グレードでデザインが違う?プリウスのセンターコンソール比較

トヨタ プリウス 2016

フルモデルチェンジをして4代目となったプリウス(Prius)ですが、売れ行き・人気ともに絶好調のようですね。

先日、東京のお台場にあるメガウェブ(MEGA WEB)に行って来たのですが、ちょっと気が付いた事が・・・。

それはセンターコンソールとアームレストのデザインが、グレードによって異なること・・・。

助手席と運転席の間に装備されているセンターコンソール&アームレストは旧型モデルと比べて格段に良くなったのですが、カラーや素材がグレードによって全く違っていたので、実際に見て少々驚きました。

今回新しくなったプリウス(Prius)のセンターコンソール&アームレストのグレードごとの違いを紹介したいと思います。

2016/1/2

Chapter
Eグレード:他のグレードとの違いに注目
Sグレード:アームレスト装備も質感はイマイチ!?
Aグレード:ホワイト加飾で上質感アップ
Sツーリングセレクション:アームレストの素材に注目
その他:上位グレードはセンターコンソールも上質

Eグレード:他のグレードとの違いに注目

プリウス(Prius)の燃費スペシャル”Eグレード”のセンターコンソールのデザインは、このようになっています。

センターコンソールカラー

ブラック

アームレスト

なし

ちょっとシンプルなデザインですね。

廉価モデル”Eグレード”のセンターコンソールは、コストを抑えることを優先したためか、全グレード通じて唯一アームレストが装備されていませんでした。

なので他のグレードとセンターコンソール部分のデザインが全く異なっており、先進的なイメージのある新型プリウス(Prius)らしさがちょっと欠けているようにも感じました。

ちなみに、このモデルのEグレードでは、アームレストの代わりに小型収納ボックスが用意されています。

ガムやスマホ・携帯電話はこの収納ボックスに置く事ができるので、使い勝手はそれ程悪くないのかなと思いました。

Sグレード:アームレスト装備も質感はイマイチ!?

そして、Sグレードのセンターコンソールはこのようなデザインになっています。

センターコンソールカラー

ブラック

アームレスト

ファブリック素材

このプリウス(Prius)のSグレードからアームレストが装備され、Eグレードのセンターコンソールと比べると、上質感・使い勝手がアップ。

ただ、このセンターコンソールカラーがブラック、そして、アームレストの素材もファブリックのため、上位グレードと比べると若干見劣りをする印象を持ちました。

個人的に気になったのは、センターコンソールの素材感。実際に見てみると、センターコンソールに使用されているプラスチック素材がちょっとチープな感じ。

室内が明るいクールグレーを選んだ時、インパネやハンドルのデザインがオシャレな分、センターコンソールの素材の安っぽさが少し気になってしまいました。

プリウス(Prius)のセンターコンソール&アームレストは使い勝手が良い分、このチープな素材感が少し気になってしまいました。

<次のページに続く>
次ページ
Aグレード:ホワイト加飾で上質感アップ
商品詳細