車中泊でおすすめの調理器具24選!車内で料理をしよう【2022年版】

お湯

車中泊の時にあると便利なおすすめ調理器具です。

本記事では、炊き立てのお米を食べることができる車向けの炊飯器や、いつでも温かい飲み物などを飲むことができる電気ケトル、及びカップを選りすぐった製品を紹介しています。

また、車中泊では電気の使用量にも注意が必要なため、この記事を参考に車載用の調理器具を選んでみましょう!

Chapter
調理器具の選び方
■アウトドア誌ライターの山崎友貴がおすすめする車載調理器具3選!
1:ドリテック「ミニチュラ」
2:イワタニ「炙りやⅡ」
3:サンコー「車載用12V弁当箱炊飯器」
■バンライフで全国を巡るインフルエンサーに聞いた!車中泊で便利な調理グッズ
4:イワタニ「薄型コンロ 達人スリム」
5:mitas「トーチバーナー」
6:ソト「レギュレーターストーブ ST-310」
7:アイリスプラザ「ホットサンドメーカー」
■元プロ仲野健太のおすすめ調理器具はコレだ!
8:JPN「直流炊飯器 タケルくん 1.5合 DC12V専用」
9:JPN「ムスヨ婆さん DC150」
10:JPN「直流湯沸器 ポット ワクヨさん DC12V用」
11:メルテック「あったカーケトル DC12V」
■CarMe編集部がAmazonで売れている車中泊に便利な料理グッズを調査!
12:rocboc「車用電気ポット DC12V-24V」
13:FINTA「車用電気ポット ポットベース付」
14:セイワ「車用電気ケトル」
15:ジェット井上「トラック用ケトル 沸く太郎 24V車用」
16:マコーレンド「車載電気ポット 12V車用」
17:マコーレンド「車載電気ケトル」
18:サンパーシー「車載用炊飯器 DC12/24V兼用 2合炊」
19:ベルソス「電気ケトル 12V車専用」
20:セイワ「Z106 シリコンボトル電気ケトル」
21:メルテック「車内用炊飯器(2合炊き) DC12V」
22:FINTA「車用電気ポット 12V/24V兼用」
23:Keenso「12V 自動車カップ」
24:マコーレンド「電気ポット DC12V」

調理器具の選び方

今回は、炊飯器と電気ケトル・ポットといった2種類の調理器具を紹介します。車中泊をしているときも温かい食べ物や飲み物が恋しくなるもの。炊飯器の中には、別売りアイテムと組み合わせて使うことで、電子レンジのような役割を果たすものもあります。

こういった調理器具を購入する場合は、所有している車の電圧をチェックしましょう。なかには対応していないものもあるので注意が必要です。

■アウトドア誌ライターの山崎友貴がおすすめする車載調理器具3選!

1:ドリテック「ミニチュラ」

dretec(ドリテック) dretec(ドリテック) 一人用 IHクッキングヒーター ミニチェラ

6,180円〜(税込)

車内でも安心して使えるコンパクトなIHクッカー

車中泊で調理というと、カセットコンロを使うイメージがあると思いますが、人によっては車内にいろいろなモノを載せているため、火を使うのが怖い…という場合もあるのではないでしょうか。

そんなケースでも安心して使えるのが、IHクッカーです。

ドリテックのミニチュラは、車中泊やアウトドアでの使用を考慮して造られた商品。

鍋底約10~14cmの調理器具の使用が可能で、100~800Wまで8段階の火力調整ができます。

加熱調理のみのシンプル機能にすることで、W18.5×D19.5×H5.5cmというコンパクトなサイズを実現しました。

コードはマグネット式なので、もし足などで引っかけてしまっても安心。

電源は100Vで、別途ポータブル電源やインバーターが必要となります。

もちろん、家庭で使うこともできます。いつでもクルマに載せて使いたい、便利なIHクッカーです。

ブランド
dretec(ドリテック)
商品モデル番号
DI-218ABKDI
サイズ
W18.5×D19.5×H5.5cm
重量
1.55 kg
電源
100V 50/60Hz共用
消費電力
800W
コード長さ
1.8m
付属品
専用電源コード
メーカー保証期間
1年

2:イワタニ「炙りやⅡ」

Iwatani カセットガス炉ばた焼器 炙りやII CB-ABR-2

6,245円〜(税込)

炉ばた焼きや焼き鳥が楽しめる

車中泊やオートキャンプとなると、食事も非日常的にしたくなるものです。ご当地で買った食材を焼いて食べたら最高です。

もちろん、炭火を熾して焼くのもいいのですが、火起こしや灰の後始末が大変。そこでオススメしたいのが、イワタニのカセットガス炉ばた焼き器です。

筆者も愛用していますが、大きな火が立たないのでリアゲートの下など、クルマの近くで使っても安心

直火で焼くのではなく、ガスの炎で輻射板を赤熱化し、その輻射熱で素材を調理。そのため、ムラなくふっくら焼けます

炉ばた焼きができるステンレス網が付属している他、焼き鳥串用のガイドも付いています。

ソロキャンプの時などには、焼き鳥を焼きながら酒を呑むのは最高です。

本体下に油受けの皿が付いているので、キャンピングカーなどで使っても安心です。

ブランド
Iwatani(イワタニ)
モデル名
CB-ABR-2
サイズ
幅409×奥行214×高さ134mm
重量
2.4 kg
材質
鋼板 (粉体塗装)、スチール (メッキ加工)、スチール (ホーロー加工)、ステンレス
ガス消費量
約169g/h
連続燃焼時間
約90分
点火方式
圧電点火方式
安全装置
圧力感知安全装置、他
容器着脱方式
マグネット方式

3:サンコー「車載用12V弁当箱炊飯器」

THANKO THANKO 車載用 12V 弁当箱炊飯器

4,442円〜(税込)

クルマの12V電源で簡単に炊飯!

車中泊ユーザーをターゲットにした車内用炊飯器は、意外と各社からリリースされています。

しかし、ソロキャンプだったり、ちょっとだけご飯が食べたいなんていう場合には、旅先で余った白飯のストックに困ってしまいます。

そんな時にうってつけのアイテムがコレ。100Vを使う弁当箱炊飯器がメディアで話題になりましたが、これはその12V版

クルマのシガーソケットから電源を得て、1合までのご飯を炊くことができます。半合のご飯であれば、最速25分で炊き上がり。

ポータブル電源やインバーターがなくても、いつでもどこでも炊飯可能。

おかずだけでゲットすれば、温かいご飯が美味しく食べられます。

ブランド
THANKO
モデル名
TKFCLBRC
梱包サイズ
10 x 24 x 8 cm
重量
833 g

■バンライフで全国を巡るインフルエンサーに聞いた!車中泊で便利な調理グッズ

かなかず夫婦はSNSでの総フォロワー数が7万人を超えるインフルエンサーで、愛車であるいすゞのコモ(愛称:コモちゃん)で全国を巡りながらバンライフを行っています。

車中泊を始めたのが2020年の6月1日で、その車中泊歴はおおよそ520日以上!今は24都道府県をまわり終えて、東日本からだんだん西へ西へと暖かい方へ進んでいるそうです。

そんなお二人が、日頃から利用している調理器具・調理グッズの中からおすすめの商品を紹介していただきました。

(取材日:2021年11月10日)

4:イワタニ「薄型コンロ 達人スリム」

Iwatani イワタニ カセットフー 達人スリム CB-AS-1

3,980円〜(税込)

通常のコンロより薄型で持ち運びに便利

車中泊というスペースが限られた中でカセットコンロを持っていく際におすすめなのが、Iwataniの達人スリムです。

通常のコンロよりも薄型で収納スペースを取ることがありません。

車中泊では持っていくものが限られるため、調理器具としてカセットコンロの購入を考えている方はぜひ薄型のアイテムを選んでみてください。

ブランド
Iwatani
モデル名
CB-AS-1
サイズ
幅338×奥行272×高さ84mm
重量
1.2 kg
材質
鋼板(静電塗装)、フッ素コート鋼板、耐熱アルミダイカスト、耐熱アルミダイカスト、ABS(アクリロニトリル、ブタジエン、スチレン)樹脂
保証期間
1年

5:mitas「トーチバーナー」

mitas mitas トーチバーナー

1,580円〜(税込)

トーチバーナーで軽く炙って料理のアレンジバリエーションを豊富に

食材や料理の表面を炙るだけで違った料理に感じることがありますよね。

トーチバーナーガスボンベに付けるだけなので簡単に使用することができ、かつ料理に炙りがプラスされてより美味しく味わうことができます。

かなかず夫婦のお二人は、お惣菜を購入した際に表面を炙って、電子レンジの代わりとすることもあるそうです。

ブランド
mitas
サイズ
(約)195×40×65 mm
ガスの種類
ブタン
付属品
本体のみ

6:ソト「レギュレーターストーブ ST-310」

ソト(SOTO) ソト(SOTO) レギュレーターストーブ ST-310

198円〜(税込)

ちょっとした調理に最適な登山などのアウトドアに便利な調理グッズ

もともと登山を趣味としていたかずきさんが愛用されているソトの「レギュレーターストーブ ST-310」は、スタイリッシュなデザインと収納時のコンパクトさが売りです。

専用の布製の袋も付いており、特に荷物が制限されるアウトドアや車中泊にとても便利なアイテムです。

ブランド
ソト(SOTO)
モデル名
ST-310
サイズ
幅170×奥行150×高さ110mm
重量
350g(本体のみ)
発熱量
2.9kW(2,500kcal/h)(ST-760使用時)
使用時間
約1.5時間(ST-760 1本使用時)
使用容器
SOTO製品専用容器(ST-760、ST-700)
点火方式
圧電点火方式
材質
バーナー・器具栓つまみ:ステンレス / ボンベホルダー・点火スイッチ:樹脂
付属品
収納ポーチ

7:アイリスプラザ「ホットサンドメーカー」

アイリスプラザ(IRIS PLAZA) アイリスプラザ ホットサンドメーカー XGP-JP02

1,000円〜(税込)

取り外してお皿代わりに使うことも可能

ホットサンドメーカーで調理した”キャンプ飯”のレシピがサイトでもたくさん紹介されていて、キャンプや車中泊をする際はぜひ一つは持っておきたいアイテムの一つです。

このアイテムは、取り外しが可能なため、そのままお皿代わりにして食べることができとても便利です。

また、分解できることでお手入れも簡単に済ませることができます。

メーカー
アイリスプラザ(IRIS PLAZA)
モデル名
XGP-JP02
商品モデル番号
7132988
商品サイズ(cm)
幅約35×奥行約15×高さ約3
材質
アルミニウム合金、フッ素コーティング
開口角度
110°
商品の重量
337 g

フライパン用ホイル・食品包装ラップ・ビニール手袋

車中泊で料理する際に一番ネックな部分が”洗いもの”です。水がない場所や流す場所がない場合は、フライパンやお皿をそのまま使用してしまうと汚れを落とすのに手間がかかります。

そこでかなかず夫婦のお二人は、フライパンの上で使えるホイルシートやラップを使って事前にお皿を包んでおくことで、汚れがつかないようにしたり、手を洗う手間を省くためにビニール手袋を使用したりと、なるべく洗いものが発生しないように工夫しているそうです。

■元プロ仲野健太のおすすめ調理器具はコレだ!

8:JPN「直流炊飯器 タケルくん 1.5合 DC12V専用」

ジェーピーエヌ(JPN) 直流炊飯器 タケルくん DC12V専用 JPN-JR001

5,500円〜(税込)

別売りアイテムを使えば電子レンジに早変わり!

シガーソケットから電源を取るタイプの車用直流炊飯器です。圧力釜のような効果があり、車内でもふっくら美味しいご飯を食べられるのでおすすめです。

電源コードを抜いてもフタを開けなければ、内部蒸気の力で1時間程度炊き立てを維持してくれます。炊飯が済めば車外の広いスペースで食事を楽しむこともできますが、最大の特徴は別売りの「ムスヨ婆さん」をセットすると用途が格段に広がることです。

メーカー
ジェーピーエヌ
モデル名
JPN-JR001
梱包サイズ
14 x 16 x 15.5 cm
商品の重量
585 g

9:JPN「ムスヨ婆さん DC150」

ジェーピーエヌ(JPN) ムスヨ婆さん

2,380円〜(税込)

調理の幅が格段に広がります!

6種類のアプリケーションを持つ多機能蒸し器です。

ステンレストレイにレトルトカレーを入れ炊飯時にセットをすれば、炊きあがりと同時にアツアツのカレーが出来上がります。

また、フードポットを使えば冷めたお弁当をホカホカにできるため、電子レンジのような使い方も可能です。

ブランド
ジェーピーエヌ(JPN)
モデル名
JPN‐DC150
サイズ(ドーム型蒸フタ)
W116×D142×H116mm
サイズ(フードポット小)
W94×D94×H67mm
サイズ(フードポット大)
W116×D116×H84mm
サイズ(ガラス鍋フタ)
W135×D135×H52mm
サイズ(ステンレストレイ)
W116×D123×H27mm
サイズ(蒸しスノコ)
W110×D110×H25mm
重量
554g
セット内容
ドーム別蒸フタ×1、フードポット(小)×1、フードポッド(大)×1、ガラス鍋フタ×1、ステンレストレイ×1、蒸しスノコ×1

10:JPN「直流湯沸器 ポット ワクヨさん DC12V用」

ジェーピーエヌ(JPN) 直流家 ワクヨさん 12V

5,478円〜(税込)

デジタル表示の温度計がとっても便利!

400mlの水を約30分で沸かすことができる車用電気湯沸し器です。内面が特殊ガラスでできているためポット特有の嫌な臭いがしません。

保温空焚き防止機能も備わっているため、1人で車中泊をするユーザーにうってつけの商品です。

最高99,7℃の熱湯を沸かせるのでカップ麺を作れるほか、デジタル表記の温度計が付いているので自由に温度管理ができます。

熱湯だと風味が飛んでしまうコーヒー・お茶・紅茶などを適温でおいしく淹れられますし、赤ちゃんのミルク作りにも便利です。

ブランド
ジェーピーエヌ(JPN)
モデル名
JPN-JR022
サイズ
W75×D75×H248mm
本体重量
463g
内容量
400ml
入力電圧
DC12V
使用電流
8.5A
消費電力
110~120W

11:メルテック「あったカーケトル DC12V」

メルテック(meltec) メルテック あったカーケトル(1L) DC12V CK-673

2,282円〜(税込)

冬場大活躍する大容量の車用ケトル!

手軽にお湯が沸かせるカーケトルは数多く販売されていますが、その中でもお湯が沸くと自動で止まるオートストップ機能や、空焚き防止機能が備わっているタイプが人気です。

その中でも、安心で使い勝手も良いことから、メルテック あったカーケトル(1L)  DC12Vが人気となっています。

1Lの水を約1時間で90℃まで沸かすことができるため、カップ麺2つとコーヒー2杯を悠々作れる大容量さが魅力です。

お湯の残量がすぐにわかる目盛り付きなのが嬉しいポイントで、実は筆者も家族でアウトドアやレジャー施設に行く際は、いつも車に積んで愛用しています。

バッテリーやガソリン携行缶など数多くのアイテムを手掛けている、メルティック(大自工業株式会社)の技術を知っているからこその購入でした。

実際に使ってみても、フタが大きく開くため、他のケトルより水の補充が楽なところを気に入っています

ブランド
メルテック(meltec)
モデル名
CK-673
商品サイズ
約W190×H180×D150mm
重量
(約)550g
容量
1L
消費電流
12A
電源コードの長さ
(約)1.3m
材質
PP
入力電圧
DC12V
沸騰目安時間
約60分

■CarMe編集部がAmazonで売れている車中泊に便利な料理グッズを調査!

車中泊で便利な調理器具を購入しようと思っても、店頭やネットショップにはたくさんの製品が並んでいて、どれを選べば良いか迷ってしまいます。

そこで、CarMe編集部がAmazonの売れ筋商品を調査してみました。スペックやおすすめポイントなどを詳しく紹介しているので、車中泊で使える炊飯器や電気ケトル・ポットを探している方は、ぜひ参考にしてください。

12:rocboc「車用電気ポット DC12V-24V」

rocboc rocboc 車用電気ポット DC12V-24V兼用 1200ml

5,716円〜(税込)

シガーソケットで手早くお湯が沸かせる大容量ポット

車のシガーソケットからに電気を供給してお湯を沸かせるので、車中泊で手軽に食べれるインスタント麺やコーヒーなどを飲むのに最適です。
水が沸騰したら自動で保温に切り替わるので、空焚きの心配もなく安全に使えます。

また、大容量保温機能も付いているため、手間がかからず利用でき、夫婦やカップル、家族での長距離ドライブや車中泊で冷たくなってしまったり、お湯が足らなかったりする心配もないでしょう。

メーカー
rocboc
商品モデル番号
AJ001
ボルト数
24V
商品の重量
980 g
梱包サイズ
25 x 15.8 x 15.6 cm
パッケージ内容
車載ポット×1, 電子日語説明書×1, 電源ソケット接続線×1, メーカー保証
容量
1200ml
素材
304ステンレス鋼
その他
自動電源オフ

13:FINTA「車用電気ポット ポットベース付」

FINTA FINTA 12V/24V兼用 車用電気ポット 800ml大容量

6,299円〜(税込)

しっかり固定出来る安心設計の車用電気ポット

しっかり固定できるポットベースが付いているため、お湯を沸かした後の運転も安心です。電圧は、rocboc社の電気ポットと同様にシガーライターソケットに接続して使用するタイプで、12-24Vで併用できます。

限流車で使用するときはソケットの交換等が必要なので、事前に車の仕様を調べてから使用するようにしましょう。

メーカー
FINTA
商品モデル番号
88888
‎サイズ
28.6x13.6x28.6 cm
重量
1.47 kg
容量
800ml
加熱時間
12V : 約38分間 / 24V : 約20分間
ワット数
120W

14:セイワ「車用電気ケトル」

セイワ(SEIWA) セイワ(SEIWA) ボトル電気ケトル ホワイト Z60

3,086円〜(税込)

手のひらサイズで持ちやすい

ペットボトル1本分程度のコンパクトなサイズ感で、ソロキャンパー向けにぴったりなアイテムです。

手のひらサイズで持ち手もしっかりしており、お湯を注ぎやすい仕様となっています。

電圧はDC12V~14Vまでの対応となり、トラックでは使えないので電圧は事前に確認して使用してください。

※ 水以外を入れることはできません。

ブランド
セイワ(SEIWA)
モデル名
Z60
梱包サイズ
9 x 15 x 20 cm
重量
332 g
容量
約480ml
ワット数
120W
材質
PP, PC, シリコン
加熱時間
12V : 約40分 / 14V : 約20分
付属品
電源プラグ, 本取扱説明書

15:ジェット井上「トラック用ケトル 沸く太郎 24V車用」

ジェットイノウエ(Jet Inoue) ジェットイノウエ トラック用ケトル 沸く太郎 590378

3,418円〜(税込)

トラックパーツ販売店が作るトラック専用の電気ポット

お湯の残量が一目でわかる便利な電気ポットです。水はおおよそ90度~95度ぐらいまであたたまります。
容量は800ccと大きめで、長距離運転の休憩でコーヒーを飲んだり、カップラーメンを食べるのにちょうど良い大きさです。

また、トラック専用で電圧は24Vなので、購入前にシガーソケットを確認してください。※ 水以外を入れることはできません。

ブランド
ジェットイノウエ(Jet Inoue)
商品モデル番号
590378
サイズ
約W180×H180×D140mm
容量
800ml
材質
PP、304ステンレス
電源コード長
約1.4m

16:マコーレンド「車載電気ポット 12V車用」

MACOLAUDER MACOLAUDER 車載電気ケトル 300ml 12V車用

3,299円〜(税込)

軽量で電圧が低くても使えるカーポット

重量は約300gと軽量ながら、急速加熱が可能で、コーヒー、カップラーメン、粉ミルクなどに活用できる電気ポットです。

電圧の低い車でもつかえる12V車用で、大半の車種のカップホルダーに適しているため、車中泊や長距離ドライブが趣味の方は、常に車に積んでおくアイテムとしてもおすすめです。

また、密閉式カバーが付いていおり、水漏れの心配もありません。

メーカー
MACOLAUDER
本体サイズ
8×8×19cm
商品モデル番号
4360
商品の重量
308 g
カラー
シルバー
セット内容
本体×1, 車用コード×1, 日本語取扱説明書×1, ボックス×1

17:マコーレンド「車載電気ケトル」

MACOLAUDER MACOLAUDER 車載電気ケトル 450ml

5,039円〜(税込)

水温が一目でわかるLEDスマートタッチパネル搭載

コードが側面についているので少ないスペースで利用できます。

温度は40℃~90℃まで調整できるので、白湯を飲んだり、赤ちゃんのミルクを作ったり、コーヒーを飲んだりと様々な用途で使用可能です。

電圧は12Vと24Vを併用できるタイプで、他の電気ポットに比べてディスプレイが見やすいのがおすすめです。

メーカー
MACOLAUDER
商品モデル番号
YT-450
本体サイズ
6.5×6.5×22.5cm
容量
450ml
重量
560g
セット内容
本体×1, 車用コード×1, 日本語取扱説明書×1, ボックス×1

18:サンパーシー「車載用炊飯器 DC12/24V兼用 2合炊」

サンパーシー サンパーシー 車載 炊飯器 2合炊き

5,350円〜(税込)

計画的にご飯が炊ける車載炊飯器

車中泊やキャンプをする際に特に心配なのが、やはり使用する”電力量”でしょう。この炊飯器は、電力量を気にせずご飯を食べられる車載用の炊飯器です。

シガーソケットに差し込んで使えるので、位置をしっかり固定して車の移動中にご飯を炊き、目的地に付いたら電気を消耗せずにご飯を食べられます。2合炊きなので、1〜2人用にちょうどよい容量となっています。

メーカー
サンパーシー
商品モデル番号
T-ee289
サイズ
(約)高さ23×幅21.5×奥行き23.5cm
総重量
約2.1kg
コードの長さ
約1.5m
素材
プラスチック/金属

19:ベルソス「電気ケトル 12V車専用」

ベルソス(VERSOS) ベルソス 車載用ケトル 12V車専用 VS-R101

1,915円〜(税込)

スイッチを押すだけで簡単にお湯が沸く

電圧の少ない車でつかえる12V専用電気ケトルです。スイッチ1つで1リットルのお湯を沸かすことができます。

側面の目盛りは透明になっており、残量がわかりやすいのもポイントです。

シガーライターソケットに挿し込んで使用するタイプですが、合わないヒューズを使って故障しているケースもあります。

使用する際は、電圧、電流、電力がきちんと合っているか確認してから使用することをおすすめします。

メーカー
ベルソス(VERSOS)
モデル名
VS-R101
本体サイズ
(約)145×185×180mm
重量
約550g
容量
1L
コード長さ
約1.4m
加熱時間
30分

20:セイワ「Z106 シリコンボトル電気ケトル」

セイワ(SEIWA) セイワ 電気ケトル Z106 DC12V 500ml

3,191円〜(税込)

使わないときはコンパクトに収納できるポット

国産メーカーがつくるシリコン製の電気ケトルです。純正ドリンクホルダーに設置できます。

食品衛生法届け出済みの安心仕様で、インスタントラーメン1杯分程度のお湯を沸かせる使いやすいアイテムです。

車中泊におすすめで、LEDランプで加熱の有無を知らせてくれます。使用する際は電池は別売りなので買い忘れないように注意しましょう。

メーカー
セイワ(SEIWA)
モデル名
Z106
サイズ (長さx幅x高さ)
15x11.5x9.5 cm
重量
510g
容量
500ml

21:メルテック「車内用炊飯器(2合炊き) DC12V」

メルテック(meltec) メルテック 車載用 炊飯器 2合炊き DC12V Meltec LS-11

4,145円〜(税込)

車内でいつでも炊き立てあつあつご飯が食べられる!

たっぷり2合まで炊ける車載用炊飯器です。車内でいつでもあつあつの炊きたてご飯が食べられます。

長距離のドライブやキャンプ、釣りなどのアウトドア時にも活躍!

かき混ぜるためのミニしゃもじも付属しています。

メーカー
メルテック(meltec)
モデル名
LS-11
本体サイズ
約185(W)×185(H)×172(D)mm
商品の重量
835g
炊飯量
最大2合
ワット数
100W

22:FINTA「車用電気ポット 12V/24V兼用」

FINTA FINTA 車用電気ポット 800ml

4,449円〜(税込)

二重加熱可能な効率性抜群のポット

24V車なら800mlをおよそ20分、12V車ならおよそ40分で100℃まで温められる、スマートでスタイリッシュなアイテムです。

お鍋やスープを入れれば、冬の寒い車内でもあったかいご飯が食べられます。

12V車だけでなく24V車にも対応しているのもポイントです。2重ステンレス鋼を採用しており、安全で清潔なお湯がいつでも楽しめます。

メーカー
FINTA
商品モデル番号
800
サイズ
11 x 11 x 28.5 cm
商品の重量
794 g
容量
800ml
加熱時間
24V : 約20分 / 12V : 約38分
ワット数
120W

23:Keenso「12V 自動車カップ」

Keenso 車載用ポット 450ml 12V

1,523円〜(税込)

安心の底面に滑り止めスポンジ付

最大約65℃まで加熱でき、サッと温かい飲み物を飲める、カップ型のクルマ用ポットです。特に長距離ドライブのお供にピッタリなアイテムとなっています。

内容量は450mlと十分なのに、コンパクトで置き場所に困らないサイズも嬉しいですね。

また、カップの底には滑り止めが付いており、クルマが多少揺れても安心な設計となっています。

ブランド
Keenso
商品モデル番号
Keensosmhzbx5v6p
サイズ
約16x8.5cm
電源コードの長さ
約128cm
重量
約291g
材質
ステンレス
電圧
12V
容量
450ml
電源
120W
加熱温度
65℃

24:マコーレンド「電気ポット DC12V」

MACOLAUDER MACOLAUDER 電気ポット DC12V

4,099円〜(税込)

容器をそのまま持って使えて便利

電気ケトルの内側と外側に真空断熱技術を使用しているため、温かさを最大限に保ちながら、表面を触っても火傷しないタンブラーのような仕様のアイテムです。

容量は450mlで、車のシガーソケットから電気を供給してお湯を沸かすことができます。

メーカー
MACOLAUDER
本体サイズ
8.2×8.2×22cm
商品モデル番号
BWB007
商品の重量
357 g
材質
ステンレス鋼, プラスチック

車中泊やキャンプ・釣りなどのアウトドアにもピッタリな車用料理グッズを紹介しました。温かくて美味しいご飯を食べて、車の中での楽しみを増やしてみるのはいかがですか?

仲野 健太|なかの けんた

地元JAに入社し広報を担当する中で、取材・記事執筆・写真撮影・編集などの基礎を習得する。その後中古車販売店スタッフ、ガソリンスタンド店長などを経てフリーランスのライターへ転身。主に自動車関連のweb媒体で活動中で、職歴・整備士資格を活かした、体験に基づくリアルな記事が好評を博している。

仲野 健太

かなかず夫婦|かなかずふうふ

SNSでの総フォロワー数が7万人を超えるインフルエンサーで、愛車のコモちゃんと一緒に全国を巡りながらバンライフを行っています。車中泊を始めたのが2020年の6月1日で、その車中泊歴はおおよそ520日以上!今は24都道府県をまわり終えて、東日本から西日本に向けて進んでいます。

かなかず夫婦
商品詳細