キャンプにおすすめのアヒージョレシピ12選!美味しく作るコツは?

アヒージョ

少ない材料で手軽に作ることができるアヒージョはキャンプにもピッタリの料理です。ここでは、アヒージョのおすすめレシピや美味しく作るコツをご紹介します。オートキャンプでのご飯の一品に、またお酒のおつまみにアヒージョを取り入れてみませんか。

Chapter
キャンプにも合うアヒージョとはどんな料理?
キャンプにおすすめのアヒージョレシピ12選
アヒージョ作りに役立つおすすめの便利アイテム3選
1:スキレット フライパン
2:スキレット6 1/2インチ
3:カセットガスたこ焼器
キャンプ先でアヒージョ作りを楽しもう

キャンプにも合うアヒージョとはどんな料理?

キャンプの夜、お酒だけじゃ何か物足りないというときにぴったりなのがアヒージョです。アヒージョはバゲットと食べれば食事になり、それだけで食べるとおつまみにもなる料理で「刻んだニンニク」というスペイン語が語源となっています。

刻んだニンニクとオリーブオイルで具材を煮るというシンプルな料理方法で、入れる具材によって様々なアレンジを楽しむことが可能です。

スキレットやダッチオーブンを使って手早く簡単に作れるため、キャンプにもピッタリの料理と言えるでしょう。

キャンプにおすすめのアヒージョレシピ12選

キャンプにおすすめのアヒージョは、色々な具材を使ってアレンジを楽しむことができるのが特徴です。

ここではキャンプにおすすめのアヒージョレシピを12個ご紹介します。キャンプアヒージョの参考にしてみて下さい。

1:オイルサーディンで作るアヒージョ

オリーブオイルを使わずにオイルサーディンのオイルを利用して作る簡単なアヒージョです。まず、ニンニクをみじん切りにしましょう。

オイルサーディンの缶のフタを開けて、オイルごとシェラカップやスキレットに入れ、そこへみじん切りにしたニンニクを加えます。

バーナーにのせてぐつぐつとしてきたら出来上がりです。お好みで塩を加えても良いでしょう。

2:ズッキーニとベビー帆立のアヒージョ

レモングラスの香りがふわっと香り、帆立の旨みがぎゅっと詰まったアヒージョです。まずは下ごしらえから始めましょう。

ニンニクはみじん切りにし、ズッキーニは2cm幅の輪切りにしたものをいちょう切りにします。

スキレットやシェラカップにオリーブオイルとニンニク、塩、レモングラスを入れて弱火で加熱しましょう。

香りが立ってきたらズッキーニとベビー帆立を加え、具材に火が通れば出来上がりです。

3:マッシュルームとタコのアヒージョ

使い捨てのアルミ皿やシェラカップ、スキレットなどに皮をむいて半分に切ったニンニクと半分に切って種を出した鷹の爪、そしてオリーブオイルを入れて火にかけます。

ニンニクの香りが立ってきたら、半分に切ったマッシュルームを入れて火を通しましょう。マッシュルームに火が通ったら、一口大に切ったタコを入れて火が通るまで煮込みます。

タコに火を入れすぎると硬くなってしまうので注意して下さい。仕上げに塩で味を調えてパセリを散らせば完成です。

4:黒豆と豚ヒレ肉のアヒージョ

まずは下ごしらえから始めましょう。ニンニクはみじん切りに、豚ヒレ肉は小さめに、マッシュルームは4等分に切ります。

スキレットに、みじん切りにしたニンニクと半分に割ったローリエ、豚ヒレ肉、マッシュルーム、黒豆、ミニトマトを入れ、オリーブオイルとサラダ油を加えて塩コショウし、火にかけます。

具材に火が通るまで煮込んだら完成です。バゲットを添えていただきましょう。タイムやローズマリーがあれば、加えることで香りが豊かに仕上がります。

5:トースターで作る野菜づくしの豪華アヒージョ

まずは野菜の下ごしらえから始めます。オクラのガクを丸ごと切り落とし、エリンギは一口大、ニンニクは皮をむいて半分に、レンコンは皮をむいて3mm幅、なすは皮をむいて8mm幅に切りましょう。トマトはヘタを取っておきます。

材料を全て耐熱皿に入れ、オリーブオイルを回し入れて1000Wのトースターで15分から20分焼き、スパイスや塩で味を調えれば完成です。

野菜はお好みのもので作っても美味しくできるので試してみて下さい。

6:サバ缶とナスのアヒージョ

サバ缶とナスを使って簡単にできるアヒージョです。とても簡単に手早くできるキャンプにもおすすめのアヒージョなので、是非試してみて下さい。

まず、ナスを5cm幅の輪切りにして縦半分に切ります。トマトは6等分に切って、サバ缶の水気は切っておきましょう。

スキレットにニンニクと唐辛子、オリーブオイルを入れて香りが立つまで弱火で熱します。香りが立ったらナスを入れて弱火で約5分煮ましょう。

5分ほど煮てナスがしんなりしてきたら、サバとトマトを加えます。塩コショウをして8分ほど煮れば完成です。

7:プチトマトとヤリイカのアンチョビアヒージョ

アンチョビを入れることでコクと旨味が加わった美味しいアヒージョです。ヤリイカの軟骨とワタを取り除いて4cm幅の輪切りにします。

オリーブオイルとつぶしたニンニク、鷹の爪、アンチョビをスキレットなどに入れて弱火にかけましょう。

そうすることでオリーブオイルにニンニクの香りと鷹の爪の辛みを付け、アンチョビの臭みを消すことができます。

ニンニクの香りが立ってきたらイカとトマトを加えてオリーブオイルに絡ませましょう。ここでガスコンロのグリルにスキレットを入れます。

弱火で5分ほどグリルで加熱し、コショウとオレガノを加えればプチトマトとヤリイカのアンチョビアヒージョの出来上がりです。

8:ベーコンと新玉葱のアヒージョ

新玉ねぎの甘みが引き立つ美味しいアヒージョです。まずグリルプレートにつぶしたニンニクと鷹の爪、タイム、ベーコン、玉ねぎ、オリーブオイルを入れます。

オリーブオイルをスプーンですくって玉ねぎにかけておきましょう。そのままグリルにセットして弱火で約15分加熱します。

15分加熱したら塩コショウで味を調え、ドライオレガノをふれば出来上がりです。材料にはベーコンスライスと記載していますが、あればブロックベーコンの方が焦げにくく、おすすめです。

9:食パンで頂く手羽元とぶつ切り鶏のアヒージョ

そら豆にさやが付いている場合はむいておきましょう。ニンニクは半分に切り、食パンをトースターで焼いて食べやすい大きさに切っておきます。

フライパンに具材を全て入れて、具材が半分浸かるくらいのオリーブオイルを入れましょう。手羽元とぶつ切りにした鶏肉にこんがりと焼き目が付くまで、中火でじっくり両面を焼きます。

手羽元と鶏肉が焼けたら仕上げに塩コショウで味を調えて下さい。食パンと一緒にお皿に盛り付ければ完成です。

そら豆の薄皮は栄養もあるため食べることもできますが、硬ければ剥いても良いでしょう。

10:マッシュルームとエリンギの和風アヒージョ

仕上げに柚子胡椒を加えることで和風に仕上がるアヒージョです。エリンギは食べやすい大きさに手で割いておきましょう。

フライパンにエリンギとマッシュルーム、手で細かく割いたアンチョビ、オリーブオイル、ニンニクを入れて弱火で煮ます。

エリンギとマッシュルームがしんなりしてきたら、柚子胡椒を加えて塩コショウで味を調えましょう。

仕上げに手でちぎった青じそを散らせば和風アヒージョの出来上がりです。作る際にはニンニクを焦がしてしまわないよう、火加減に気を付けながら作って下さい。

11:エビとエリンギのアヒージョ

エリンギは食べやすい大きさに手で割いておきましょう。エビは旨煮にしたものを使っていますが、生のエビで作る場合は頭と殻、背ワタを取って下味をつけて下さい。

スキレットにエリンギを入れてサラダ油を加え、火にかけましょう。ぐつぐつしてきたら、エリンギを返してエビとおろしニンニク、塩を入れます。

再びぐつぐつしてきたらエビを返してさらに煮ます。具材に火が通ったら出来上がりです。

12:やりいかとしいたけのアヒージョ

まずは材料の下ごしらえから始めましょう。ニンニクは皮をむいて半分に切り、しいたけは軸を取っておきます。

じゃがいもは4等分に切ってレンジでやわらかくしておきます(600Wのレンジで約3分)。やりいかは軟骨を抜いて足を胴から引き抜きましょう。目玉の下で足を切り、くちばしを外して胴の皮はむいておきます。

スキレットなどの耐熱皿にオリーブオイルと塩を入れて混ぜ合わせたら、ホールトマト缶、やりいか、しいたけを加えて1000Wのトースターで約10分焼きましょう。

10分経ったらニンニクを加えてさらに5分焼けば出来上がりです。お好みで仕上げに粉チーズをふっても美味しいでしょう。

アヒージョ作りに役立つおすすめの便利アイテム3選

キャンプにおすすめのアヒージョレシピをご紹介して参りました。どれも様々な食材でアレンジされていて美味しそうです。

色々なアレンジができて手軽に作れるアヒージョを作ってみたくなった方へ、ここではアヒージョ作りに役立つおすすめの便利アイテムを3つご紹介します。

1:スキレット フライパン

スキレット フライパン

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キッチン用品 深型 スキレット フライパン 鍋 18cm UG-3044

960円〜(税込)

キャンプでも家庭でも便利なスキレット

一般的なフライパンよりも厚みがあり、均等に熱を伝えるスキレットフライパンです。深型なので、アヒージョを作るのにも適しています。

2つ重ねるとコンボクッカーとして使用でき、キャンプでもオーブン料理を楽しめます。また、別売りのスキレットロストルを併せて使えば、簡単な燻製も作ることができて便利です。

スキレットフライパンは作った料理をそのまま食卓に運べるので、熱い料理を熱々のまま楽しむことができます。

キャンプなどのアウトドアはもちろん、オーブン調理も可能なため家庭でも活躍するでしょう。

メーカー
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
ブランド
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
モデル名
UG-3044
商品モデル番号
UG-3044

2:スキレット6 1/2インチ

スキレット6 1/2インチ

ロッジ(Lodge) ロッジ ロジック スキレット 61/2インチ L3SK3 【品番】GLT0401

2,060円〜(税込)

シーズニングが施されているのですぐに使えるスキレット

鋳鉄製のスキレットは本来使用する前に慣らし作業をする必要がありますが、こちらのスキレットはすでに慣らし作業が施されているため、購入してすぐに使えるので便利です。

一般的な鉄製のフライパンに比べ厚みがあるので、じっくりまんべんなく火を通すことができ、アヒージョやハンバーグ、餃子などを美味しく作ることができます。

使うほどに油なじみがよくなり、進化していくので愛着が湧くでしょう。IHにも対応しているため、キャンプだけでなく家庭でも活躍します。

メーカー
LODGE(ロッジ)
ブランド
ロッジ(Lodge)
モデル名
0075536300306
梱包サイズ
30.5 x 20.3 x 15.2 cm; 859 g
商品モデル番号
0075536300306
商品の重量
859 g

3:カセットガスたこ焼器

カセットガスたこ焼器

Iwatani(イワタニ) Iwatani カセットガスたこ焼器 スーパー炎たこ(えんたこ) ブロンズ&ブラック CB-ETK-1

4,484円〜(税込)

たこ焼き器でピンチョス風アヒージョが楽しめる

たこ焼き器を使えば色々な具材でピンチョス風のアヒージョを楽しむことができます。このたこ焼き器はカセットガスで使用できるため、キャンプなどのアウトドアでもピンチョス風アヒージョを楽しめる便利な1台です。

プレートにはフッ素加工が施されているためこびりつきにくくお手入れが簡単にできます。もちろんたこ焼きも作れるので、家庭でもキャンプでも活躍するでしょう。

メーカー
イワタニ(Iwatani)
ブランド
Iwatani(イワタニ)
モデル名
CB-ETK-1
梱包サイズ
23.1 x 34.8 x 13.9 cm; 2.2 kg
商品モデル番号
CB-ETK-1
商品の重量
2.2 kg

キャンプ先でアヒージョ作りを楽しもう

お好みの具材をオリーブオイルとニンニクで煮込むだけで簡単に作れるアヒージョは、具材の組み合わせ方でアレンジは無限に広がります。

残ったオイルはパスタやリゾットに活用して最後まで美味しくいただけます。ご紹介したアヒージョレシピを参考に、アレンジを加えて自分好みのアヒージョ作りを楽しみましょう。