいと思います。

※2015年9月11日の記事です。

シフトレバー&エアコンコントロールパネル

キャスト(CAST)では、インパネにシフトレバーが装備される
インパネ式のシフトレバーを採用。

このキャスト アクティバ(CAST ACTIVA)のシフトレバーのデザインは、
このようになっています。

ちょっと残念だったのは、このキャスト アクティバ(CAST ACTIVA)の
シフトレバーのグリップ部分がソフトパッドを採用している点。

また、このシフトレバーやエアコンのコントロールパネルが
装備されちれている部分がシルバー一色になっている事・・・。

このセンタークラスター部分はインパネの中央にあり、
特に目立つにもかかわらず、ちょっとシンプルすぎる感じが・・・。

個人的には、シフトレバー部分にピアノブラックパネルを用いるなど
もう少しデザインを工夫して貰いたかったです。

また、キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)のエアコンのコントローラに
関しては、レバーも大きく、また、液晶画面も大きく使いやすそうな
イメージがありました。

インパネ中央の送風口

キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)のインパネ中央にある送風口は、
このようなデザインになっています。

この送風口自体は、キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)と
同じタイミングで発売されたスタイル(STYLE)と全く一緒。

しかし、この送風口を囲っているシルバー調のガーニッシュは、
このキャスト アクティバ(CAST ACTIVA)オリジナル。

キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)では、逆にしたようなウィング(翼)状の
シルバーガーニッシュになっていました。

ワイルドなデザインが、SUVルックスのキャスト アクティバ(CAST ACTIVA)の
イメージに合っていて、良いと思いました。

<次のページに続く>
次ページ
助手席側のインパネ

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ