後部座席の居住性が良いのはどっち?イグニスとハスラー比較

スズキ新型イグニス画像0144

スズキからコンパクトカーサイズのSUV新型イグニス(IGNIS)が
新発売されましたね。

今回発売された新型イグニス(IGNIS)はSUVらしい高いアイポイントをもちながら、
ボディサイズも小さく小回性能も十分とメリットだらけ。

見た目や内装・インテリアのポップさだけではなく、この使い勝手の良さ・
運転のしやすさでこのクルマを選んでいくお客さんも多いようです。

そんな新型イグニス(IGNIS)の欠点・デメリットは後部座席の居住性。

そこで今回新発売された新型イグニス(IGNIS)と競合車の一つでもある
ハスラーではどのくらい後部座席の居住性が異なるのか気になったので、
調べてみました。

※2016年3月19日の記事です。

ケース2:ハスラーの後部座席の居住性

一方、スズキの人気軽SUVハスラー(Hustler)はこのようなデザインになております。

ハスラー(Hustler)は新型イグニスと異なり、四角いデザインに
なっているのがわかりますよね。

そのため新型イグニス(IGNIS)に感じたようにサイドの壁が近くて
圧迫感を感じる事はありませんでした。

また、ハスラー(Hustler)の後部座席で良いと思ったのは、頭上空間。

今回新発売された新型イグニス(IGNIS)と比べてハスラー(Hustler)は
頭上空間が広いため、後部座席に座っていて、頭を天井にぶつける心配はありません。

私が座ると頭上と天井まで拳2個分くらいの余裕があります。

また天井が高いため開放感があり、新型イグニス(IGNIS)よりも居住性は明らかに
良いように感じました。

ディーラーさんに話を聞くと、新型イグニス(IGNIS)の後部座席の居住性や
頭上空間(ヘッドクリアランス)の狭さに満足できずにハスラーにした
お客さんもいるほど・・・。

それほどハスラー(Hustler)の居住性は良かったです。

乗り心地や安定感は新型イグニス(IGNIS)の方が良いと思いましたが、
後部座席の居住性に関してはハスラー(Hustler)の方が圧倒的に良いと思いました。

このようにこの2台のクルマでは後部座席の居住性・開放感は、
まったく異なります。

特に170cm以上の方が新型イグニス(IGNIS)の後部座席に座ると、
狭く感じるかもしれません。

後部座席に170cm以上の方が頻繁に座る機会が多いのなら、しっかりと
後部座席の居住性・頭上空間(ヘッドクリアランス)を確認した方が良いと思いました。

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ
商品詳細