運転席まわりの収納力は標準的!?|ダイハツ キャストの内装レビュー2

キャストスタイル画像0058

ダイハツからハイト系ワゴンクラスのクルマ”キャスト(CAST)“が
デビューしましたね。

私も早速もうすでに発売されているアクティバ(ACTIVA)と
スタイル(STYLE)を見に行ってきました。

このダイハツ キャストのスタイル(STYLE)とアクティバ(ACTIVA)では、
エクステリアの雰囲気は全く違いましたが、内装のデザインは基本的に一緒。
(多少違いはありましたが・・・)

また、収納スペースの位置やデザインも基本的に同じでした。
ただ、ダイハツ キャスト(CAST)の収納スペースは思ったよりも多くないかも!?

そんなダイハツ キャスト(CAST)の収納スペースを運転席側・インパネ中央・
助手席側に分けて徹底的に紹介します。

ちなみに、このクルマは基本的に収納スペースの位置やデザインは
全く同じなので、基本的にはスタイル(STYLE)を使用して紹介していきます。

※2015年10月14日の記事です。

その2.助手席側の収納スペースは大きめ!?

オープントレイ/アッパーボックス

ダイハツ キャスト(CAST)のアクティバ(ACTIVA)とスタイル(STYLE)で
違うのが、助手側のダッシュボード上の収納スペース。

アクティバ(ACTIVA)では、このようにオープントレイを用意。

一方、ダイハツ キャストでは蓋(リッド付き)のアッパーボックスを装備。

実際にこの2つの収納スペースを確かめてみたのですが、
基本的に違うのは、デザインだけ。

奥行きや深さなどに大きな違いはありませんでした。

グローブボックス

また、ダイハツ キャスト(CAST)の助手席側のダッシュボード下部には
グローブボックスを装備。

大きさはそれ程大きいとは言えず・・・。
奥行きがイマイチでした。

個人的にはもう少し蓋(リッド)の部分を薄くして貰いたかったです。

シートアンダーボックス

また、ダイハツ キャスト(CAST)で一番工夫されているなと思った
収納スペースが、助手席側のシートの下に隠れているシートアンダーボックス。

少し開閉にスムーズさが無かったのが少し残念でしたが、
大きさなどは十分。

プラスチック素材で出来ているので汚れても大丈夫ですし、
運転用のクツなどを置いておくには、良いのかなと思いました。

今回発売された新型ダイハツ キャスト(CAST)の主な収納スペースは、
このようになっていました。

助手席側の下にあったシートアンダーボックスなど考えられている
収納スペースもありましたが、個人的には収納スペースの数も広さも
標準的だと思いました。

もう少しこれは便利そう!?と、テンションがあがる収納スペースを
用意して貰いたかったです。

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ