トヨタCHR/C-HRの見積もり公開【G/Sグレードの乗り出し価格の違いは?】

プリウス(PRIUS)と同じTNGAデザインを採用したコンパクトSUVC-HR。

C-HRはターボエンジンを搭載したガソリン車とハイブリッド車の2つのモデルが用意されているのですが、生産性を高めるために、それぞれ2つのグレードのみを用意。比較的シンプルなグレード設定となっています。

そんな新型SUVの上位モデルと下位モデルの乗り出し価格の差は、どのくらいなのでしょうか?

先日、このCHR/C-HRを試乗した際にハイブリッド車のGグレードとSグレードの見積もりを貰ってきたので、紹介したいと思います。
2016/12/27

Chapter
トヨタCHRハイブリッドのGグレードの見積もりを大公開
トヨタ C-HR 2017

トヨタCHRハイブリッドのGグレードの見積もりを大公開

C-HRのハイブリッド車の最上位モデル”Gグレードの見積もりは、このようになっています。

トヨタ C-HR 2017

そして、私が貰った見積もりの総額・乗り出し価格は、このようになっていました。

■CHRハイブリッド Gグレードの乗り出し価格
車体本体価格            :2,905,200円
メーカーオプション   :  232,200円
ディーラーオプション:  342,252円
諸経費                     :  133,862円
合計金額              :3,613,514円

ハイブリッド車の最上位モデルGグレードの乗り出し価格は、約360万円。

装備したメーカーオプションなどの影響もありますが、最上位モデルでも
350万円くらいかなと思っていたので、少々高いなと感じてしまいました。

Gグレードの見積もり時にお願いをしたメーカーオプション

C-HRハイブリッドの”Gグレード”の見積もりを貰う際に、注文をしたメーカーオプションは、このようになっています。

トヨタ C-HR 2017

■ハイブリッドGグレード注文時のメーカーオプション
アクセサリーコンセント
価格:43,200円
LEDヘッドランプ&リヤコンビネーションランプ
価格:151,200円
バックカメラ&リヤクロストラフィックアラート
価格:37,800円
メーカーオプション価格合計:
232,200円

トヨタのC-HRのエクステリアの特徴の一つでもある“流れるウィンカー”などを備えたLEDヘッドランプ&リヤコンビネーションランプなど装備したために、メーカーオプション代が若干高めに…。

トヨタ C-HR 2017

やはりLEDヘッドランプ&リヤコンビネーションランプは、標準装備にして欲しかったです。

ちなみに、”流れるウィンカー”が特徴のLEDヘッドランプ&リヤコンビネーションランプが装備できるのは、上位モデルのGグレードのみですよ。下位モデルのSグレードでは、装備できないのでご注意を…。

Gグレードの見積もり時にお願いをしたディーラーオプション

C-HRハイブリッドの最上位モデル”Gグレード”を注文した時に私がお願いをしたディーラーオプションは、このようになっています。

トヨタ C-HR 2017

■ハイブリッドGグレード注文時のディーラーオプション


フロアマット(デラックスタイプ)
価格:23,760円
ETC車載器
価格24,408円
ETCセットアップ料金
価格:2,700円
カーナビ9インチモデル”NSZT-Y66T”
価格:275,832円
サンバイザー
価格:15,552円
ディーラーオプション代合計金額:
342,252円

私がお願いをしたディーラーオプションを見れば分かると思いますが、注文したのは基本的な装備のみ。ただ、比較的価格が高い上位モデルの
9インチサイズのカーナビを注文したので、ディーラーオプション価格も高くなってしまいました。

トヨタCHRハイブリッドのSグレードの見積もりを大公開

一方、トヨタのCHR/C-HRハイブリッドの下位モデルSグレードの見積もりは、このようになっています。


トヨタ C-HR 2017

そして、私がトヨタカローラで貰ったこのSグレードの見積もり・乗り出し価格は、このようになっていました。

トヨタ C-HR 2017

■CHRハイブリッド Sグレードの乗り出し価格

車体本体価格           :2,646,200円
メーカーオプション  :   70,200円
ディーラーオプション:  342,252円
諸経費                     :  133,862円
合計金額                  :3,192,314円

このCHR/C-HRの上位モデルのGグレードと下位モデルSグレードの乗り出し価格の差は、約42万円。

思ったよりも大きいですね。

GグレードとSグレードの車体本体価格の差は約25万円となっており、個人的にはもう少し乗り出し価格の差は小さいと思っていました。なので、ディーラーさんからこの見積もりを渡された時、ビックリとしちゃいました。


GグレードとSグレードの乗り出し価格の差が大きくなった原因

C-HRGとSグレードの乗り出し価格差が大きくなった原因の一つが、メーカーオプションの違い。

C-HRでは、バイビーム(Bi-BEAM)を採用したLEDヘッドライト&リヤコンビネーションランプなど上位モデルのGグレードのみに搭載できるメーカーオプションが多数用意されています。

また、駐車場からバックで発進する時に役に立つ後方の死角からの車両の接近をお知らせしてくれるリヤクロストラフィックアラート(RCTA)もGグレードのみのオプションとなっています。

トヨタ C-HR 2017

このリヤクロストラフィックアラート(RCTA)はバックカメラとセットになっているのですが、そのためバックカメラのメーカーオプション価格はSグレードとGグレードで異なります。

■GとSグレードのバックカメラの価格の違い
Gグレード:37,800円
Sグレード:27,000円

そして、このようにGグレードだけに用意しているオプションをいくつかお願いをしたおかげで、メーカーオプション代だけでこのような価格差が…。

■Gグレードのメーカーオプション価格:232,200円

トヨタ C-HR 2017

■Sグレードのメーカーオプション価格:70,200円

このメーカーオプション代の違いだけで約16万円も異なります。

この違いは大きいですよね。

トヨタのクルマで初となる流れるウィンカーが備わるLEDヘッドライト&リヤコンビネーションライトはとても魅力的な装備です。

ただ、このようなオプションをどんどん装備すると、トヨタのCHR/C-HRの最上位モデルGグレードの見積もり価格・乗り出し価格は、自分が思った以上のお値段になっちゃうのかなと思いました。

トヨタ C-HR 2017
トヨタ C-HR 2017

C-HRのハイブリッド車見積もりを貰ってきたのですが、SグレードとGグレードそれぞれの乗り出し価格は、このようになっていました。

車体価格のみを比較すると、それ程大きな価格差はありません。

ただ、この新型SUVは上位モデルのみ用意されているメーカーオプションが多いため、オプションを装備した時の実際の乗り出し価格は自分が予想以上に大きな価格差になっちゃうのかなと思いました。

もしクルマの購入予算に限りがある場合は、SグレードとGグレードの両方の見積もりを貰って、乗り出し価格差を比較してみるのも良いかもしれませんね。

ちなみに、ディーラーさんに話を聞いたらSグレードよりもGグレードの方が人気が高いようです。また、Gグレードのみにメーカーオプションの設定になっているLEDヘッドライト&リヤコンビネーションライトの装着率も高いようですよ。