ダイハツ キャストのボディサイズ|アクティバとスタイルで違う!?

キャストスタイル画像0007

ダイハツから新モデル“キャスト(CAST)”が2015年9月に
発売されますね。

2015年8月20日から予約・見積もりが貰えるようなったので、
私も早速近所のディーラーに行って、キャスト(CAST)の見積もりを
貰ってきました。

また、ディーラーさんに行った時、キャスト(CAST)の販売マニュアルを
見せてもらい、また、色々なお話を聞いてきました。

そして、ディーラーさんに今度発売されるキャスト(CAST)の
サイズに関しても教えてもらいました。

※2020年9月19日の記事です。

Chapter
ダイハツ キャストのボディサイズ
アクティバ(ACTIVA)のボディサイズ
スタイル(Style)のボディサイズ

ダイハツ キャストのボディサイズ

今回、新発売されるキャスト(CAST)は、アクティバ(ACTIVA)・
スタイル(STYLE)・スポーツ(SPORT)の3つのモデルで発売されます。

そして、SUVスタイルになっているアクティバ(ACTIVA)と
オシャレなセダン風なデザインになっているスタイル(STYLE)では、
ボディサイズが異なります。

アクティバ(ACTIVA)のボディサイズ

軽SUV風のデザインになっているキャスト(CAST)のアクティバ(ACTIVA)の
ボディサイズは、このようになっています。

■アクティバのボディサイズ
全長:3,395mm
全幅:1,475mm
全高:1,630mm

アクティバ(ACTIVA)は、今回発売されるキャスト(CAST)の3つの
モデルの中で一番背の高いクルマ。

ただ、それでもキャストの全高は、競合車のハスラー(Hustler)よりも
背が低くなっているようです。

ちなみに、キャスト(CAST)のアクティバ(ACTIVA)の競合車でもある
スズキの軽SUVハスラー(Hustler)のサイズは、このようになっています。

■ハスラーのボディサイズ
全長:3,395mm
全幅:1,475mm
全高:1,665mm

全長・全幅はともに軽自動車の制限イッパイで同じですが、
全高は、キャスト(CAST)の方が35mm程高くなっていました。

しかし、キャスト(CAST)とハスラー(Hustler)の室内高を比べると、
ハスラー(Hustler)の方が5mm程度高いだけになっているようです。

なので、室内の広さは、キャスト(CAST)のアクティバ(ACTIVA)と
ハスラー(Huslter)でそれ程違いが無さそうです。

また、全幅に関しては、ハスラー(Hustler)よりもキャスト(Cast)の方が、
広くなっているみたいです。

このアクティバ(ACTIVA)のボディサイズにも、注目ですね。

<次のページに続く>
次ページ
スタイル(Style)のボディサイズ

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ