より鋭い角目なヘッドライトにチェンジ!新型 MINI クロスオーバー 登場!

BMWは今日(9月30日)にMINIブランドのコンパクトSAV「MINIクロスオーバー」の新型モデルを発表しました。これまでのクロスオーバーよりもアクティブで先進的なモデルへと進化しました。納車は2020年10月以降を予定しています。

文・西川 昇吾

Chapter
ついにクロスオーバーにも「ユニオンジャック」テールライトが装備
MINIらしさと先進性が融合したインテリア
プラグインハイブリッドグレードはより先進的な機能を装備
豊富な5つのグレード

ついにクロスオーバーにも「ユニオンジャック」テールライトが装備

まず新型のデザインで特徴的なポイントが、テールライトです。すでに3ドア、5ドア、コンバーチブル、クラブマンはユニオンジャックをモチーフにしたデザインのLEDテールライトが与えられていますが、今回の新型モデルでクロスオーバーにもユニオンジャックデザインが与えられました。

フロントに目を向けると、垂直形状のエアインテークと内部が角形へ変更されたヘッドライトが幅広で力強い印象のフロントマスクを演出しています。さらに、アルミマット調の加飾が施される「MINI ALL4エクステリア」をオプション選択すると、よりアクティブな印象になります

また、「セージ・グリーン・メタリック」「ホワイト・シルバー・メタリック」「ムーンウォーク・グレー・メタリック」の3色の新色も追加されました。

MINIらしさと先進性が融合したインテリア

室内に目を向けると、全グレード標準装備となるシフト・バイ・ワイヤ機構を取り入れた電子制御式8速オートマチック・トランスミッションが顔を覗かせます。ステアリングコラムには5インチのマルチディスプレイメーターパネルが用意され、走行に必要な情報を表示してくれます。

そしてニューMINIシリーズのインテリアデザインのアイデンティティと言えるセンターリングも進化、フラットパネルデザインを採用し近代的な印象となりました。

ラゲッジルームは450Lの容量を確保、後部座席を倒すと1390Lまで容量を大きくすることができます。

プラグインハイブリッドグレードはより先進的な機能を装備

新型MINI クロスオーバーは愛車とつながることができる「MINI Connected」の多くの機能が標準装備となっています。iPhoneユーザーならば事前に目的地を設定できるほか、プラグインハイブリッドモデルである「Cooper S E Crossover ALL4」では、車内空調を外から操作することができ、乗り込んだ際に車内を快適な温度にしておくことが可能です。

また、この「Cooper S E Crossover ALL4」は3.5時間の充電で(200V)WLTCモード基準で53kmの電気のみの走行が可能で、燃費は14.8km/Lとなっています。

豊富な5つのグレード

グレード構成は5つで価格は以下の通り

Cooper D Crossover:430万円〜
Cooper D Crossover ALL4:454万円〜
Cooper SD Crossover ALL4:510万円〜
Cooper S E Crossover ALL4:510万円〜
John Cooper Works Crossover ALL4:609万円〜

MINIブランドは日本市場において成功を収めており、2016年から4年連続で日本における輸入車ブランド販売台数トップに輝いています。そんなMINIブランドの中でもクロスオーバーはユーザーの平均年齢が最も若く、ヤングファミリー層に好評となっているそうです。

そんなクロスオーバーの新型は日本市場にどのような影響を与えるのでしょうか?まだまだ日本市場で成長を遂げていきそうな注目モデルです。

西川 昇吾|にしかわ しょうご

1997年生まれ。富士スピードウェイ近隣で生まれ育ち、大学で自動車に関する学習をする傍ら、自動車ライターとしての活動を始める。過去にはコミュニティFMのモータースポーツコーナーにてレギュラー出演経験あり。「書くこと、喋ることで自動車やモータースポーツの面白さを伝える」ことを目標とし、様々なジャンルのライティングや企画に挑戦中。

西川 昇吾|にしかわ しょうご