ハスラーJスタイル2の外装レビュー1|フロントグリルが違う?

ハスラー画像0089

スズキから発売されている軽SUVのハスラー(Hustler)の特別仕様車
Jスタイル2(J-STYLE2)が東京モーターショー2015で出展されていましたね。

今回参考出展と言う形になっていたこのモデルですが、
スズキのスタッフに話を聞くと発売する事がほぼ決定しているようです。

そんなハスラー特別仕様車Jスタイル2(Hustler J-Style2)ですが、
外装・エクステリアを見て驚いたのですが、今までのデザインと違う部分が・・・。

東京モーターショー2015に行った際に撮った写真・画像を使用して
この新型モデルのエクステリアレビューを徹底的にしてみたいと思います。

ちなみに、今回レビューするのは東京モーターショー2015に出展されていたモデルです。
一般発売されるハスラー(Hustler)の特別仕様車と装備や機能・デザインが、
違うことがあるので、予めご了承ください。

※2015年11月6日の記事です。

サイドミラーもブラックに・・・

また、ハスラーのJスタイル2(J-STYLE2)で注目なのはサイドミラーのデザイン。

今まで発売されていた特別仕様車はルーフがホワイトだったため
サイドミラーのカラーもこのようにホワイトになっていました。

しかし、今回新発売される特別仕様車Jスタイル2(J-STYLE2)の
ルーフは、ブラックカラー。

なので、サイドミラーもブラックになっていました。
この点も今回用意されたJスタイル2の特徴の一つなのかなと思いました。

ちなみに、前回発売された特別仕様車同様にサイドミラーの下に
“J-STYLE”の特別ロゴも装備されていました。

ただ、このロゴに”2”の文字は無く・・・・。
個人的には”J-STYLE2”と入ったロゴが良かったです。

ハスラー Jスタイル2:後ろからの様子

ハスラー特別仕様車Jスタイル2(Hustler J-Style2)を後ろから
見るとこのような感じ。

そして、ラゲッジゲートをあけるとこのような感じ。

相変らず開口部も広くて、使い勝手は良さそうです。
また、濡れや汚れに強いプラスチック素材を使用している点も
他のモデルと同じでした。

ただ、今回出展されていたJスタイル2(J-STYLE2)の後ろからの
デザインは、今までのモデルと大きな違いはありませんでした。

唯一前回発売された特別仕様車との違いは、ガーニッシュのカラー。

Jスタイル(J-STYLE)では、このようにホワイトカラーのガーニッシュを
装備していたのに対し、今回出展されていたモデルではシルバーになっていました。

この点以外大きな違いに気が付きませんでした。

このように今回東京モーターショー2015で出展されていたハスラーの
Jスタイル2(J-STYLE2)は、今までのモデルのデザインと大きな違いがありました。

個人的には新型モデルのエクステリアの方がワイルドさがあって良かったです。

ちなみに、スズキのスタッフの話によるとほぼこのままのデザインで
発売される流れになっているみたいです。

ちょっと楽しみですよね。

ターボ車にSエネチャージが付くそうですし、もしこれからこのクルマの購入を
検討している方は、発売日もそれ程遠くないので少し待っても良いかもしれませんね。

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ