【注目の5つの専用パーツを紹介】アルトワークスのインテリア

新型アルトワークス画像0010

スズキから新型アルトターボRSに続くスポーティモデルとして
新型アルトワークス(Alto Works)が2015年12月24日に発売されましたね。

私も早速この新型アルトワークの発売日に試乗に行ってきたのですが、
ターボRSよりもさらにスポーティーな走りになっていて、大満足

また、内装・インテリアも専用パーツが多く装備されており、
走りの楽しさを体感できるようなデザインになっていました。

そんな新型アルトワークス(Alto Works)の内装・インテリアの5つの
注目すべき専用パーツを紹介したいと思います。

※2015年12月27日の記事です。

専用パーツ3:ステンレス製ペダルプレート

また、新型アルトワークス(Alto Works)の運転席の足元を見ると、アクセルや
ブレーキペダル・クラッチはこのようにステンレス製になっていました。

ちなみに、ベースとなっている新型アルトターボRSのペダルは、
このようにゴム製のような素材。

見た目のスタイリッシュさがやはり異なりますよね。

また、新型アルトワークス(Alto Works)と新型アルトターボRSでは
アクセルペダルなどを操作した感じもまったく異なります。

実際に試乗をした時にこのクルマのペダル操作をしたのですが、
アクセルペダルやブレーキペダルの踏み応えが絶妙でした。

個人的には見た目も操作性もコチラのクルマの方が好みでした。

専用パーツ4:ワークス専用メーター

また、新型アルトワークス(Alto Works)では専用のメーターを装備。

スピードメーターやタコメーターのリング部分が赤いデザインになっており、
ブラック×レッドのインパネのデザインにマッチしていてい良いですよね。

また、メーターの左側のマルチインフォメーション上部に描かれている
“WORKS”ロゴの評判もかなり良いようです。

新型アルトターボRSともう少し差別化を図っても良いのかなと思ったのですが、
このデザインもなかなか良いと思いました。

<次のページに続く>
次ページ
専用パーツ5:ワークス専用ステアリングホイール

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ