収納スペースが欠点の一つ?【スズキイグニスの内装インプレ】

スズキ イグニス 2016

イグニス(IGNIS)は後部座席がスライドするなど使い勝手が良い印象を持ちましたが、欠点に感じたのは収納スペース。このモデルの収納スペースの数は、それほど多くありません。スズキから発売されているハスラー(Hustler)のようなちょっとユニークな収納スペースを期待していたのですが、この点が少し残念でした。そんなイグニス(IGNIS)の主な収納スペースについて、実際の画像を使って紹介したいと思います。

2016/7/28

 

Chapter
イグニスの運転席側の収納スペース
センターコンソール部分にある収納スペース
助手席側の収納スペース

イグニスの運転席側の収納スペース

イグニス(IGNIS)ですが、運転席側の収納スペースはかなり少なめ。私が気が付いた運転席側の収納スペースは、ドアの内側パネルにあるフロントドアポケットのみ。

このモデルのドアフロントポケットはペットボトルのドリンクが置けるドリンクホルダーだけでは無く、薄型ですが雑誌や地図を置けるスペースを確保。ドリンクだけでは無く、雑誌やノートが置けるスペースが用意されていたのは好印象でしたが、軽自動車で培ったノウハウを生かしてもう少し運転席側にも収納スペースを用意しても良かったのかなと思いました。

センターコンソール部分にある収納スペース

イグニスは先ほど見たとおり運転席側には収納スペースがほとんどなく、ドリンクホルダーなども含めてこのセンターコンソールに収納スペースが集中しています。

収納スペースが一番多いセンターコンソール部分を徹底的にレビューしてみたいと思います。

収納スペース1:センターコンソールポケット

イグニスの収納スペースはセンターコンソール部分に集中しているのですが、その中で一番使い勝手が良さそうなのがドリンクホルダーの奥に設置されている”センターコンソールボックス”。

ご覧の通り蓋の付いていないトレー式の収納スペースになっているのですが、高さ・奥行きも十分。若干手前側が高くなっており、スマホやサイフやポーチなどを置いておくのには、ちょうど良いのかなと思いました。ただイグニス(IGNIS)のセンターコンソールポケットは、プラスチック素材になっているので、そのままスマホを置くと傷つく可能性が・・・。

オプションで”IGNIS”のロゴ入りのスマートフォントレーを装着する事ができるので、スマホやiPhoneを置きたいのならこのオプションを購入しても良いのかなと思いました。

収納スペース2:センターコンソールトレー

また、イグニス(IGNIS)のセンターコンソールのサイドバー付近に収納スペース”センターコンソールトレー”が装備されていました。

このように見ていただくと分かりますが、このセンターコンソールトレーは若干浅め。また、運転中はサイドブレーキが下がっているので、がさばるアイテムを置くのはちょっと難しいのかなと思いました。

ガムやレシート・駐車券などを置いておくのが良いのかなと思いました。

収納スペース3:ドリンクホルダー

イグニス(IGNIS)のセンターコンソールには、3つのドリンクホルダーが装備されています。運転手や助手席の人用のドリンクホルダーが2個。

そしてセンターコンソールの後部には、後部座席用のドリンクホルダーを1つ用意。

ドアの内側パネルにペットボトル用ドリンクホルダーが装備されているのは最近のクルマでは常識化してきましたが、新型イグニスのような小型サイズのクルマで後部座席用のドリンクホルダーがあるのは珍しいですよね。

これなら後部座席の同乗者もスタバやコンビニで購入したカップの飲み物や缶のドリンクも置く事ができます。個人的には、この後部座席用のドリンクホルダーはとても良い収納スペースだと思いました。

<次のページに続く>
次ページ
助手席側の収納スペース