プリウスの安全装備は何がある?対応グレードも紹介

トヨタのハイブリッド車のパイオニア、プリウス(Prius)が2015年12月に6年ぶりにフルモデルチェンジをして発売されますね。今回注目なのが、安全装備が充実している事ですよね。

今回のプリウス(Prius)ではセーフティセンスPがA以上のグレードに標準装備される事が話題になっていますが、それ以外の安全装備も充実。ただ、このクルマに安全装備はセーフティセンスP以外にも数多くあり、中にはメーカーオプションのないモノも・・・。

そんなプリウス(Prius)に登載される安全装備をまとめてみました。

2015/12/4

Chapter
プリウスの装備される安全装備って何?

プリウスの装備される安全装備って何?

その1:トヨタセーフティーセンス

トヨタ プリウス 2015

・標準装備:有り
A/Aツーリング/Aプレミア/Aプレミアツーリング
・メーカーオプション:有り
価格:86,400円
対応グレード:Eグレード/Sグレード/Sツーリングセレクション

プリウス(Prius)に登載されるトヨタセーフティセンスとは、トヨタの最新の安全装備のこと。人気ハイブリッドカーのアクア(Aqua)など最近マイナーチェンジをしたトヨタのクルマには、続々と登載されています。ただ実はこのトヨタセーフティセンスには、次の2種類あります。

・トヨタセーフティセンスP
・トヨタセーフティセンスC

セーフティセンスPの方は、クルマや歩行者などを認識・検知するために単眼カメラとミリ波レーダーの2種類を併用。そのため認識率が高く、精度・信頼性が高くなっているのが特徴。

トヨタ プリウス 2015

一方、トヨタセーフティセンスCの方は、レーザーレーダーと単眼カメラの2種類を併用して前方を走行しているクルマを検知し、事故の予防・軽減に貢献します。

このトヨタセーフティーセンスCは、歩行者などが検知できないデメリットがありますが、登載コストが比較的安いのが特徴的。なので、コンパクトカーなど比較的価格が安いモデルに登載される事が多いです。

そして、そこで気になるのはプリウス(Prius)に登載されているセーフティセンスは、何かという事ですよね。

今回フルモデルチェンジをするプリウスでは、レーザーレーダーと単眼カメラで周囲を検知する精度の高いトヨタセーフティセンスPが登載されるようです。

これは嬉しいですよね。また、プリウス(Prius)に登載されるトヨタセーフティセンスPでは、次の4つの機能が4つの先進安全機能をパッケージ化されています。

・歩行者検知機能つきプリクラッシュセーフティシステム(自動ブレーキ)
・レーダークルーズコントロール
・レーンディパーチャーアラート
・オートマチックハイビーム

この4つの機能の中で特に注目なのは、プリクラッシュセーフティシステム。

プリウス(Prius)に搭載されるはレーザーレーダーと単眼カメラで周囲を検知するセーフティセンスPは、精度が高い。

最近、自動ブレーキが登載されているクルマは増えてきましたが、歩行者まで検知してくれる自動ブレーキシステムは、まだまだ少ないです。

トヨタの実験によると、歩行者に対して約時速約30km/hまで衝突回避可能になっているみたいですよ。急に歩行者が飛び出してきて、ヒヤリとする場面が時々ありますが、このような時に役立ってくれそうですね^^

また、プリウス(Prius)に登載されているレーダークルーズコントロールも進化したことも注目ポイントの一つですよ。

トヨタ プリウス 2015

その2:インテリジェントパーキングアシスト

標準装備:有り
A/Aツーリング/Aプレミア/Aプレミアツーリング
メーカーオプション:無し

先代モデルのプリウス(Prius)にも装備されておりましたが、インテリジェントパーキングアシストとは車庫入れが苦手な方でもスムーズに行えるように、駐車のハンドル操作を車両がサポートしてくれる機能の事。

ただ、このインテリジェントパーキングアシストも先代モデルよりも大幅に進化しているようです。

先代モデルでは白線がないと駐車スペースが認識できなかったようですが、新しくなったインテリジェントパーキングアシストでは、クルマの周囲を超音波センサーで確認する事で駐車スペースを認識できるようになったようです。

また、先代モデルのインテリジェントパーキングアシストでは、作動開始条件となる停車位置が限られているのが、欠点でした。

しかし、今回プリウス(Prius)に装備されるインテリジェントパーキングアシストでは、駐車したいスペースの目の前に停車するだけで、この機能が作動できるように大幅に進化したようですよ。

また、横に停車しているクルマとの接触を防ぐ巻き込み防止警報も備えているので、発進時も安心。

これで横幅が狭い駐車場での駐車&発進も安心して行えそうですね^^

駐車が苦手な人やコインパーキングなど狭い駐車スペースの時には特に役に経ちそうな機能だと思いました。

その3:ブラインドスポットモニター

標準装備:有り
A/Aツーリング/Aプレミア/Aプレミアツーリング
メーカーオプション:無し

プリウスに装備されるブラインドスポットモニターとは、サイドミラーでは確認できない斜め後方の死角に入った車両を検知し、ドアミラーに登載されたLEDインジケーターを点灯してお知らせしてくれる機能の事。

プリウス(Prius)のサイドミラーのこの部分にLEDインジケーターが装備されており、斜め後方の死角に車両があると点灯します。

トヨタ プリウス 2015

高速道路での車線変更や片道2車線や3車線ある広い道路を運転する時など役にたちそうですよね。

私も以前ブラインドスポットモニターを登載したクルマを試乗した事があるのですが、この機能も思った以上に便利。

ブラインドスポットモニターを装備すると安心感が違います。

ディーラーさんから「今まで通り死角の目視もしてください。」と言われたのでしっかりと斜め後方の目視もします。

ただ、クルマに登載されたブラインドスポットモニターがしっかりと死角を検知してくれているという安心感があるので気持ちに余裕があり、気軽に&リラックスした状態で車線変更ができます。

この気持ちの余裕が高速道路の運転の疲労感の軽減に繋がるのかなと思いました。

ちなみに、ブラインドスポットモニターを装備したクルマで交通量の多い首都高などを運転すると、常にブラインドスポットモニターが点灯状態になります^^

その4:ITS CONNECT(ITSコネクト)

標準装備:無し
メーカーオプション:有り
価格:27,000円
対応グレード:全グレード

プリウス(Prius)のにメーカーオプション設定となっているITSコネクトとは、道路とクルマ、あるいはクルマ同士が直接通信する事でドライバーに様々な情報をお知らせしてくれる安全支援システムの事。

例えば、次のようなシチュエーションの時、プリウス(Prius)のマルチインフォメーションディスプレイに警告があるようです。

・赤信号注意喚起
赤信号の交差点に近づいているにも関わらずアクセルペダルを
踏み続けている時。

・右折注意喚起

対向車線からクルマが向かってきているにも関わらずブレーキペダルを離して右折しようとした時。

イメージとしては、より詳細な交通情報が入手できると言った感じですね。

ディーラーさんから話を聞いた感じでは、ホンダの安全装備システム“ホンダセンシング”の標識認識機能に近い感じなのかなと思いました。

現在このITS CONNECT(ITSコネクト)が登載されている車種は、先日マイナーチェンジをしたクラウンシリーズのみ。

私もまだITS CONNECT(ITSコネクト)を試した事が無いので、今度試乗をして確認してきたいと思います。

ちなみに、現在のところプリウス(Prius)のITS CONNECT(ITSコネクト)はメーカーオプションになっていますが、トヨタのお膝元愛知県と東京都では無料でキャンペーンを行っているという噂も・・・。

もし東京や愛知の近くにお住まいの方は、越境して商談するのも良いかもしれませんね。

トヨタ プリウス 2015

このようにフルモデルチェンジをして発売されるプリウス(Prius)では、安全装備が充実しております。

ただ、安全装備が充実しているのは、やはりプリウス(Prius)の上位グレードAグレードからです。また、ブラインドスポットモニターなどメーカーオプションの用意が無くSグレードなどでは付ける事ができない安全装備も多いです。

もし安全装備を充実させたいならAグレード以上のモデルが良さそうですね。

画像 試乗 画像 試乗レビュー速報