ラゲッジサイズはどのくらい違う!?イグニスとキャストを比較

スズキ新型イグニス画像0192

スズキから1.2リットルサイズの小型SUV新型イグニス(IGNIS)が
新発売されましたが、売れ行きは好調のようですね。

今回新発売された新型イグニス(IGNIS)はオンリーワンのユニークな
クルマとなっており、同じカテゴリーに直接的なライバル車・競合車は
存在しません。

なので、もう一回り大きい新型エスクードや軽SUVのハスラーや
ダイハツから発売されているキャスト アクティバと比較する人も大勢いるそうです。

そんな新型イグニス(IGNIS)と競合車の一つでもあるキャスト アクティバの
ラゲッジサイズの違いが気になったので、実際に確認してみました。

※2016年3月18日の記事です。

後部座席を一番後ろにした時のラゲッジの奥行きも異なる

また、新型イグニス(IGNIS)とキャスト アクティバ(CAST ACTIVA)の
ラゲッジサイズを見て、気になった数値が、後部座席を一番後ろにした時の荷室長(奥行き)。

ダイハツの軽SUVの新型イグニス(IGNIS)はスライド幅が大きいため、
後部座席を一番前にした時の荷室・ラゲッジの奥行きはそれ程違いがありません。

しかし、後部座席を一番後ろにスライドした時のラゲッジの奥行きは、
全く異なります。その差は100mm。

実際に見てみると、この奥行きの差はかなり大きいです。

■新型イグニスの奥行き

■キャストアクティバの奥行き

たかが100mmですが奥行きが全く違いますよね。

後部座席の足元もある程度ゆとりもとりながら、荷室・ラゲッジスペースも
確保したいとなると新型イグニス(IGNIS)の方が良いのかなと思いました。

ラゲッジ比較2:後部座席格納時

また、新型イグニス(IGNIS)とキャスト アクティバ(CAST ACTIVA)では、
後部座を格納した時の荷室・ラゲッジサイズも異なります。

それぞれのクルマの後部座席を格納した時の荷室・ラゲッジのサイズは、
このようになっています。

■後部座席格納時のラゲッジサイズ
新型イグニス      :1,230mm
キャストアクティバ:1,300mm

意外な事に後部座席を格納した時の荷室・ラゲッジスペースは、
普通乗用車の新型イグニス(IGNIS)よりもキャスト アクティバの方が
70mm広いことに・・・。

この2台のクルマの後部座席を格納した時の荷室・ラゲッジスペースを
実際に見比べた感じではほぼ同じなのかなと思っていたので、
キャスト アクティバ(CAST ACTIVA)の方が広くなっているのは意外でした。

ちなみに、こちらが新型イグニスのラゲッジの様子。

そして、こちらがキャストアクティバの荷室・ラゲッジの様子。

数値上ではキャスト アクティバ(CAST ACTIVA)の方が後部座席を格納した時の
若干荷室・ラゲッジは広くなっていましたが、もともとこのようにした時の
荷室アレンジは両方とも広いので、それ程違いは感じませんでした。

また、このように両車とも後部座席を倒すとラゲッジはほぼフラットに
なるので使い勝手は良いように感じました。

このように新型イグニス(IGNIS)とキャスト アクティバの
荷室・ラゲッジサイズは異なります。

また、実際にそれぞれのクルマの荷室・ラゲッジスペースを見比べると
広さや使い勝手など数値以上の違いを感じます。

もしそれぞれのクルマを見る際は荷室まで隅々と確認してみてくださいね。

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ