ランクル200 GXグレードの内装インプレ1|シートの使い勝手の感想

トヨタの本格ミニバンのランクル200(ランドクルーザー200)がビッグマイナーチェンジをして新発売されましたね。

先日、このランクル200(ランドクルーザー200)の最下位グレードのGXグレードを見ることができました。

今回見たランクル200(ランドクルーザー200)のGXグレードは最上位グレードのZXグレードと比べて、やはり機能や装備に違いがありました。

また、GXグレードのシートの素材や使い勝手に関しても、ZXグレードやAXグレードGセレクションなど他のグレードと異なりました。

やはりシートに関しても、質感や機能は若干落ちます・・・。

そんなランクル200(ランドクルーザー200)のGXグレードのシートの素材や機能&装備について、徹底的にレビューしてきます。

2015/10/4

Chapter
ランクル200 GXのフロントシートの画像インプレ
ランクル200 GXグレードの後部座席の画像インプレ

ランクル200 GXのフロントシートの画像インプレ

トヨタ ランドクルーザー 2015

今回発売されたランクル200の最下位グレードGXグレードのフロントシートのデザインは、このようになっています。

トヨタ ランドクルーザー 2015
トヨタ ランクル200 2015

このランクル200(ランドクルーザー200)のGXグレードのシート素材は、トリコット素材のファブリック調。

トヨタ ランドクルーザー 2015

また、このGXグレードではシートカラーを明るいフランクセンとミディアムグレーを選択できるのですが、私が見たシートカラーは、ご覧の通りミディアムグレーでした。

ちなみに、こちらは最上位グレードのZXグレードのフロントシート。

トヨタ ランドクルーザー 2015

この最上級グレードのZXグレードは本革シートを採用。

トヨタ ランドクルーザー 2015

やはりランクル200(ランドクルーザー200)のGXグレードとZXグレードでは見た目が異なりますよね。

最上位グレードのZXグレート比べると、車格が1ランクも2ランクも落ちるように感じました。

ただ、このGXグレードのシートの乗り心地は思ったよりも良かったです。

トヨタ ランクル200 2015

このGXグレードのシートは程よく硬めなセッティング。実際に座ってみると程よくシートが沈み込み、また、座面の肉厚感も感じる座り心地は良かったです。

リクライニング調整機能も異なる!?

また、ランクル200(ランドクルーザー200)のGXグレードにもリクライニングの調整機能が装備されています。

しかし、GXグレードはこのように手動で操作するマニュアル方式。唯一腰部の硬さを調整する機能だけが電動式になっていました。

トヨタ ランドクルーザー 2015

ちなみに、こちらは最上位グレードのZXグレードの運転席側のシートアレンジ機能。

トヨタ ランドクルーザー 2015

前後スライドや背もたれのリクライニングなどすべての操作が電動式になっていました。

この点もランクル200(ランドクルーザー200)のGXグレードとZXグレードの違いの一つだと思いました。

ランクル200 GXグレードの後部座席の画像インプレ

ランクル200(ランドクルーザー200)のGXグレード後部座席はこのようになっています。

トヨタ ランクル200 2015

このグレードの後部座席もフロントシート同様にファブリック素材になっていました。

ちなみに、こちらが最上位グレードのZXグレードの後部座席。

トヨタ ランクル200 2015

GXグレードの後部座席の質感&肌触りもZXグレードに劣る感じがしました。

ただ、フロントシート同様に質感の高さは感じませんでしたが、シートの座り心地はなかなか良かったです。

後部座席のスライド幅はどう!?

また、ランクル200(ランドクルーザー200)のGXグレードは前後にスライドする事も可能です。

一番前にスライドするとこのような感じ。

トヨタ ランクル200 2015

一方、このクルマの後部座席を一番後ろにスライドするとこのような感じ。

トヨタ ランクル200 2015

GXグレードのスライド幅は他のグレードと同様に90mm。個人的には、もう少し後部座席のスライド幅があった方が嬉しかったです。

トヨタ ランクル200 2015

ただ、このGXグレードは5人乗りの2列目シートなので、後部座席を一番前にスライドする機会はそれ程多くないのかなと思いました。

後部座席のタンブルをした時の様子

また、ランクル200(ランドクルーザー200)のGXグレードでも他のグレードと同様に荷室・ラゲッジスペースを広くするため、後部座席を前方にタンブルする事ができます。

ランクル200(ランドクルーザー200)のGXグレードを前方にタンブルさせるとこのようになります。

トヨタ ランクル200 2015

そして、この際の荷室・ラゲッジスペースはこのようになります。

トヨタ ランクル200 2015

これなら荷物をたくさん積みたい時に役に立ちそうですよね。このGXグレードでも他のグレードと同様に前方にタンブルできるようになっていたのは、好印象でした。

欠点はアームレストが装備されていない事!?

ただ、このGXグレードの後部座席の機能で残念だったことは、アームレストが装備されていなかった事。

ランクル200(ランドクルーザー200)の最上位グレード”ZXグレード”では、後部座席のシートの真ん中に引き出し式のアームレストが装備されていました。

トヨタ ランクル200 2015
トヨタ ランクル200 2015

また、このアームレストにはこのようにドリンクホルダーも装備。

トヨタ ランドクルーザー 2015

しかし、残念ながらこのランクル200(ランドクルーザー200)のGXグレードには、ZXグレードに装備されていたようなアームレストもドリンクホルダーも装備されていませんでした。

なので、GXグレードの後部座席のドリンクホルダーはドアパネルの内側に装備されているモノのみ。

トヨタ ランドクルーザー 2015
トヨタ ランドクルーザー 2015

このようなデザインなのでペットボトルしか置く事ができません。この点に関しては少し残念でした。

ちなみに、ランクル200(ランドクルーザー200)のGXグレードに装備されているエアコンは、車内を前後左右4つのエリアに分割してエアコンの温度を調整できるタイプではありません。

トヨタ ランドクルーザー 2015

このグレードに装備されているのは左右独立タイプのエアコンコントローラー。

なので、ランクル200(ランドクルーザー200)の後部座席の前方には、ZXグレードに装備されていたような後部座席用のエアコンコントロールパネルは、装備されていませんでした。

トヨタ ランドクルーザー 2015

ちなみに、こちらが前後左右4分割してエアコンの温度を調節できるZXグレードのリアエアコン調整パネルです。

トヨタ ランドクルーザー 2015

この辺でもGXグレードの機能レスを感じてしまいました。

トヨタ ランドクルーザー 2015

ランクル200(ランドクルーザー200)の最下位グレードのGXグレードのシートは、このようにファブリック調のシートを採用していました。

座り心地などは特に不満は無かったのですが、本革シートを採用しているグレードと比べると、少し車格が落ちるように感じました。

また、ZXグレードを見た後にこのGXグレードを見たので、シート関連の装備や機能の物足りなさを感じてしまいました。

特に後部座席のアームレストやドリンクホルダーが装備されていないのは、とても残念でした。

画像 試乗 画像 試乗レビュー速報