見やすいのはどっち?クロスビーとハスラーのメーター比較

xbee-0001

2017年12月、スズキの人気軽自動車ハスラー(Huslter)の兄貴分的存在
コンパクトカーサイズのSUV新型クロスビー(XBEE)がデビューをしました。

どちらも似たようなテイストの内装・インテリアをしていますが、この2台の
モデルを見比べてみて大きく違うと感じたのが、メーターのデザインです。

今回新発売された新型クロスビー(XBEE)と軽自動車のハスラー(Hustler)の
メーターは、それぞれどのようなデザインをしていたのでしょうか?
また、どちらの方が視認性は、良かったのでしょうか?

スズキから発売されている人気2車種のメーターのデザインを実車画像を使って、
見比べてみたいと思います。

※2018年4月8日の記事です。

Chapter
新型クロスビーとハスラーのメーター画像比較
視認性は新型クロスビーの方が良いけど…
新型クロスビーのメーターの残念だったところとは…

新型クロスビーとハスラーのメーター画像比較

2017年12月にデビューをしたコンパクトカーサイズのSUV新型クロスビー(XBEE)の
メーターは、このようなデザインをしています。

■新型クロスビーのメーター画像

今回新発売された新型モデルでは、中央に大きなスピードメーターを、
そして左右には、タコメーターと様々な情報を表示してくれるマルチ
インフォメーションディスプレイを採用した3眼式のメーターを採用。

■新型クロスビーのスピードメーター

■新型クロスビーのタコメーター

■新型クロスビーのマルチインフォメーションディスプレイ

マルチインフォメーションの上の部分には、太陽の光が当たると
この新型クロスビー(XBEE)のシルエットが浮かび上がるギミック(細工)も
施されているのが印象的でした。

一方、スズキから発売されている人気軽SUVのメーターは、このような
デザインになっています。

■ハスラーのメーター

新型クロスビー(XBEE)と異なり、ハスラー(Hustler)はスピードメーターのみの
単眼式のメーターを採用。

また、単眼式のハスラー(Hustler)でも、様々な情報を表示してくれる
マルチインフォメーションディスプレイはスピードメーターの下の部分に
用意されていました。

■ハスラーのマルチインフォメーションディスプレイ

視認性は新型クロスビーの方が良いけど…

それぞれこのようなデザインのメーターを採用していましたが、視認性・
情報量に優れていると感じたのは、3眼式になっていた新型クロスビー(XBEE)の方。

やはりハスラー(Hustler)の単眼式のメーターは、
他の軽自動車とひかうしても、デザイン的にどこか殺風景で物足りなさが…。

また、マルチインフォメーションディスプレイの情報量・視認性でも、
大きな差を感じます。

ハスラー(Hustler)でも、タコメーターやアイドリングストップの節約燃料など
様々な情報を表示してくれますが、マルチインフォメーションディスプレイの
サイズが小さいので、あまり見やすくありません。

■ハスラーのマルチインフォメーションディスプレイ

一方、新型クロスビー(XBEE)は、マルチインフォメーションディスプレイの
サイズも大きいため、確認もしやすいです。
(できればカラーにして貰いたかったですが…)。

■クロスビーのマルチインフォメーションディスプレイ

ハスラー(Hustler)にタコメーターが用意されていないのは
仕方ないかもしれませんが、せめて大きなマルチインフォメーション
ディスプレイを別に用意して、2眼識のメーターにして貰いたかったです。

<次のページに続く>
次ページ
新型クロスビーのメーターの残念だったところとは…

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ