全国で初めて自動運転車と路線バスの提携実験を実施

高齢化が進行する中山間地域における人流・物流の確保を目的とします。

Chapter
自動運転車と路線バスが連携した運行システムの検証を実施

自動運転車と路線バスが連携した運行システムの検証を実施

国交省 自動運転

国土交通省は、6月23日から7月21日の期間中に、常陸太田市の高倉地域交流センターを拠点として、自動運転車と路線バスが連携した運行システムの検証を行うと発表しました。

この一連の実証実験は、内閣府SPIの枠組みの中で行われており、2020年までの社会実装をめざし2017年から実施されています。

今回の実証実験が実施される高倉地域は、常陸太田市の北部の山間部に位置するため、市街地からも遠く、さらに高齢化率が約56%を超える地域です。

国交省 自動運転

この取り組みでは、地域の公民館機能などを有する高倉地域交流センターを拠点として、29日間の実証実験を実施。自動運転に対応した道路空間のあり方や、路線バスと連携した運行管理・予約システム等の検証を行うとしています。

国交省 自動運転

また運営にあたり、運行管理センターを設置し、自動運転車両からのリアルタイム情報をもとに運行状況をモニタリング。利用者は、スマホ等を通じて乗車を申し込み、運行管理センターが利用者に乗車時刻を連絡します。自動運転車両は、原則、路線バスの時刻表に合わせて運行されます。