グレードでデザインが違う?プリウスのセンターコンソール比較

フルモデルチェンジをして4代目となったプリウス(Prius)ですが、売れ行き・人気ともに絶好調のようですね。

先日、東京のお台場にあるメガウェブ(MEGA WEB)に行って来たのですが、ちょっと気が付いた事が・・・。

それはセンターコンソールとアームレストのデザインが、グレードによって異なること・・・。

助手席と運転席の間に装備されているセンターコンソール&アームレストは旧型モデルと比べて格段に良くなったのですが、カラーや素材がグレードによって全く違っていたので、実際に見て少々驚きました。

今回新しくなったプリウス(Prius)のセンターコンソール&アームレストのグレードごとの違いを紹介したいと思います。

2016/1/2

Chapter
Eグレード:他のグレードとの違いに注目
Sグレード:アームレスト装備も質感はイマイチ!?
Aグレード:ホワイト加飾で上質感アップ
Sツーリングセレクション:アームレストの素材に注目
その他:上位グレードはセンターコンソールも上質

Eグレード:他のグレードとの違いに注目

トヨタ プリウス 2016

プリウス(Prius)の燃費スペシャル”Eグレード”のセンターコンソールのデザインは、このようになっています。

トヨタ プリウス 2016
トヨタ プリウス 2016

センターコンソールカラー

ブラック

アームレスト

なし

ちょっとシンプルなデザインですね。

廉価モデル”Eグレード”のセンターコンソールは、コストを抑えることを優先したためか、全グレード通じて唯一アームレストが装備されていませんでした。

なので他のグレードとセンターコンソール部分のデザインが全く異なっており、先進的なイメージのある新型プリウス(Prius)らしさがちょっと欠けているようにも感じました。

ちなみに、このモデルのEグレードでは、アームレストの代わりに小型収納ボックスが用意されています。

トヨタ プリウス 2016

ガムやスマホ・携帯電話はこの収納ボックスに置く事ができるので、使い勝手はそれ程悪くないのかなと思いました。

Sグレード:アームレスト装備も質感はイマイチ!?

そして、Sグレードのセンターコンソールはこのようなデザインになっています。

トヨタ プリウス 2016
トヨタ プリウス 2016

センターコンソールカラー

ブラック

アームレスト

ファブリック素材

このプリウス(Prius)のSグレードからアームレストが装備され、Eグレードのセンターコンソールと比べると、上質感・使い勝手がアップ。

ただ、このセンターコンソールカラーがブラック、そして、アームレストの素材もファブリックのため、上位グレードと比べると若干見劣りをする印象を持ちました。

トヨタ プリウス 2016

個人的に気になったのは、センターコンソールの素材感。実際に見てみると、センターコンソールに使用されているプラスチック素材がちょっとチープな感じ。

トヨタ プリウス 2016

室内が明るいクールグレーを選んだ時、インパネやハンドルのデザインがオシャレな分、センターコンソールの素材の安っぽさが少し気になってしまいました。

プリウス(Prius)のセンターコンソール&アームレストは使い勝手が良い分、このチープな素材感が少し気になってしまいました。

Aグレード:ホワイト加飾で上質感アップ

今回フルモデルチェンジをしたプリウス(Prius)で一番人気”Aグレード”のセンターコンソールのデザインは、このようになっています。

トヨタ プリウス 2016
トヨタ プリウス 2016

センターコンソールカラー

ホワイト

アームレスト

ファブリック素材

このプリウス(Prius)のAグレードのセンターコンソールの注目ポイントは、センターコンソールがホワイト加飾された事。

トヨタ プリウス 2016

光沢感のあるホワイトがキレイですよね。

お客さんの中には便器のようなデザインと批判的な意見を言う人もいるみたいですが、ディーラーさんに聞いたところによると陶器の白をイメージしているみたいです。

個人的にはSグレードに採用されているブラックのプラスチック素材よりも上質感・高級感があり、また、インパネやハンドルのデザインともマッチしていてとても良いデザインだと思いました。

ちなみに、プリウス(Prius)のAグレードからメーカーオプションでおくだけ充電を装備する事が可能です。

そして、おくだけ充電を注文するとセンターコンソール前方のトレーがこのようなデザインになります。

トヨタ プリウス 2016

スマホ以外のものも置けるので、使い勝手はそれほど損なわれてない点も好印象でした。

Sツーリングセレクション:アームレストの素材に注目

プリウス(Prius)のツーリングセレクション系モデルの中で最下位グレードとなっている“Sツーリングセレクション”のアームレストは、このようになっています。

トヨタ プリウス 2016
トヨタ プリウス 2016

センターコンソールカラー

ブラック

アームレスト

合成レザー

プリウス(Prius)のSツーリングセレクションは、標準モデルのSグレードと同様にブラックカラーのセンターコンソールを装備。

素材感もやはりSグレードと同様なので、実際に近くでみると少しチープな感じ・・・。

比較的価格が高いツーリングセレクションでこのようなシンプルな素材感は少し残念でした。

ただ、プリウス(Prius)のSツーリングセレクションとSグレードの違いは、アームレストの素材。

トヨタ プリウス 2016

ツーリングセレクションは全グレード通じて、合成レザー素材のアームレストを装備。

もちろんプリウス(Prius)のSツーリングセレクションも合成レザー素材のアームレストを装備しており、腕を置いたときの肌触りも上々。ブラックやクールグレーの合成レザーシートとの相性も良いように感じました。

ただ、クールグレーカラーのアームレストを用意してくれればなお良かったのですが・・・。

この点は少し残念でした。

その他:上位グレードはセンターコンソールも上質

また、プリウス(Prius)の上記以外の次の3つのグレードは、このようなデザインのセンターコンソール&アームレストを採用していました。

トヨタ プリウス 2016
トヨタ プリウス 2016

採用グレード

Aプレミアムグレード
Aツーリングセレクション
Aプレミアムツーリングセレクション

センターコンソールカラー

ホワイト

アームレスト

合成レザー

プリウス(Prius)の中で上位グレードとなるAプレミアムグレード、Aツーリングセレクション、Aプレミアムツーリングセレクションでは、ホワイトのセンターコンソールを装備。

トヨタ プリウス 2016

また、アームレストも高級感のある合成レザーを採用していました。

私も実際にこのAプレミアムツーリングセレクションやAプレミアムグレードのモデルを見たのですが、他のグレードと比べて高級感がありました。

トヨタ プリウス 2016

その違いはハンドルを開けた時に一目瞭然。プリウス(Prius)の上位グレードにふさわしいデザインになっているように感じました。

内装・インテリアの質感にこだわるのなら、ホワイトのセンターコンソール&合成レザーのアームレストを装備した上記の3つのグレードから選択するのが良いのかなと思いました。

トヨタ プリウス 2016

このようにプリウス(Prius)の標準モデル/ツーリングセレクション、グレードによってセンターコンソールやアームレストのデザインは異なります。

このセンターコンソールやアームレストのデザインの違いは、内装・インテリアの雰囲気にも大きく影響を与えているので、購入する際はしっかりとチェックした方が良いと思いますよ。

画像 試乗 画像 試乗レビュー速報