トヨタ 初代86(ZN6型)の6つのグレードを徹底比較!おすすめの値段のグレードはこれだ!!

トヨタ・初代86

トヨタ 初代86は、FR(後輪駆動)レイアウトと水平対向エンジン、そして2ドアクーペというスポーツカーのパッケージングで登場したクルマとして、クルマ好きはもちろん、スポーツカーの雰囲気を味わってみたいユーザーなど幅広い年代から人気を集め、スポーツカー人気を再燃させたクルマとなりました。

現在も販売が続けられていますが、過去には台数限定の特別仕様車が登場したことも話題になりました。今回はそんな初代86のグレードについて紹介していきます。

Chapter
トヨタ 初代86 G【価格:267万1,900円〜】
トヨタ 初代86 GT【価格:303万7,100円〜】
トヨタ 初代86 GT“Limited”【価格:324万2,800円~】
トヨタ 初代86 GT“Limited・Black Package”【価格:341万8,800円】
トヨタ 初代86 GR SPORT【価格:378万円~】
トヨタ 初代86 “GRMN”【価格:648万円】

トヨタ 初代86 G【価格:267万1,900円〜】

「G」は、トヨタ初代86のエントリーモデルにあたるグレードです。

エンジンは、排気量2L 水平対向4気筒のFA20型を搭載。トランスミッションには6速MT(マニュアルトランスミッション)と6速AT(オートマチックトランスミッション)を組み合わせ、MTは最高出力152kw(207ps)7,000rpm、最大トルク212Nm(21.6kgm)6,400〜6,800rpmを発揮。

ATは最高出力は147kw(200ps)7,000rpm、最大トルク205Nm(20.9kgm)6,400rpm-6,600rpmとスペックに少し差がある点は見逃せません。


エクステリア(外装)では上位グレードに装着されているリアスポイラー、フロアアンダーカバーといった空力パーツが省略されていますが、落ち着いたシンプルな仕上がりとなっています。

インテリア(内装)では、シート素材にファブリックを採用し、エアコンもマニュアル式となるなど価格を抑えるための工夫が各所に見られます。

一方で駆動系にトルセンLSD(リミテッドスリップデフ)が標準装備となり、走行性能に抜かりはありません。また、オプション装備として高性能なザックス製ダンパーや、フロントに16インチベンチレーテッドディスクブレーキを装着することもできます。

価格はMTが267万1,900円と、ATが269万6,100円と、初代86でもっとも低い価格設定となっています。

トヨタ 初代86 GT【価格:303万7,100円〜】

「GT」は、トヨタ 初代86のスタンダードグレードとも言えるモデルです。

エクステリアでは、LEDフォグランプが標準装備され、アルミホイールがより大径の17インチへとサイズアップ。それに伴ってタイヤサイズも215/45R17となりました。

インテリアでは、シートにダブルステッチの上級ファブリックシートが奢られ、コンビネーションメーターもホワイト文字盤に。デジタルスピードメーターやREVインジケーターのほか、4.2インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイも装備されます。

また、このグレードからステアリングやシフトノブ、パーキングブレーキが本革巻きとなるほか、シフトペダルもアルミ製となる点も見逃せません。

ブレーキも、フロントに16インチベンチレーテッドブレーキ、リアには15インチベンチレーテッドブレーキが標準装備となり、下位グレードの「G」よりも制動力が高められています。

価格はMTが303万7,100円、ATが310万5,300円となり、「G」と比べてMTが36万5,200円、ATが40万9,200円高い値段設定となっています。

<次のページに続く>
次ページ
トヨタ 初代86 GT“Limited”【価格:324万2,800円~】

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道