ソリオ バンディットの外装画像【ハイブリッドの見た目を徹底レビュー】

新型ソリオ0008

2016年11月、スズキの人気トールワゴンソリオ(SOLIO)から
ストロングハイブリッド車が遂に発売されましたね。

当初は2015年12月にストロングハイブリッド車を発売する予定だったので、
本当にようやくと言った感じですよね。

先日、今回新発売されたソリオ バンディットのハイブリッド車を見せて
貰ったのですが、基本的なデザインはもうすでに発売されているマイルド
ハイブリッド車と一緒。

ただ、エンブレムのデザインなど細かい部分で違いがありました。

そんなソリオ バンディット(SOLIO BANDIT)の外装・エクステリアを
見せて貰ったので、詳しく紹介していきたいと思います。

※2016年12月18日の記事です。

注目はブルーメッキを採用したフロントグリル

このようなデザインをしているバンディットのフロントマスクですが、
注目なのは、フロントグリルのデザイン。

先ほども申し上げた通りマイルドハイブリッド車の”ハイブリッドMV”の
外装・エクステリアと大きな違いはありませんが、フロントマスクで唯一
異なるのが、フロントグリル部分。

今回新発売されたソリオ バンディット(SOLIO BANDIT)のストロングハイブリッド車では、
ブルーのカラーをしたメッキを採用。

よ~く見ないと違いに気づかない部分ですが、ハイブリッド車らしいブルーの
デザインをフロントグリルのメッキ部分に採用しているのは、なかなか良いと思いました。

ソリオバンディット(ストロングハイブリッド車)の外装:横から

今回新登場したソリオ バンディット(SOLIO BANDIT)を横から見ると、このような感じ。

また、スライドドアを開けると、このような感じ。

ミニバンと比較すると若干ドア開口部の狭さを感じますが、ステップ高も低く
乗り降りがしやすいデザインになっているのは、好印象でした。

<次のページに続く>
次ページ
ハイブリッドSVでも両側電動スライドドアはオプション設定

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ