本当に広い!?レヴォーグの開口部&荷室サイズを確認してみた

スバル レヴォーグ STI 2016

C型に進化したスバルのステーションワゴンのレヴォーグ。

シャープで迫力のあるフロントマスクや地面にピタっと吸い付いているような乗り心地の良さが人気の秘訣ですが、”ツーリングワゴン”に相応しい収納力の良さも魅力の一つですよね。

スポーティーなデザインのため外装・エクステリアを見ると、荷室・ラゲッジは広くなさそうに感じるこのレヴォーグ/レボーグ(LEVORG)ですが、実際に中を確認してみると、思ったよりも広い!

このクルマの荷室・ラゲッジルームはアレンジも豊富で、ゴルフやアウトドアなど様々なシーンで活躍をしそうだなと思いました。

収納力もあり、使い勝手が良いレヴォーグのラゲッジルーム・荷室ですが、実際にどのくらいの広さがあるのか気になりますよね。

先日このクルマを試乗した際、ラゲッジスペース・荷室サイズについて確認してきたので、紹介いたいと思います。
2018/1/25

レヴォーグの荷室サイズを確認

このように開口部が広く使い勝手が良さそうなレヴォーグ/レボーグですが、荷室・ラゲッジスペースのサイズも広くて、使い勝手はバツグン!

ステーションワゴンらしくこのクルマは、後部座席を使用した状態でもこのようなサイズを確保。

また、後部座席を格納すると、荷室・ラゲッジスペースはこのようになります。

かなり広くて使い勝手が良さそうですよね。そんなレヴォーグ/レボーグ(LEVORG)の荷室・ラゲッジルームのサイズをディーラーに確認してきたので、紹介したいと思います。

ケース1:後部座席を使用時

このように後部座席を使用した時のレヴォーグ/レボーグ(LEVORG)の荷室サイズは、このようになっていました。

■レヴォーグの後部座席を使用した時の荷室サイズ
荷室長:約1,040mm
荷室幅:約1,070mm
荷室高:約  670mm
※荷室幅/荷室高は、最小時の数値です。

レヴォーグ/レボーグ(LEVORG)はステーションワゴンの中でも背の低いクルマになっているので荷室高は、競合車・ライバル車に比べて小さめになっているように感じましたが、それ以外の数値は十分なサイズ。

特にステーションワゴンの特徴でもある荷室の奥行き(荷室長)は十分なサイズを確保しており、身長が175cmある私が荷室に身を乗り出した上で手を伸ばして、ようやく後部座席の背もたれに手が触れるくらい・・・。

このステーションワゴンならではの広い荷室の奥行きは、レヴォーグの荷室・ラゲッジスペースの使い勝手の良さを物語っているように感じました。

<次のページに続く>
次ページ
ケース2:後部座席を使用時