イグニスに負けないパッソの良いところ&メリットとは?

トヨタから3代目となる新型パッソ(PASSO)がフルモデルチェンジをして
新発売されましたね。

今回発売されたこの新型モデルは上級モデルのモーダ(MODA)を
設定した事もあり、売れ行きはなかなか好調のようです。

そんな新型パッソ(PASSO)の競合車・ライバル車の一つが、
スズキから発売さえているコンパクトSUVの新型イグニス(IGNIS)。

後部座席のスライドやリクライニング機能など使い勝手はイグニスの方が
良かったのですが、新型パッソの方が勝っている部分も・・・。

実際に試乗をして分かったイグニス(IGNIS)よりも新型パッソの方が
優れているところ・メリットを紹介したいと思います。

※2016年5月19日の記事です。

Chapter
新型パッソのメリット・良いところとは?
新型イグニスの収納スペースには何がある?
パッソとイグニスでは、ドリンクホルダーも異なる

新型パッソのメリット・良いところとは?

運転中の視界の良さや後部座席の開放感などイグニス(IGNIS)よりも
トヨタの新型パッソ(PASSO)の方が優れている部分は多々あるのですが、
特に良いと思ったのは、収納スペースの多さ。

今回新発売された新型パッソ(PASSO)の収納スペースの数や使い勝手は
イグニス(IGNIS)よりも明らかに上。

こちらは新しく発売された新型パッソ(PASSO)標準モデルのインパネの様子。

そして、こちらはスズキから発売されている小型SUVのイグニスの様子。

明らかに収納スペースの数が異なりますよね。

インパネのデザインがこの2台のモデルでは異なるので一概には言えませんが、
新型パッソ(PASSO)のみに用意されている収納スペースは、このようなものがあります。

■助手席アッパーボックス

■助手席ロングアッパーボックス

■センターロアボックス

また、トヨタの新型パッソ(PASSO)は、インパネ以外にもこのような
収納スペースが用意されています。

■助手席シートアンダートレイ

■センターアームレストポケット

このような装備は新型イグニスには用意されていないので、
とても使い勝手が良いように感じました。

新型イグニスの収納スペースには何がある?

ちなみにスズキの小型SUV新型イグニス(IGNIS)には、このような
収納スペースが用意されていました。

■センタートレイボックス

■上下二段式グローブボックス

上下に段に分かれて車検証以外のアイテムも収納できるスペースを
確保しているイグニス(IGNIS)の収納スペースはとても良いと思いましたが、
収納場所の数が明らかに違いますよね。

収納スペースの数や使い勝手に関しては、イグニス(IGNIS)よりも
新型パッソ(PASSO)の方が圧倒的に良く、メリットの一つだと思いました。

パッソとイグニスでは、ドリンクホルダーも異なる

また、イグニス(IGNIS)よりも新型パッソ(PASSO)の方が良いと思ったのは、
ドリンクホルダーのデザインや使い勝手。

新型パッソ(PASSO)では、このようにインパネの左右(送風口下)に
ワンプッシュで開閉できるドリンクホルダーを装備。

ドリンクホルダーを使用しないときは格納しておけるので、見た目も
スッキリとしていて良いですよね。また、ドリンクホルダーや置いた
飲み物がウィンカーの操作の邪魔をしないのも好印象でした。

一方スズキの新型イグニス(IGNIS)のドリンクホルダーは
インパネに装備されているのではなく、センターコンソールに装備。

最近このようにセンターコンソールにドリンクホルダーを装備している
クルマも多くなってきましたが、インパネに装備されているクルマと比較すると
やはりドリンクの取りづらさを感じます。

個人的には見た目も使い勝手も新型パッソ(PASSO)のドリンクホルダーの方が
良いと思いました。

今回新発売されたこの2台のモデルを比較したところ、収納スペースや
ドリンクホルダーの使い勝手は、明らかに新型パッソの方が良いように感じました。

一方、スズキから発売された新型イグニスは内装・インパネのデザイン性は
良いものの、収納スペースの数や使いってはイマイチのように感じました。

もしどちらのクルマを購入しようか迷われている方は、運転のしやすさや
乗り心地だけでは無く、収納スペースの使い勝手や数もしっかりと確認してみてくださいね。

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ