シートがオシャレ|ダイハツ キャストスポーツの内装レビュー2

ダイハツのキャストから最後の一つのモデルスポーツ(SPORT)が
2015年10月29日に新発売されましたね。

正面からの見た目・エクステリアは、一番ベーシックなキャスト スタイルに
似ているなと思ったのですが、横からのデザインは大径タイヤが目立つ
スポーティーなデザインに。

そんなキャスト スポーツ(CAST SPORT)ですが、内装・インテリアもMOMO製の
シフトレバーが採用されるなど、スポーティーさを強調。

また、シートもキャスト アクティバ(ACTIVA)やスタイル(STYLE)などと
異なり、オシャレなデザインになっていました。

そんなキャスト スポーツ(CAST SPORT)のシートを紹介します。

※2015年11月2日の記事です。

Chapter
キャストスポーツのシート:フロントシート編
アームレストのデザインはどう?
キャストスポーツのシート:リアシート編
シートアレンジはどう?

キャストスポーツのシート:フロントシート編

今回新発売されたキャスト スポーツ(CAST SPORT)のフロントシートは、
このようになっています。

ブラックが基調のシートになっており、かなり落ち着いた感じの
室内になっていました。

また、キャスト スポーツ(CAST SPORT)がアクティバやスタイルと
異なっているところは、シートの素材。

アクティバやスタイルの標準装備のシートは、このようにファブリック
素材のシートを採用。

一方、今回発売されたキャスト スポーツは、ファブリック×レザーの
コンビシートを採用。

この画像を見ると一見するとすべてレザーを採用しているように見えますが、
お尻や背中が触れる部分は、ファブリック素材を使用。

アクティバに使用されているようなデコボコとしたデザインに
なっていたのですが、座り心地・肌触りは良かったです。

そして、シートのサイドの部分はレザー調のデザインになっていました。

また、シートの縁には赤いステッチが採用されており、アクティバや
スタイルよりもオシャレ&スタイルッシュなデザインになっているように
感じました。

実際に見た感じではアクティバやスタイルよりもシートに高級感があり、
個人的には好印象でした。

アームレストのデザインはどう?

また、ソファーシートになっているキャスト スポーツ(CAST SPORT)の
運転席と助手席の間には、他のモデルと同様にアームレストを装備。

このキャスト スポーツ(CAST SPORT)のアームレストはこのような
デザインになっています。

このスポーツ(SPORT)のシートデザインにマッチしたレザー調の素材を採用。

そして、このキャスト スポーツ(CAST SPORT)のアームレストを開けると、
このようになっていました。

アームレストの中身の収納スペースの広さなどは全く違いがありませんでした。

アームレスト収納ボックスが意外と広いので、仕切りがあっても良いのかなと
思ったのですが、他のモデルと同様に使い勝手は良さそうでした。

キャストスポーツのシート:リアシート編

一方、キャスト スポーツ(CAST SPORT)の後部座席・リアシートのデザインは、
このようになっています。

シートの素材は、フロントシートと同様にファブリック×レザーの
コンビシートを採用。

ちなみに、こちらがアクティバ・スタイルの後部座席のシートの様子。

やはりレザーを使用しているだけあって、見た目に高級感・上質感があり、
良いですよね。

個人的にはこのキャスト スポーツ(CAST SPORT)のシートデザインは、
良いと思いました。

ただ、このクルマの後部座席・リアシートは座面がフラットなので、
座り心地はちょっとイマイチ・・・。

もう少しお尻が沈み込むようなシートデザインの方が個人的にはよかったです。

シートアレンジはどう?

また、キャスト スポーツ(CAST SPORT)の後部座席のスライド幅など
シートアレンジを確認したところ、他のモデルとまったく一緒。

こちらがこのモデルの後部座席を一番前にした時の様子。

そして、こちらがこのクルマの後部座席一番後ろにした時の様子。

スライド幅が240mmと大きく後部座席の位置を気軽に調整できるのは、
好印象でした。

今回キャスト スポーツの内装・シートをしっかりと確認したのですが、
アクティバ・スタイルと比べて高級感があるレザーを使用しているのが
好印象でした。

シートの座り心地・デザインを含めて、キャストの3つのモデルの中で一番よいと思いました。

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ